ETF新商品が相次ぎ登場、になるといいなあ

新しい上場投資信託(ETF)が今年、日本に相次いで登場するとの報道がされています。

【NIKKEI NET 2008/02/16より引用】
ETF新商品が相次ぎ登場・原油価格やREITに連動
 原油先物価格に連動するなど新しい上場投資信託(ETF)が今年、日本に相次いで登場する。これまで日本のETFは日本株指数に連動するタイプにほぼ限定されていたが、規制緩和で多様なETFの供給が可能になるのを受け、運用各社が投入準備を急いでいる。個人にとって投資の選択肢が増えることで、現在米国の5%にとどまる日本のETF市場も拡大に向かう見通しだ。

 金融庁は昨年末に発表した「金融・資本市場競争力強化プラン」で、今年前半までにETFの品ぞろえを増やすための関連法や政省令を改正する方針を打ち出した。商品先物に直接投資するETFや、海外の株式指数や不動産投資信託(REIT)指数に連動するETFが設定可能になる。
【引用おわり】

この手のニュース、もう何度目でしょうか。
何度でも書きますが、コモディティや新興国などニッチな商品ばかりではなく、まずはS&P500やMSCI KOKUSAIなど、スタンダードな外国株式インデックスに連動する海外ETFの上場が待たれています。いえ、待ちくたびれています。(^^;;

運用各社の動きを見ると、国内運用会社勢は、相変わらずニッチ路線でいきたくて仕方がない(野村は原油だのREITだのと言っています)ようですが、海外運用会社勢のバークレイズは、米国市場と日本市場に重複上場を検討しているようですので、こちらはスタンダードな商品も少しは期待が持てるような気がします。
バークレイズは、楽天証券やイー・トレード証券など日本の証券会社へのスタンダードな海外ETF(IVVやEFAやEEMなど)供給で実績がありますし。

コモディティやREITがいらないと言っているのではありません。
僕たち普通の庶民が、資産運用のコアにできるようなスタンダードな商品を、まずは揃えてほしいと思います。
スポーツカーや軽トラックばかりではなく、まずはカローラを。

(関連記事)
2008/02/08 米ETF大手パワーシェアーズ、日本進出
2008/01/21 海外ETF、国内初上場へ・仏アクサ、東証に月内申請
2008/01/04 08年は東証・大証の上場投信元年になるそうですが
2007/10/31 東証、ETFなど商品多様化に向け「上場推進室」を設置。でも…
関連記事


  





コメント

要するに、今はコモディティや新興国やREITが流行ってるってことだと理解しています。
IVVを上場しても売れないって判断なんでしょうね。
もっと言えば今はそれらのハヤリモノに投資しては「いけない」ということだと思います。

昨年このプログを知って、水瀬さんの投資方針は本当に感心いたします。これからもインデックス投資の大切さを教えてください。

今のところ

こんにちは。
今のところサポート投信的な
新興株ETFや商品関連ETFが日本市場では
先行してますが、
これからこの動きが加速し、
メインなETFもでてくるとさらに
低コストで個人投資家の海外分散投資に
バリエーションがでてくるのでは
ないかと感じています。

昨年のネット証券の取り扱い高の
拡大に加え今後の動向には注目したいですね。

長期投資が目的ならスタンダードな商品が欲しいですが、
投機目的ならば流行りもの。

売買も頻繁に行われるようになるから、
手数料が期待できる。ってなことでしょうね。

顧客軽視ですよね。

東証および日本の証券会社(高手数料)が
海外ETF(低手数料)の普及にびびってるとしか……。

銀行窓販や郵便局で、アクティブファンドが売れてるという
記事を見るたびにその思いを強くします。

日本の個人投資家は、柵に囲まれたカモなのだと。
賭場の胴元は今日も高笑いです。

>ハスキーさんへ

IVVやEFA等が「売れない」なのではなく、「売れると困る」というのが国内運用会社勢の本音というような気がします(^^;;

>としちゃんさんへ

こんな個人ブログですが、何かのお役に立ったのであれば幸いです。

>九州FPさんへ

僕もいち個人投資家として、早くそうなるといいと思っています。
でも、投信販売でフィーを得ているFPさんは、ちょっと困るかもしれませんね。
九州FPさんが大丈夫かどうか、少々心配であります。。。

>takeさんへ

だからこそ、国内運用会社の業界エゴ丸出しの展開よりも、海外運用会社のグローバル・スタンダードな常識的展開に期待してしまうんですよね。

>名なしさんへ

同感です。
株式委託手数料が不調で、投信の販売手数料・信託報酬が収益の柱になってきている国内証券会社の現状を見ると、おっしゃるように、超低コストの海外ETFの普及にびびっていてもおかしくないと思います。

この規制は他の国でもあるのかな

>政省令を改正する方針を打ち出した。

前々から疑問なのですが、
ETFの対象となる指数(どの指数ならETFとして組成していいか)について、国家が具体的な規制を敷く必要があるんでしょうかねぇ。
この指数ならETF作ってヨシって、国からのgoサインが出ないと、作れないなんて、おかしい...。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>この指数ならETF作ってヨシって、国からのgoサインが出ないと、作れないなんて、おかしい...。

とはいえ、アメリカだと、キャッチーなインデックスをでっち上げて
ETFを組成して、出来高が少ないと上場廃止なんて流れもありますからね…

コメントありがとうございます

今までは本で勉強すると、すぐに実行移してしてました。株式の欄に子供たちに鉛筆を投げさせて20銘柄株式を買ったり、木村さんが株主優待がお得ですよ言われると買ってみたりして試行錯誤しておりました。水瀬さんの投資方針はブレがなく感心しております。私もインデックス投資とゆうノアの箱舟に乗った気持ちです。これからもよろしくお願いいたします。

ETFは個人投資家が年金などの莫大な資金に近い条件で投資ができる
貴重な手段です。
TOK、IVVやEFAやEEM、
海外ETFなら売れて、自国のETFにしたら
売れない、なんて理屈はないですよねぇ。

税金のシステムが難しい海外株式扱いではなく、
特定口座で管理できるようになれば
長期投資も根付いてくるでしょう。

『デイトレーダーはバカ』
などとくだらないこというよりも
長期投資がしやすい体制を作ってほしいですね。

俺様指数ならやりほうだい

世界のREITさん
>国からのgoサインが出ないと、作れないなんて、おかしい...。

「埼玉県の猫の数連動型ETF」なんかだったら、今ついている値段がどこまで信頼できるのか誰にもわかりません。
取引量も少ないだろうから簡単に価格操作できるでしょうね。
なんてのは極論にしても、ETFの元になる指数などには十分な客観性や信頼性の確保されたものでないとかなり危険です。
特に今後上場株式指数以外にも対象を広げるとなると、慎重な対応が欠かせません。

忘れちゃいけないのは「なんだかんだいっても上場株式の情報の速さと入手しやすさは突出している」ってことです。
それ以外の金融商品関連の情報は株式ほど容易かつ素早くするのは難しく、リアルタイムで取引されるETFではその情報格差で特定の人だけが利益を得る可能性が大きくなります。

また、ETFも投資信託の一種であるということになっているので、投資信託と同じように当局の認可がなければ作ることはできません。
一般的な投資信託は国の認可が必要なのに、ETFは必要ないという方がよほどおかしな話になります。
ETFは国からOKが出るだけではダメで、さらに上場する取引市場の審査も通らないといけませんけどね。

>世界のREITさんへ

まあ最低限は必要かと思います。
資産運用のコアになるような指数まで排除する必要はないと思いますが。

>通りすがりさんへ

まあそうですよね。
ズルする人も出てきてしまうと良くないと思います。

>としちゃんさんへ

この船が、泥舟でないことを祈りましょう(^^;;

>takeさんへ

同感です。

>アルビレオ師匠へ

>>「埼玉県の猫の数連動型ETF」

笑いました!(^^)
近所の野良猫の数を見ていると、東京都大田区の猫の数指数連動ETFの方が、上がるかも!?

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

また日本で上場する海外・コモディティETFのニュース

ETF新商品が相次ぎ登場・原油価格やREITに連動【NIKKEI NET】 これまでも、ちょくちょくニュースになっていたが、「またか」という印象。正直、「もうアナウンスはいいので、さっさと上場させてくれ」という感じだ。 それとも・・・、 ETFの品ぞろえを増やすた...

[感想][投資][石油][Gold][ETF]「ETF新商品が相次ぎ登場・原油価格やREITに連動」:個人投資家としては「ようやく」。でも・・・

先週の日本経済新聞に掲載されていたETFに関する記事について、すこし述べたいと思います。 (以下2008年2月16日付Nikkei.netより引用。リンクはこちら。) ETF新商品が相次ぎ登場・原油価格やREITに連動 原油先物価格に連動するなど新しい上場投資信託(ETF)が

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)