東洋経済臨時増刊「ベスト投資信託ガイド 2008年」はインデックス投資関連データ満載

東洋経済臨時増刊「ベスト投資信託ガイド 2008年」を読みました。
これは、インデックス投資関連データ満載で、お得で参考になるムックだと思います。


インデックス投資をサポートする現代ポートフォリオ理論の基本を、図解入りでしっかりと押さえてあるし、アセットアロケーションの作り方、良い商品の選び方など、とてもよくまとまっていると思います。
また、国内外ETF・インデックスファンドの具体的商品も比較検討されています。
なにより、データが満載です。ざっと見て、以下のようなデータが掲載されています。

  • 保有年数別株式市場のリターン推移(TOPIX・S&P500)
  • 保有年数別債券のリターン推移(NOMURA BPI総合・シティグループ世界国債インデックス)
  • 2資産ポートフォリオのリスク・リターン(日本株式&米国株式、日本株式&外国債券、日本株式&新興国株式)
  • 資産クラスの相関係数(国内株式・先進国株式・世界株式・国内債券・先進国債券・新興国債券・世界債券・国内リート・外国リート)
    ※ここまで細かいクラス区分の相関係数は初めて見ました。これは貴重!
  • 資産クラスの実績リターン・リスク(標準偏差)(国内株式・先進国株式・世界株式・国内債券・先進国債券・新興国債券・世界債券・国内リート・外国リート・短期金融資産)
  • 想定年間最大損失率別のポートフォリオ(10%の場合・20%の場合・30%の場合)
  • 日本で買える海外ETF一覧表(取扱証券会社がひと目で分かる)
どうでしょう?
見てみたいデータがいくつかあるのではないでしょうか。
インデックス投資の初心者だけでなく、上級者にとっても、千円の価値はあるのではないかと思います。

巻末には、「投資力アップに役立つ本ベスト10」が出ています。
各書籍が、一冊一冊ていねいに解説されています。
ちなみに、僕の本棚と、ほとんど同じというのが、なんだかうれしいです。
やっぱり良書は誰が見ても良書なのですね(^^)

  1. ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
  2. インデックス・ファンドの時代―アメリカにおける資産運用の新潮流
  3. 敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか
  4. 株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド
  5. 投資信託にだまされるな! 本当に正しい投信の使い方
  6. 投資信託選びでいちばん知りたいこと
  7. 投資信託を見極める
  8. 内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法
  9. 「投資バカ」につける薬
  10. 金持ち父さん貧乏父さん

最後に、「インデックス・ETF投資家必見!人気ブログ」として9つの個人ブログが掲載されており、各ブログの特長が解説されていました。
そこには当ブログ、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーもありました。
相互リンクブログさんも多数掲載されています。

  1. 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
  2. rennyの備忘録
  3. 乙川乙彦の投資日記
  4. NightWalker's Investment Blog
  5. 敗者と勝者のゲームーWinning the Loser's and Winner's Game
  6. かえるの気長な生活日記。
  7. 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun +
  8. -資産運用-消費者に良い投資信託を買おう
  9. タロットのポートフォリオ理論[ココログ分室]

いろいろご紹介しましたが、インデックス投資関連データ満載で、お得で参考になるムックだと思います。
ご興味がありましたら、書店で手にとってみてください。
もしくはこちらから購入できます。
ベスト投資信託ガイド 2008年 2/6号 [雑誌]
関連記事


  





コメント

今日近所の本屋で

今日nightwalkerさんのブログで
この本のことをしり
近所の本屋に行ったのですが
長崎は発売がすこしかかるそうです。
地方は郵送事情が首都圏と
違いすこし遅れるとの事
今日も本屋さんに行ってみたいと
思います。
とりわけ相関係数を
知れるのは楽しみです。
明日も早速本屋さんに行くつもりです。

プロフィールって最近変わりました??
ずっと「みずせ」さんだと思っていました。 

これは便利そうですね。紹介をありがとうございます。
注文しました。
ちなみに、Booklog.jpにも衝撃を受けました。

>九州FPさんへ

アマゾンのリンクから買えば翌日に届きますよ(^^)

>miyukiさんへ

プロフィールは、メディア掲載履歴以外は変えてません。
水瀬のハンドルネームのしょぼい由来にご興味があれば、以下の記事をご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-213.html

>old manさんへ

貴重なデータが公開されていましたよ。
ブクログのビジュアルは、本当に僕の部屋の本棚にそっくりなので、自分でもびっくりです(^^)

記事を拝見して早速購入してみました~

まだじっくり読んでいないのですが、厚さの割にかなり細かく説明されているみたいで楽しみです!

これから熟読します♪

思わず「投資信託ベストガイド」買っちゃいました。
それにしてもiSharesのTOKは
取引量伸びないですね・・。
ちょっと不安になってきました。

こんな記事を見つけました。
http://401k.sblo.jp/article/9792470.html
iSharesが世界インデックスETF出すとか。
これなんか、水瀬さん、どうなんでしょう。
あと、TOKって買ってもいいのかなぁ~・・・。

キターッ

もともとTOKには懐疑的だったアルビレオです。
私としてはこれでTOK完全無視確定ですね。

楽天の手数料割引が終わらないうちに買えるようになるといいなぁ。

う~ん・・・

 水瀬さん、お久です。

 本業超忙しくお久しぶりの書き込みです。

 私、アルビオンさん完全無視確定TOK、買いましたけど何か(笑)?

 まあ仮に万が一償還されても信託報酬安いですしいいんですけどね。

 とはいえ、究極の(?)FA出れば、そちらに乗り換える予定です(苦笑)。

確かに個人投資家がほしい情報・データがよくまとまっていますね。

でも、イボットソンが算出した資産クラス別のリスク・リターンのデータは使えるかな?って感じです。特に日本株は計測期間が1952年からと古いことで高度成長期の実績に引きづられ極めて高いリターン(11.9%)となっており、これを使ってしまうと間違うと思います。

最終的には、どこのデータを使うかは本当悩ましいですね。

>こっそりさんへ

厚さは薄いけど内容は濃い、そんな感じがしました。

>ルシエンさんへ

エマージングも含めた世界インデックスETF。
あとは、日本の証券会社で取り扱ってくれれば、僕にとってのファイナルアンサーかもしれません。

TOKにしたって、最近もてはやされているスゴ6にしたって、セゾン・グローバル・バランスファンドにしたって、途中償還される時はされてしまう。もしそうなったら淡々と乗り換える。そういう心持ちで投資するべきだと思います。
インデックス商品は、日米ともに、一生一本でいけるほど歴史がありません。

>アルビレオ師匠へ

海外ETFのフロンティアである楽天証券に、ぜひ取り扱ってほしいですね。

>びのちゃんさんへ

おひさしぶりです。
お忙しい時こそ、ほったらかし可能なインデックス投資ですよね(^^)

>レバレッジ君さんへ

データは、取得期間が長ければ長いほど良いという意見と、イレギュラーを除いて現実に即した調整をしたものが良いという意見の、両論があるようですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

週刊東洋経済・臨時増刊(2008.2.6)「投資信託ベストガイド 2008 年版」

乙が読んだ雑誌です。雑誌とはいえ、臨時増刊ですから、むしろ本に近いといえるでしょう。 中身は非常に濃いです。理論面もしっかりしているし、どういうふうに考え、何を買えばいいかについても実践的に書いてあります。A4判で130ページほどですが、図も充実していてわ..

東洋経済臨時増刊 ベスト投資信託ガイド 2008年版

東洋経済臨時増刊 ベスト投資信託ガイド 2008年版が各ブログで大好評です。 さっそく私は自腹で購入してきました。 東洋経済新報社から贈...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)