海外ETFについての興味深い記事

日経ヴェリタスonlineに、海外ETFについての興味深い記事が出ています。

ETFで進むウィンブルドン化?~国内運用会社の不満

いろいろ書きたいことはあるのですが、とりあえず、

すでにETFビジネスで日本は世界から大きく遅れており、個人投資家に運用手段を一刻も早く広げる意味でも「海外ETFの重複上場を意図的に遅らすべきではない」(取引所関係者)との声もある。


この取引所関係者さんの声に賛成を表明して、時間がないので今はここまで。

(以下、がっつり追記) 2008/02/20 21:00
記事には、「国内運用会社の不満」として、こんな懸念が記載されています。

現在の不安定な国会情勢を考えると法改正の時期は見通しがたたず、最悪の場合、施行時期が来年にずれ込む可能性もある。
(中略)
国内運用会社が国内ETFを設定する前に、外資系が先に海外ETFを上場申請して、国内市場を占有してしまわないか――。国内運用会社の間ではこうした懸念が台頭している。


これに対して、僕は国内運用会社さんにふたつのご提案をしたいと思います。

【提案その1】
そんなに急いでいるなら、今すぐDIA相当 or QQQQ相当のETFを組成してはどうか

僕も以前、読者のかたから教えていただいたのですが、実は今でも、ETF組成の対象株価指数にはTOPIXや日経225だけでなく、Dow Jones Industrial Average(ダウ工業株30種平均)とNasdaq-100 Index(ナスダック100指数)が含まれています。
(出典:平成十三年金融庁告示第五十五号野村信託銀行用語集

海外運用会社に先を越されるのがそんなに怖いのなら、今すぐに、ダウ工業株30種平均連動のETF(DIA相当になります)やNasdaq-100連動のETF(QQQQ相当になります)を組成すればいいと思います。
S&P500やMSCI KOKUSAIよりは分散具合は少ないですが、法改正を待たなくても組成できるでしょうし、スタンダードな指数であり、インデックス投資家には支持されると思います。

でも、もしかしたら、僕の知らない何か他のボトルネックがあるのかもしれません。
その場合は、次のご提案をご覧ください。


【提案その2】
そんなに急がなくても、海外勢よりも0.001%運用コストを下げれば売れますよ

言うまでもなく、同じ指数に連動するETFであれば、パフォーマンスは同じです。
パフォーマンスが同じなら、ETFの最も重要な選択基準は、なんと言っても「運用コスト」です。(次点として、流動性やトラッキングエラーもありますが)

もし仮に、国内運用会社さんの懸念どおり、海外運用会社が先に海外ETFを重複上場申請して、国内市場を占有してしまったとしましょう。
でも、後からでも、海外運用会社のETFよりも運用コストが0.1%、いや0.001%でも安いETFが出てくれば、賢明なインデックス投資家であればそちらを買うと思います。
ネット証券の株式委託手数料は、これ以上はもう無理ってくらい安くなっているので、最初に海外勢のETFを買った投資家も乗り換えてくると思います。

逆に、海外勢の海外ETFは、海外の証券市場と重複上場するようですから、日本でだけ運用コストを対抗値下げすることは難しいでしょう。
ほら、むしろ、有利なのは国内運用会社さんのほうですよ。


上記ふたつのご提案もお気に召さないようであれば、規制と海外勢に不満を仰るのではなく、そろそろホンネを仰ってはいかがでしょうか。

「高コスト投資信託が売れなくなるから、本当はやりたくないよー」
関連記事


  





コメント

>「海外ETFの重複上場を意図的に遅らすべきではない」

いま現在は意図的に遅らせている・・・とも読める発言ですね。(w

昨日19日から大証で「外国ETF等の上場制度の整備等について」
パブリックコメント募集中のようです。

苦笑

(元記事から引用)
>さらに証券会社のシステムの関係で「ETFに割り当てられるコード>番号に限度がある」(証券系運用会社)とされ、システムの抜本的な>改良がない限り、追加上場可能なETF本数の余地は意外と少ない

いやぁ、こんなところに制約があったなんて...。
「1330」みたいなコードのうち、1300番台しかETFに割り振れない、みたいな話?。
だったら笑ってしまう。
なんか西暦2000年問題みたいですね。

コ、コードが振れないだって!?(苦笑)

なんという……金融後進国

>「高コスト投資信託が売れなくなるから、本当はやりたくないよー」

本当にそうなのだと思います。で、それでいいのだと思いますよ。
購入する人間の立場で言えば、既に海外ETFは国内ネット証券で売買できます。
また(良い意味での)ノーロードで信託報酬の安いインデックスファンドもネット証券で買えるようになりました。

国内証券会社(と東証)は更なる手間暇かけて、薄利多売な商品を売らなくてもいいという判断があると思います。
それが正しいかどうかは、今後の結果次第ですが、案外それで食べて行けると踏んでいるのだろうと思います(今までがそうでしたので)。

日本の個人投資家は、既に国内市場でETFを買えることを望んではいませんし、既存の証券会社の利害でという理由で海外ETFを国内市場で買えないということが困ることになっていません。

結果として利益を得る機会損失があるのは国内の既存証券と東証なのですから、自分の問題として判断をして欲しいと思います。
既に東証も既存証券もインデックス中心の個人投資家にとっては存在意義がかなり無くなってきていると思う、ネット証券ユーザの独り言です。

このブログで勉強させていただいて、現在マネックス証券で225投信、トヨタ・バンガード投信を積立ております。積立が大きくなったら内外ETFへ、リレー投資する予定です。H11より投資を始めましたが、試行錯誤してやっと投資方針が固まりました。
もっと早く気がつけばよっかた(^^;;
海外ETFのいいのが早く出てくれるの祈ってます。

国内で海外インデックスETF

国内ETFと言えば、野村でしょうが、その野村がS&P500とかに連動するETFを作ったとしても、SPYやIVVの信託報酬には勝てないのではと思いますがどうなんでしょうね。
信託報酬決めるのは野村ですから、せっかくETF作っても他の投資信託に影響の無い程度にS&P500連動で信託報酬0.8%とかで出してきたら微妙ですねぇ。

この記事の一番の笑いどころはコードが振れないってところですね。
(笑いどころじゃにですが)
本当に日本の証券市場システムのダメダメっぷりにはあきれます。

でも、せっかくなので国内運用会社がわけわかんないETFを組成してコードを浪費する前に外資系には全うなETFでコードを使い果たしちゃって欲しいですね。

>ハスキーさんへ

そうとも読めるかもしれませんね(^^;;

>スパイクさんへ

情報ありがとうございます。
証券取引所に物申すチャンス。
パブリックコメントを出してみようと思います。

>とりさんさんへ

危うし、国内証券取引所の存在意義。

>としちゃんさんへ

うちのブログが何かのお役に立ったのであれば幸いです(^^)
としちゃんさんの投資が成功されることをお祈りしております。

>野村ですさんへ

うわ、可能性ありそうなお話ですね。
もしS&P500連動ETFが信託報酬0.8%だったら、個人的には買わないです(^^ゞ

>世界のREITさん、千鳥足の投資家さん、m@さんへ

あまりにもしょぼい話ですよね。
コードが本質的なボトルネックになっているとは思えません。

利益が出ないがFinal Answerか

ETFを渋る最大の要因は利益が出ないからでしょうね。

仮にDIAやorQQQQ相当のETFを早期に上場したとしてどれだけの利益が望めるか?まず一部のマニアックな投資家が買う程度で、たいした利益は望めないと断言できます。需要があれば薄利多売というビジネスモデルもできるでしょうが、需要が無いのでそのビジネスモデルは難しいのとも思います。
商品が先か需要が先か・・・

低コストインデックス投信のSTAMシリーズの売り上げも大したことありませんし、セゾン投信も口座数や資産高は伸びているとは言え、まだまだ赤字で初期投資資金も回収できていないでしょうし、いつになったら回収できるのかも怪しいところです。購入者としては嬉しく買わせて貰ってますが、セゾン投信に出資していたら「そんな儲からないビジネスするな」と激怒しそうです。

ちょっと元記事とは違う話かもしれませんが、たしか昔S&P500のインデックスファンドがありましたよね。私が投資をはじめようとしてファンドを調べはじめたころ(たぶん2006年11月ごろ)に存在していることはわかったのですが、償還期間がせまっていたので投資しませんでしたが、あれは信託報酬どのくらいだったでしょうか。
すくなくとも低コストでこのようなファンドを設定してくれれば、小口定額投資やETFへのリレー用ファンドとして需要はあると思うのですけどね。
たしかUSなんたらーっていうファンドだったと思います。

効率的な市場において、超過プレミアムはなかなか存在しない。
もし、存在したとしても、他の人間がそれに気づき
すぐに参入するので、長くその利益を受け続けることはできない。

(だからこそアクティブではなく、インデックスファンドに投資しようという話にもなるのですが)

そんなマーケットにおいて当たり前のことを、
手数料の高い海外ファンド儲けていた証券会社自身が味わうはめになるってことなのかもしれませんね。

教育的な話です。

最後のホンネのところが、全てを物語ってますね。。。

自分たちじゃやりたくないけど、かといって海外から入ってこられても困る、と(汗)

あの分かりづらい日経の記事を
一言でズバッすばらしいですv-20

私自身は楽天の海外ETFで割と満足してます。
個人投資家の日本市場離れを自分の行動で実感しています。

毎月分配型ETF

日本の投資家はもっとETFの良さを知ってもらいたいと思います。
毎月分配型投資信託って言うと外国債券を組み込んでその国の市場金利以上に分配をして基準価額が下落している物を見かけますが、DIAを使えばこの問題は解決できます。
HYGも現時点では事実上毎月分配ですが、金利分を全て分配してしまうとインフレ分だけ基準価額の下落の可能性は出てくるかも知れません。
二重課税と確定申告の不便さから敬遠されがちですが、長期的な分配金成長を実データをDIAは確認できます。
ですから、長期投資家だけではなく、長期的な分配金成長をも実現したい投資家にも外国ETFは研究してみる価値はあると思います。

面倒だから・・・銀行が勧めるから・・・なんて言っていると結果的には金融機関の餌食になって結果的には「タコ配ファンド」を掴ませる可能性は高いので、本当に高い分配が欲しければ「自分で調べるぐらい苦労は買ってでもしろ!」を経験しないと本当に良い商品に出会えそうに無いと思います。

>吊られた男さんへ

利益が出ないがFinal Answerなら、国内運用会社は不満など言わずに、利益が出せる海外運用会社に譲るべきってことになります。
投資家からすれば、出来るところがやってくれれば、それでいいです。

>w3zero7さんへ

インデックスファンドUSA(日興)のことでしょうか。
もう償還されちゃったようですが、販売手数料2.1%&信託報酬0.546%で、販売手数料さえなければ…というファンドだったと思います。

>takeさんへ

ええ、実に教育的なお話だと思います(^^)

>こっそりさんへ

ちょっと言いすぎかなとも思いましたが、半分はエールのつもりです。

>はむはむさんへ

時間は待ってくれないので、僕も今ある選択肢の中からベターなもので投資するようにしています。

>タカちゃんさんへ

>>長期投資家だけではなく、長期的な分配金成長をも実現したい投資家にも外国ETFは研究してみる価値はあると思います

同感です。
分配金目的の海外ETFも、けっこういい商品が揃ってきていると思います。

個別株と同じ運命でしょうか

>利益が出ないがFinal Answerなら、国内運用会社は不満など言わずに、
>利益が出せる海外運用会社に譲るべきってことになります。
>投資家からすれば、出来るところがやってくれれば、それでいいです。

個人的にはネガティブなイメージで、かつて東証に外国企業の株が多数上場していたが、上場するのに手間は掛かるのにいざ上場すると売買高は低く「だったらNYに上場してればいいじゃん」と逃げられてしまった個別株と同じ末路を予感しています。
結局、国内運用会社でも海外運用会社でも、海外株連動のETFもあえて日本に上場する意義が無いというオチになり、下手すると上場してから数年で上場廃止という痛いオチになることを一番懸念しています。
私も買いたい商品ですが、ビジネスと考えたときには日本での商売は旨みが少なすぎる気がします。

海外企業のETFが日本で上場された後に撤退された場合など、どうなるんでしょう・・・

>吊られた男さんへ

同じような懸念は僕も持っています。
でも、ほとんどのネット証券で買うことができなかった、かつての東証外国部とは違う面があるのも事実だと思います。

繰り返しになりますが、ビジネスで儲からないと考えるのであれば、やらなければよいだけのことです。赤字を垂れ流してまでやれとは誰も言っていません。「やる」と意思表明をしている会社にエールを送っているだけです。

>>海外企業のETFが日本で上場された後に撤退された場合など、どうなるんでしょう・・・

今まで散々起きてきた、外国企業の東証からの撤退の場合が参考になるのではないでしょうか。
どうなったかは、ご自身でお調べいただければ幸いです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

本当に迷惑をこうむっているのは誰?

JUGEMテーマ:ビジネス もう既に幾つかのブログでリアクションのエントリが公開されています。 ETFで進むウィンブルドン化?~国内運用会社の不満 from 日経ヴェリタスonline:スクランブル (ちなみにこのリンク先をはてブしようと試みましたが上手くいき...

ETFで進むウィンブルドン化?~国内運用会社の不満

海外ETF上場が海外株式指数や商品指数と連動するETF組成に必要な法整備より海外ETF上場の法整備が咲きにされてしまうので、国内運用会社が不満があるとの記事が出てました。 知るかよ!!って言いたくなりますが、私的には以下の記事に一番興味が出ました。 {{{:

海外ETFの国内上場が先か、外国株のETF組入が先か

日経ヴェリタスOnlineに海外ETFの国内上場に関する興味深い記事が掲載された。記事によると、

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)