トマムで犬ぞりなどなど

水瀬ケンイチ

先日、北海道トマムに行った時の写真でも。
(投資とは無関係の雑談です。ご興味があるかただけどうぞ)



photo_20080212_1.jpg photo_20080212_2.jpg photo_20080212_3.jpg
photo_20080212_4.jpg photo_20080212_5.jpg photo_20080212_6.jpg
photo_20080212_7.jpg photo_20080212_8.jpg photo_20080212_9.jpg

犬ぞりは3年目でしたが、相変わらず難しくて、ハードなスポーツです。
でも、もはやおなじみの犬たちとのふれあいはたまらんです!
ハーネスを付けたり、ソリにつないだりするところから、自分たちでやらせてもらえます。
ソリから外したり、おやつの鹿肉をあげたりも自分たちでします。
一生懸命走る犬たちが、ものすごくカワイイ!!
景色も最高!!(やっている間は景色を見ている余裕は皆無ですが…)

メインイベントは犬ぞりだったので、スノーボードはのんびりです。
天気が良かったので、景色を堪能しながら、ゆっくり大きくカービング。
いい歳こいてソリに乗ったり、休み休み、深呼吸しながらのフリーランでした。
ナイターはマイナス20度とかになるので、雰囲気だけ味わったら、そそくさと退散。
今年も夜のアイスドームビレッジはキレイでした。ビレッジにある氷の教会では、なんと実際に挙式をされているカップルがいらっしゃいました。お幸せに!

ところで、今年の異変は、宿泊客の半分くらいが中国人だったということです。
ちょうど中国の旧正月だったということもあるのですが、観光立国に向けた日本の取り組みの一端を垣間見たような気がしました。
個人的に、日本の将来についてはどうしても悲観的になってしまうのですが、小泉元首相が提唱していた観光立国、Yokoso!Japanは、当時こそ、「何言ってんの?」と思っていましたが、トマムの中国人たちはとても満足そうでしたし、同じ北海道のニセコはオーストラリア人に大人気のようです。
ひょっとしたら、日本はいい観光資源を持っているのではないか、日本観光は外国人に根付いてきているのではないか、なんて感じました。

別世界を堪能した、あっという間の3日間だったとさ。
楽しんだので、仕事がんばろうっと。
おしまい。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ