日本株は世界で下から2番目

水瀬ケンイチ

昨年の日本株は、世界で下から2番目だったようです。
しかも、過去10年間の平均でも、下から2番目とのこと。

【毎日jp 2008/01/06より引用】
日本株:下落率高く世界で下から2番目 上位は新興国

 世界52カ国・地域の主要株価の年間騰落率を比較した調査で、日本は昨年6.55%の下落となり、下から2番目の51位だったことが分かった。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が調査したもので、上位は、3位のインド(78.98%上昇)、4位のブラジル(74.64%上昇)、6位の中国(66.91%上昇)など新興国が軒並み占めた。

 各国市場の主要銘柄(日本は東証1部などに上場する約1700銘柄)を指数化し、年初に比べて年末の水準がどうだったかを比べた。世界平均は9.57%の上昇で、先進国全体では7.11%、新興国全体は38.76%の上昇だった。首位はナイジェリア(110.56%上昇)で、米国も43位ながら4.02%の値上がり。下落したのはわずか5カ国で、最下位(下落率が最大)はアイルランド(19.62%減)だった。

 日本は過去10年間の平均でも最下位から2番目(5.15%増)と伸び悩んでおり、S&Pは「投資家の日本離れを裏付ける結果だ」と分析している。
【引用おわり】

もちろん、日本株の中にも上がった株はあったのでしょうが、日本株専門の投資家さんは相当厳しかったのではないでしょうか。



話は変わりますが、僕は釣りが大好きです。

魚がほとんどいない場所で、魚を釣りあげるのは苦労します。
だから、しばらくやって釣れないと、竿を持って場所を変えます。
読みがドンピシャで当たり、移動した場所で、魚が釣れまくれば最高です。
しかし、さっきまで自分がいた場所で、別の人が釣れまくると悔しい思いをします。
そんな時には、こう思うのです。
「くっそ~。この辺一帯すべてに竿を出しておければな~」

釣りにおいて、それは難しいことですが、投資においては、それがカンタンにできてしまいます。
日本株ファンドと外国株ファンドを買うだけです。
来年どの国の株が上がるかなんて僕には分かりませんから、世界中に投資しておくのです。
あとは放っておけば、どこかの竿で何かしら釣れるでしょう。

いちおう日本にも竿を出してはいますが、果たして、ここに魚はいるのでしょうか?
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ