「大人の投資入門」(北村慶著)はインデックス投資の良書

「大人の投資入門」(北村慶著)を読みました。
前作の良書、「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」の「実践編」というべき内容になっており、こちらもまた良書だと思います。



まず、「もらえる年金と老後の必要資金のギャップ」をキッカケに、普通の市民にとっても投資の必要性があることを説く。
次に、国内外の公的年金の運用方法を例にとって、ポートフォリオ理論をもとにしたインデックス投資の有用性をやさしく説く。
ここまでは、前作と同じ考え方です。

ここから、具体的商品名を出しながら、資産運用の実践方法を説いていきます。
日本株式インデックスファンド、外国株式インデックスファンド、外国債券インデックスファンドの現時点でのベスト商品を提示。
それらを(ゆうちょや銀行ではなく)ネット証券で、ドルコスト平均法で毎月購入。
さらに、一定額に達したらインデックスファンドから更に低コストなETFへのリレー投資。
あとは、年1回のリバランス。
この「らくちん&ほったらかし運用」を長期間続ける。

どこかで聞いたことがあるフレーズがたくさん登場してきますが、それもそのはず、これはまさに僕がやっている投資法そのものでもあるからです(笑)
ポートフォリオについては、基本的考え方に加えて、少々ユニークな提案がされています。

それは、公的年金のアセットアロケーションを合算して、自分のアセットアロケーションを組もうというものです。平たく言うと、公的年金は日本債券偏重なので、自分のポートフォリオは国内株式・外国株式(と少々の外国債券)だけでいいというものです。
いくつか拝見した書評で批判されていましたが、余裕資金だけでなく持ち家と公的年金を加えた、「全体最適」という視点を提供しており、ひとつの考え方としては面白いと思いました。
(僕は資産運用の目標が早期リタイアなので、公的年金と合算はしませんが…)

また、日本株式:外国株式の比率を、理論的な最適解である15:85(世界市場ポートフォリオ)ではなく、50:50とするとしています。
日本経済の発展を応援したいという筆者の思いとのことですが、これも批判されていました。
まあ、こちらもひとつの考え方としてはアリではないかと思いました。
世界市場ポートフォリオのことも紹介しており、理論は押さえてあるわけですし、「能動的なアレンジ」という感じでしょうか。
理論は理論として、ポートフォリオには人それぞれの「思い」が反映されていてよいと個人的には考えています。
(僕が、分散効果があると知りながらも、日本債券やコモディティに投資していないように)

全体を通して、普通の市民がやるべきインデックス投資について、データを用いて論理的かつ実践的に、でもやさしい言葉で説いています。
まっとうな金融リテラシーを誰でも獲得できる、貴重な一冊に仕上がっていると思いました。

最後に、インデックス投資の実践者にしか分からない、ある本質が書かれています。

この「らくちん&ほったらかし運用法」も、物理的には“らくちん”とは言え、精神的にはかなりの努力を要する運用法です。
すなわち、銘柄研究や経済分析といった努力は必要としない一方で、「定時定額運用」をどんな市況の時でも続ける、という強い精神力が求められる運用法なのです。

本当にそうなのですよね(^^;;

<おまけ>
くじけそうになった時には、弊ブログの「売らずに我慢するテクニック集」でもご活用あれ。
「売らずに我慢するテクニック」カテゴリー
関連記事


  





コメント

はじめまして

 はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
私もこの本を読んで、いつも水瀬さんのBLOGで
拝見しているのとほぼ同じような内容だな、と思いました
が、1冊通して読んですっと頭に入ってくる内容で興味深く
読みました。
 ポートフォリオに思いがあっていいというのも同感です。
(選択肢がある中でベースを知った上で自分流にアレンジ
するのはすばらしいと思っています)

 投資コストに関しての考えが夫婦違うのですが、この本
を読んで、二人で長期運用をベースに投資をしていこう
という考えは一致しました。

私も読み終えたところです^^

>公的年金は日本債券偏重
>日本株式:外国株式の比率を、理論的な最適解である15:85(世界市場ポートフォリオ)ではなく、50:50とする

まさに私も実践に入りました!

>公的年金のアセットアロケーション

多分、無茶苦茶費用を賭けて作られたものでしょうから、合算ではなくそのまま丸ごとの運用です。。
あっ。。私の資産がばれてしまいますね(笑)

>ミソジ秘書さんへ

ご夫婦で長期投資をベースにしようとお考えなんて、素晴らしいですね!
ミソジ秘書さんご夫妻の投資が成功されますようお祈りしております。

>投信戦略の発想法さんへ

公的年金のアセットアロケーションが、そのままご自分の最適アセットアロケーションというかたもいらっしゃって当然だと思います。
実践がんばってください!

アセットアロケーションがとても大切です!、パフォーマンスの8~9割は個別の商品の選択ではなく、アロケーションによって決まります!というのが、投資本の定番ですが、それがとても嘘臭く思えます。
どのアセットクラスをオーバーウエイトするかアンダーにするか?という根拠がなかったりします(そんなことを責任を持って言える人がいるはずもありませんから、その結果過去の実績と今後の相場感でこれからもそうだという意味のない根拠を振りかざすしかありません)。
結局は今後の自分の相場感に賭けているにしか過ぎないです。もちろん個人のリスク許容度が一番大切ですけどね。
各アセットクラスにインデックスを購入するのか、アクティブを購入するのかというのは、アセットアロケーション上ではどうでもいいことのような気がします(アセットアロケーションの選択が投資の多くを決定するのですから)。
インデックス投資は宗教だと思います。いつかはリターンがあります。
しかしそのリターンが、その人が欲しい時にあるとは限りません。
アクティブ投資がいいかというと、そうも思っていませんのでインデックスを購入している自分です。しかしインデックスファンドで自分が気ままにアセットアロケーションを組んでいる時点で、その事自体が自分の相場観に実は固執しているのではないかという自覚は必要だと思います。
余裕資金で運用していないと、相場の上下にこころ動かされるのでしょうし、動くのであればそれは投資すべきでは無かった自分のお金なのだと思いますので。バイアンドホールドは、らくちんでもありませんし、ほったらかしでもないと思います(すいません)。

>とりさんさんへ

宗教がどういうものなのかよく分かりませんが、信じることが必要であろうという意味では似ているのかもしれませんね。
ただ、個人的には、インデックス投資家によくあびせられる「信者」とか「信奉者」というような宗教的な表現(?)は好きになれません。
インデックス投資家だって、もっとフレキシブルでいいじゃないですか~。なんて思います。

バイ&ホールドが楽ちんかどうかは、人によるのではないかと思います。
定期的に企業を一社ずつ価値算定(DCFやらマルチプルやら)して売買することに比べたら、よっぽど楽ちんだと思っています。

日本円で郵貯のみで生活していた状態の方がよほど宗教的で洗脳されてた状態でしょう。私個人としてはアセットアロケーションを通じて大分解脱できたと思いますが。自分の立ち位置と世界をみる目が変わることが一番大きな利益だと思います。

初めまして

以前から大変参考にさせていただいております。

前著は読んでいたので、こちらもまた読んでいきたいと思います。

色々と勉強している最中でまだまだ質問すら出来ませんが、
また顔を出しに来ます。

今後ともよろしくお願いいたします。

>たっちさんへ

前作もデータが豊富でしたが、本書ではデータがより最新のものに更新されています。
その意味でも、前作を読んだかたでも読む価値はあると思いますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>管理人のみ閲覧モードで投稿の読者さまへ

メールアドレス等の記載がなくてご連絡手段がないため、こちらでコメントさせていただきます。

北村慶氏の「年金ギャップ」の試算は、金融広報中央委員会や生命保険文化センターが公開している平均値や中央値を使っており、正確な計算をするには各個人の細かいデータ(勤務年数や年齢、住宅ローンの有無、退職金の多寡など)が必要である旨が、明記されています。
要するに、人それぞれなんだと思います。

そして、平均値や中央値の統計データがご自身の実感と違っていたとしても、それを僕はもちろん北村慶氏に言われても困ってしまうと思います。
データを公開している機関にお問い合わせいただくしかないかと…(^^;;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

北村慶の新作、『大人の投資入門』、発売開始です。

『大人の投資入門』~真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」が、本日、発売開始されました。 2007年のアマゾン投資本ランキングで第2位となった、前著『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント』でご紹介した”負けない投資法(インベストメント)”

大人の投資入門

前作の貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメントでインデックス投資家から絶大な評価を得た著者の商品名を含めた具体的な続編です。 そし...

北村慶(2008.1)『大人の投資入門』PHP研究所

乙が読んだ本です。「真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」」という副題が付いています。 本書はインデックス投資を勧めます。 p.146 で、アセットアロケーションを考える際に、公的年金の存在を前提にして、私的年金の分は、公的年金と合わせてアセット...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)