同志たちの相場の見方

水瀬ケンイチ

先日、相互リンクブログのNightWalkerさんrennyさんと飲み会をやりました。
場所はわが街、梅屋敷商店街の某うまい店。(マスターに聞いたら予想どおり26日放送のアド街にも出るとのこと)

今回、僕の興味は、インデックス投資家の同志たちが現在の相場下落をどう見ているか、というところにありました。
いろいろ談義した結果を自分なりにまとめると、

・昨年までのライブドア・ショックやチャイナ・ショックとはちょっとレベルが違う大きさの下落
・しかし、給与収入があるうちは、安く買えるチャンス
・どうせなら、すぐに回復するよりしばらく続いたほうが、将来の投資成果に期待が持てる
(毎月投資できる額は限られているので)

という感じだったように思います。
誰ひとり悲観的になっていませんでした。
さすが、皆さん腰が据わっておられます。

盛り上がったのは、相場下落のことよりも、もし個別株投資するならどんな感じでやる?とか、ぜひ上場してほしい非上場優良企業はどこ?というような前向きな話でした。
おかげで楽しい時間を過ごすことができました。


最近、少しずつ認知されてきたとはいえ、世のインデックス投資情報は少ないです。
低コストゆえに利幅が薄く、金融機関からの情報や、金融機関がスポンサーのマネー誌などでは、どうしても取り上げられることは少ないようです。
なにより、インデックス投資家さんが、まだまだ身近にはいないのが現実です。

こうしてインデックス投資家さんたちで集まってお話をすることは、孤独に運用をしている自分にとって、とてもよい刺激になります。実践者ならではの意見・体験談は、非常に貴重ですし、時には、ブログには書けないような生のお話をお聞きすることもできたりします。

年初の抱負にも掲げたのですが、今年は、志を同じくするブロガーさんや読者のかたとのリアルコミュニケーションを取っていきたいと考えています。
そして、できる範囲で、読者の皆さまと共有していけたらと思っています。

インデックス投資の世界は、個人投資家間の情報のやり取りが重要なような気がしています。


※相場の見通し等、あくまで個々人の感想です。スリーアミーゴス揃ってスッカラカンになる可能性も無きにしもありません(笑)。投資判断は自己責任にてお願いします。


関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ