中央三井アセット、「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド」を3月3日設定

水瀬ケンイチ

ジョインベスト証券から、低コストのグローバルバランスファンドが出ると報道されています。

【REUTERS 2008/01/24より引用】
中央三井アセットマネジメントは、ジョインベスト証券専用ファンド「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド(愛称:投資生活)」を3月3日に設定する。
ファンドの詳細は以下のとおり。

設定上限額:
300億円
分類:
追加型株式投資信託/国際株式型(一般型)
投資先:
・中央三井日本株式マザーファンド
・中央三井外国株式マザーファンド
・中央三井外国債券マザーファンド
信託期間:
無期限
手数料:
なし
信託報酬:
・純資産総額のうち100億円以下の部分:純資産総額に対し年率0.63%(税込み)
(委託0.315%、販売0.2625%、受託0.0525%)
・純資産総額にうち100億円超の部分:純資産総額に対し年率0.525%(税込み)
(委託0.2625%、販売0.21%、受託0.0525%)
信託財産留保額:0.2%
ベンチマーク:
・中央三井日本株式マザーF:TOPIX(東証株価指数)
・中央三井外国株式マザーF:MSCIコクサイ指数(円ベース)
・中央三井外国債券マザーF:シティグループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)
受託銀行:
中央三井アセット信託銀行
販売会社:
ジョインベスト証券
概略:
ファミリーファンド方式、年1回決算
【引用おわり】

アセットアロケーションが不明なので何とも言えませんが、外国株式+外国債券+日本株式と、日本債券を外しているあたり、僕と同じアセットクラス構成でちょっと親近感を抱いてしまいました。



また、信託報酬が2段階というのも面白いです。
純資産総額が増えると、信託報酬が下がる(0.63%→0.525%)仕組みなんですね。素晴らしいです。

信託報酬以外のいわゆる「見えないコスト」が不明なので、実質コストはまだ何とも言えませんが、セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドやイートレのスゴ6などと、ライバルになりそうですね。

続報を待ちたいと思います。

<ご参考>
上記で取り上げた証券会社は、以下から口座開設できます。
ジョインベスト証券
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ