イートレの海外ETF利用者はご注意を

水瀬ケンイチ

海外ETFについて、僕個人は楽天証券を利用しているのですが、イートレを利用しているかたも多いと思います。

そのイートレの海外ETFについて、気になる問題が、相互リンクブログの「敗者と勝者のゲーム」(エルさん)で指摘されていました。
(該当記事)2008-01-12 Eトレの海外ETFを確定申告する場合の注意点

問題点を簡潔に言うと、イートレの海外ETFでは、確定申告の際の外国税控除に必要な書類が送られてこない(画面上のメッセージ連絡のみ。保存期間90日…)ということらしいです。

エルさんの記事によると、海外ETFの分配金が出た時には、画面上のメッセージをプリントアウトしておかないと、確定申告の時に証拠書類がなくなってしまうということになるようです。
有料で再発行できるようですが、これはちょっと問題ではないかと個人的には思います。
(詳しくは、エルさんのブログ記事をご参照のこと)



今まで僕が投資してきた外国籍商品で、マネックスのインデックスファンド「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」と「バンガード・ウェルズリー・インカムー・ファンド」は、分配金のお知らせが封書で郵送されてきました。
(関連記事)2006/03/13 バンガードのファンドの二重課税を確定申告で取り返す

楽天証券の海外ETF「iShares S&P500 Index Fund(IVV)」や「iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)」も、分配金のお知らせがハガキで郵送されてきました。
今年はこれらを使って、確定申告することになるでしょう。
二重に取られた税金はお返しいただかなければ、もったいないですから。

分配金は、半年や四半期に一度のことなので、郵送されてきた証明書はとりあえず保管しておき、1年後の確定申告時に引っぱり出して、外国税額控除の計算に使うというような感じでした。
それが、イートレでは、画面上のメッセージをプリントアウトしておかないと、確定申告の時に証拠書類がなくなってしまうというから、ちょっと困りものです。

海外ETFの取り扱い開始や、インデックスファンドSTAMシリーズの取り扱い開始など、インデックス投資家にとってグッジョブが続いていたイートレですが、ここに来て、

イー・トレード証券、バッドジョブ!!(@_@;)

意欲的な新商品開発は大歓迎ですが、最低限必要な事務処理はちゃんと準備してから取り扱い開始してほしいです。
イートレで海外ETFを購入されているかたは、相当困っているはずです。
エルさんもされておられるようですが、今後のためにも、イートレでの海外ETF利用者のかたは、直接改善要望をあげられたほうがよろしいかと思います。

(追記)2008/01/16 18:20
エルさんのブログで、続報が出ています。
2008-01-16 Eトレで海外ETFを取引する場合の注意点

記事によると、証明書1通につき1,050円かかるそうです。
例えば、IVVは年4回分配なので、1年分要求したら4,200円になるそうです。
それに、他の海外ETF(EFAやEEM)の分も入れると…ちょっとひどいですね。
海外ETFについて、今まで楽天でもイートレでもどっちでも大差ないと思っていましたが、これから口座開設されるかたで、面倒くさがりのかたには、楽天証券の方をおすすめした方がよさそうですね。


<ご参考>
楽天証券は以下から口座開設できます。
楽天証券「海外ETF」
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ