2008年1月現在のアセットアロケーションと構成商品(その1)

2008年お正月時点のアセットアロケーションです。

前回ブログに掲載してから、1年が経過しましたが、たいして変わっておりません。
しいて言えば、日本株式クラスの比率が少ししぼんじゃったくらいです。
なお、今回から、流動性資産は除外し、実質的な「リスク資産」の比率を表示しています。

photo_20080102.jpg
現在のアセットアロケーションの期待リターンは、年率6.91%です。
なお、計算の元となるデータは、「内藤忍の資産設計塾 実践編 ―自分も資産も成長する新・資産三分法」(内藤忍著)のデータを利用しています。
リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアはそんなに厳密には追い求めておりません。
たいしたアセットアロケーションではありませんので、良い子は真似しないでください(笑)

次に、現在の主な構成商品は以下のとおりです。
(これ以外にも、多少の金融商品があったり、なかったりしますが…)

■日本株式インデックス
インデックスファンドTSP
TOPIX連動型上場投資信託(1306)
iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)の日本株式部分

■日本株式アクティブ
DKA株式オープン

■日本債券
なし

■外国株式インデックス
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド
※適宜、iShares S&P500 Index Fund(IVV)iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)へ移行中

■外国株式アクティブ
DIAM中国関連株オープン
SGロシア東欧株ファンド

■外国債券
バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド
※バランスファンドですが債券ファンドとして代用

次回は、今後の商品構成方針を書きたいと思います。

(次回に続く)


<お願い>
・投資判断は自己責任でお願いします。
・「トヨタアセットバンガード海外株式ファンドの信託報酬は高いのではないか?」「なぜDKA株式オープンなのか?」「なぜ外国債券クラスが、バランスファンドで代用なのか?」というご質問は、過去に何度もお受けしてお答えしております。同様のご質問を抱かれたかたは、お手数ですが、左メニュー「ブログ内検索」にて、関連記事・コメントをご参照願います。

<ご参考>
上記商品は以下のネット証券で購入してます。(会社名をクリックすると口座開設できます)
マネックス証券
(トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド、インデックスファンドTSP、バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド、バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド)
楽天証券「海外ETF」
(iShares S&P500 Index Fund、iShares MSCI EAFE Index Fund)
イー・トレード証券
(DIAM中国関連株オープン、SGロシア東欧株ファンド)
関連記事


  





コメント

いわゆる生活防衛資金(円現金、普通預・貯金)

いつも有意義な記事をありがとうございます。
よろしければ教えていただきたいのですが、お示しいただいたアセットアロケーション中の、いわゆる生活防衛資金(円現金、普通預金、貯金)についてはどれだけの割合を示しておられますでしょうか。

ほったらかし

何が何でも売らないですか。
利益が出れば確定したくなりますが、いかがでしょう。

>ノスケさんへ

申し訳ございませんが、お答えしかねます。
どうかご了承願います。

>たけさんへ

投資法によると思います。
バイ&ホールド戦略を採られる場合は、我慢して利確しないほうが良いと思います。

外国債と日本株

外国債と日本株の比率が同程度になるのは、私と同じ状況ですが、何か理由があるのでしょうか?それともたまたまなのでしょうか?

私の場合、日本株と外国債の相関関係が低いと聞いていたので、意図的にそろえようとしてきましたが・・・

>新幹線さんへ

たまたまですね(^^;
債券比率は、ポートフォリオ全体のリスクを調整する目的で決めているので、日本株式との相関係数だけが要因ではありません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

2008年1月現在のアセットアロケーション

2008年1月現在のアセットアロケーションを計算しました。2007年1月現在との比較が以下の表:

すっきりらくらく安心な資産運用について考えるNo.3。世界経済は成長する。橘玲「臆病者のための株入門」

私が今まで読んだ資産運用に関する本で、最も面白いと思ったのが、「海外投資を楽しむ

現在のポートフォリオはこんな感じです

国内外の株式安、円高による海外資産の評価減(円ベース)により、残念ながら我が資産

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)