日経トレンディ2008年02月号に梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました

本日発売の日経トレンディ2008年02月号に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました。
これは、昨年12月に取材をお受けしていた時のものです。



マネー誌ではないトレンド情報誌に、マネー特集が組まれ、特にインデックス投資や海外ETFについて詳しく掲載されるなんて、ちょっと驚きです。
実際に、日経トレンディの記者さんたちも、「マネー特集は珍しい」と仰っていました。
でも、株式だけではなく、各種金融商品を横断的に比較しているあたり、デジタル家電やクレジットカードの徹底比較特集をよくやっている日経トレンディらしいなあと思います。

水瀬のページは1ページだけですが、自分がやっている投資法やアセットアロケーションなどが掲載されています。
それと、ブログでは非公開にしている情報も一部掲載されています。
アセットアロケーションが1年前時点のものである点(1年ぶりに更新したのが年明けなので当たり前ですが)や、リレー投資の目安額がお話した内容と若干と違うような…な点もありますが、全体的には取材のとおりにまとめられていると思います。

いち個人投資家の拙い情報ですが、これを読まれたかたの、「へ~こんな投資法もあるんだ」というちょっとした気付きにでもなってくれればと思います。
ご興味がありましたら、書店やコンビニで手にとってみてください。
もしくはこちらから購入できます。
日経 TRENDY (トレンディ) 2008年 02月号
関連記事


  





コメント

拝見しました

本日、仕事始め、かつ子どもの誕生日ということで帰りが早かったので、新聞の広告で目に留まっていた本誌を購入しました。

早速、該当のマネー特集をチェック。確かに水瀬さんの記事ありました。ドルコストで購入しつつも、月内でタイミングをはかることを許容するあたりは、「長続きさせる」ことですね。

ちなみに、私の方は、現在、アロケーションの比率を真剣に悩んでおりますが、マーケットが軟調につき、じっくり考えてみるつもりです。

意外に真面目な・・・

早速、日経トレンディーを読みました。

インデックス投資が11ページも紙面を割いて、紹介されていたのに驚きました。今回の特集記事は「普通の人のための攻めるマネー術」。やはりサラリーマンのように仕事と投資のバランスを取る必要がある普通の人は、インデックス投資が向いていると言うことで、納得しました。

>レバレッジ君さんへ

仰るとおり、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の目的は、インデックス投資の退屈対策です。
実際、よい退屈対策になってます(^^)

>エッジさんへ

日経トレンディのマネー特集。
僕も実際に読んでみるまで特集の全貌が分かりませんでしたが、真面目な作りになっていると思いました。
記者さんたちもとても一生懸命な感じでしたよ。

拝読いたしました

12月に取材を受けられたという記事を読んだ際にも、正直意外な感を受けたものですが、現物を見て「良く調べたものだ」と感心させられました。

週刊ダイヤモンドの記事とかと、そう見分けがつかない内容だったように思えます。

>新幹線さんへ

何かのお役に立てば幸いです。

立ち読みしてたら・・・

先日のポートフォリオの金額にクリソツでしたね^^;
すごい貯蓄率だと思います。

見習いたいものです。。

熟読させていただきました

初めまして。熟読させていただきました。
昨年末にこのBlogも参考にしてインデックス投信、ノーロード投信の勉強を始め、ようやくセゾンバンガード・グローバルバランスファンドに申し込み、ネット証券会社に口座を開設した、よちよち歩きの者です。
この雑誌も解りやすく簡潔にまとまっていて、しかも医療保険の最新トレンドまで解説されていて、大変役に立ちました。
水瀬さんのお写真もあるのかなとひそかに期待していましたが、さすがにありませんでしたね。(ページを開いた時、一瞬パンダぬいぐるみやペットボトルを抱えて大笑いする若い男性の写真に、目を疑いましたが…もちろん違っていました(^_^;))。
水瀬さんのように収入の4割までも投資できない、かつかつの給与しかもらえない現在の身ですが、どうしても退職して、海外で学びたいことがあるので、帰国後無一文に陥らないように、目標に向かって気長に頑張りますね。

>投信戦略の発想法さんへ

たまたま共働きで子どもがいないからできた貯蓄率だとも思います。
今後はライフプランに合わせて変わってくると思います。

>nancixさんへ

目標あっての投資ですからね(^^)
おたがい目標に向かってがんばりましょう!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

日経トレンディ 2008年2月号

以前、水瀬さんが取材を受けたという投稿記事を拝読していたので承知はしていたのです

【日経トレンディ】2月号にコメント、ポートフォリオ助言しました

こんにちは、 インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。 1月4日発売の【日経トレンディ】2月号 に 弊所代表カンがコメント...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)