iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)に臨時投資実施

世界の株式市場がモタついているなか、本日、臨時投資を実施しました。
投資銘柄は、海外ETFのiShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)です。

今日は、それほど買い時という感じでもなかったし、そもそもタイミング投資がうまくいくとも思っていないのですが、余剰資金が積みあがっており、ずっと前から臨時投資をしようしようと思っていたので、そこそこのところでやってみました。

ところで、EFAには日本株も約20%含まれているのですが、日本株はいま、外国人投資家に人気ないみたいですね。

【NIKKEI NET 2008/02/13より引用】
外国人投資家、日本株売越額最大に・1月
 財務省が13日発表した1月の対内・対外証券投資(指定報告機関ベース)によると、外国人投資家の日本株の売越額は1兆4579億円で、比較可能な2005年1月以降で過去最大だった。

 これまでの最大の売越額は、米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題などを背景に金融市場が混乱した昨年8月の1兆2709億円。1月は世界同時株安を背景にこれを上回り、昨年12月(7259億円)に比べ倍増した。外国人投資家による売り越しは3カ月連続だ。

 一方で、外国人投資家は中長期債を2カ月ぶりに買い越した。買越額は6095億円で、投資対象を株式から安全資産の債券にシフトしたもよう。国内投資家は4カ月ぶりに外国株を6631億円買い越した。(15:31)
【引用おわり】
こういう記事を見ると、なんとなく、日本人投資家は投資がヘタクソで、外国人投資家は常に日本人の一歩先を行って儲けているようなイメージを持ってしまいます。

ところが、「外国人投資家」(菊池正俊著) などを読むと、そもそも、外国人投資家が誰のことか定義自体が曖昧だし、仮に、「大手外国資産運用会社」だったとしても、日本株売買のタイミングがいつも正しかったとは言えず、大半は市場平均(インデックス)に勝てないフツーの機関投資家であり、インデックス投資家にとっては、別にビビる存在でもないということがわかります。
(関連記事)2007/03/28 「外国人投資家」(菊池正俊著)

そんな人たちが、売り越ししていようが買い越ししていようが、株価が下がろうが上がろうが関係なく、今日購入した海外ETFはストロングホールドしたいと思います。
低コストなインデックス商品をバイ&ホールドする。シンプルな戦略ではありますが、それでもおそらく、大半の外国人投資家には負けない戦略であると思います。
もっとも、それで儲かるかどうかはお約束できませんが…(^^ゞ


<ご参考>
上記商品(EFA)は以下のネット証券で購入しています。
(会社名をクリックで口座開設できます)
楽天証券「海外ETF」
関連記事


  





コメント

あ、わたしも、臨時に買ってみよう。

(とりあえず、列に並ぶタイプですぅ)

わたしも!と言いたいところですが・・・
今は臨時投資する資金がありませぬ・・・

毎月定額で投資していますが、株がどーんと下がった時に臨時投資するための貯金もはじめようと思います!!

はじめまして

海外ETFを買おうと思うのですが、成行か指値どちらで買うほうが良いのですか?初心者な質問ですみません。
指値の場合どれくらいにすれば約定できるのですか?
教えていただけるとうれしいです。

サブプライム問題も潮の流れの変化を感じます。ETF追加投資の絶好のタイミングかもしれませんね。

全然話が違いますが、楽天証券から「ETFではじめる海外投資スタートBOOK」をプレゼントされました。昨年、海外ETF手数料300米ドル以上も収めたので、うれしいんだか何だか・・・・。

外国人投資家っていうと、
ハーバードのMBAをもってるスーパーファンドマネージャーだったり、
スイスのプライベートバンカーだったり
はたまた世界的大富豪だったりと

まるで映画に出てくるような人たちが跳梁跋扈していて、
個人投資家など、情報量でも速さでも、賢さでも
相手にならないイメージがありますが、

水瀬さんの戦略なら、
その人たちも、ただのサラリーマン
になっちゃうんですよね。

一見スーパーマンな人たちと、同じ立場で
物事が見れる点でマーケットって平等ですばらしいと思います。

アメリカへも投資

EFAって
イギリス22.06% 日本19.84% フランス10.5% ドイツ9.37%で
UNITED STATESも2.37%入っているんですね。
あぶなく自分のポートフォリオから見落とすところでした。
そうするとIEV(ヨーロッパへのファンド)はあまり必要ないですよね。

>元町愛さんへ

たいした列ではないので、自己責任でお願いしますね(^^;;

>はちみつさんへ

臨時投資の資金があると、下落相場も余裕をもって楽しめますよ。
おすすめです。

>たいさんへ

海外ETFの場合も日本株と同じで、成行は滅多に使いません。
指値の程度については、相場状況にもよりますので何とも言えません。

一点、注意事項としては、楽天証券の海外ETFの価格はリアルタイムではなく20分遅れになっています。(成行と指値で迷われているということは、おそらく楽天証券をお使いだと思いますので)
価格を見ながら1秒単位で1セント安を狙うようなギリギリの取引には向きませんので、大らかな気持ちでざっくりと注文されてみてはいかがでしょうか。

>サラリーマンの蓄財日記の管理人さんへ

300ドル以上も手数料をお支払になっているということは、少々細かくトレードし過ぎでは…?(^^;;
もちろん、投資金額にもよりますが。

>takeさんへ

平等なマーケット万歳!です。

でも、たとえ外国人投資家たちに勝ったとしても、全員まとめてマイナスじゃしょうがないんですけどね…(^^;;

>HK$さんへ

今回の臨時投資はEFAだけですが、僕はIVVとEFAのセットを基本にしています。
そのうちIVV(米国)にも臨時投資すると思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)