東洋経済臨時増刊「ベスト投資信託ガイド 2008年」はインデックス投資関連データ満載

水瀬ケンイチ

東洋経済臨時増刊「ベスト投資信託ガイド 2008年」を読みました。
これは、インデックス投資関連データ満載で、お得で参考になるムックだと思います。


インデックス投資をサポートする現代ポートフォリオ理論の基本を、図解入りでしっかりと押さえてあるし、アセットアロケーションの作り方、良い商品の選び方など、とてもよくまとまっていると思います。
また、国内外ETF・インデックスファンドの具体的商品も比較検討されています。
なにより、データが満載です。ざっと見て、以下のようなデータが掲載されています。

  • 保有年数別株式市場のリターン推移(TOPIX・S&P500)
  • 保有年数別債券のリターン推移(NOMURA BPI総合・シティグループ世界国債インデックス)
  • 2資産ポートフォリオのリスク・リターン(日本株式&米国株式、日本株式&外国債券、日本株式&新興国株式)
  • 資産クラスの相関係数(国内株式・先進国株式・世界株式・国内債券・先進国債券・新興国債券・世界債券・国内リート・外国リート)
    ※ここまで細かいクラス区分の相関係数は初めて見ました。これは貴重!
  • 資産クラスの実績リターン・リスク(標準偏差)(国内株式・先進国株式・世界株式・国内債券・先進国債券・新興国債券・世界債券・国内リート・外国リート・短期金融資産)
  • 想定年間最大損失率別のポートフォリオ(10%の場合・20%の場合・30%の場合)
  • 日本で買える海外ETF一覧表(取扱証券会社がひと目で分かる)
どうでしょう?
見てみたいデータがいくつかあるのではないでしょうか。
インデックス投資の初心者だけでなく、上級者にとっても、千円の価値はあるのではないかと思います。



巻末には、「投資力アップに役立つ本ベスト10」が出ています。
各書籍が、一冊一冊ていねいに解説されています。
ちなみに、僕の本棚と、ほとんど同じというのが、なんだかうれしいです。
やっぱり良書は誰が見ても良書なのですね(^^)

  1. ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
  2. インデックス・ファンドの時代―アメリカにおける資産運用の新潮流
  3. 敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか
  4. 株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド
  5. 投資信託にだまされるな! 本当に正しい投信の使い方
  6. 投資信託選びでいちばん知りたいこと
  7. 投資信託を見極める
  8. 内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法
  9. 「投資バカ」につける薬
  10. 金持ち父さん貧乏父さん

最後に、「インデックス・ETF投資家必見!人気ブログ」として9つの個人ブログが掲載されており、各ブログの特長が解説されていました。
そこには当ブログ、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーもありました。
相互リンクブログさんも多数掲載されています。

  1. 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
  2. rennyの備忘録
  3. 乙川乙彦の投資日記
  4. NightWalker's Investment Blog
  5. 敗者と勝者のゲームーWinning the Loser's and Winner's Game
  6. かえるの気長な生活日記。
  7. 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun +
  8. -資産運用-消費者に良い投資信託を買おう
  9. タロットのポートフォリオ理論[ココログ分室]

いろいろご紹介しましたが、インデックス投資関連データ満載で、お得で参考になるムックだと思います。
ご興味がありましたら、書店で手にとってみてください。
もしくはこちらから購入できます。
ベスト投資信託ガイド 2008年 2/6号 [雑誌]
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ