米ETF大手パワーシェアーズ、日本進出

水瀬ケンイチ

海外ETFの本場米国の大物が、日本進出を狙っているそうです。

【NIKKEI NET 2008/02/08より引用】
米ETF大手パワーシェアーズ、日本進出
 米国の上場投資信託(ETF)運用大手パワーシェアーズ・キャピタル・マネジメントが日本に進出する。来日したブルース・ボンド最高経営責任者(CEO)が明らかにした。年内をめどに米国など海外で上場する同社商品を日本の証券取引所にも上場することを狙う。日本の投資家向けの商品開発も検討する。

 パワーシェアーズは米インベスコ傘下のETF大手で、米国の代表的なETFである「QQQトラスト」(ナスダック100指数に連動)を運用する。資産残高は約400億ドル(4兆3000億円)。欧州にも展開しており、「次の大きな成長市場として日本が期待できる」(ボンドCEO)という。
【引用おわり】


現在、国内上場されているETFは、日本株以外では、金や韓国株などニッチなものしかありません。
スタンダードな外国株式インデックスに連動するETFの国内上場が待たれていると思います。

でも、残念ながら、国内運用会社がこれを積極的に推進することは、当面はないのではないかというのが個人的な予想です(こんな予想外れてほしいですが…(^^;;)。

そうなると、海外の運用会社の進出に、期待が高まってきます。
今までもいくつかの海外運用会社がチャレンジしてきています。
規制緩和等、どんどん外圧をかけていただき、ぜひ、スタンダードなインデックスに連動するETFの上場を実現してほしいです。

(関連記事)
2007/09/12 仏リクソー、日本でETF参入・東証と交渉
→これは規制が厳しいと断念されてしまったようです。残念。(情報ソースはこちら)。
2008/01/21 海外ETF、国内初上場へ・仏アクサ、東証に月内申請
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ