死ぬ前に「もっと仕事をすればよかった」という人はいない

本日の日経一面のコラム「働くニホン」にあった一文に目をひかれました。

某ベンチャー企業の副社長(31)が、米ハーバード大ビジネス・スクール留学中に、最新の経営手法と共にたたき込まれた教えだそうです。

死の床にある経営者たちに人生を振り返ってもらった。すると「もっと仕事をすればよかった」という人はいない。誰もが「家族や自分のために時間を使いたかった」と話す――。どんなに成功しても、自分なりの「働く意味」を見出せなければ幸せになれない。


また、コラムでは、経済学者ケインズのこんな言葉も紹介されていました。

生きるために働く必要がなくなった時、人は人生の目的を真剣に考えなければならなくなる


ビジネス・スクールの教授や経済学者が、「働く意味」「人生の目的」を語っていることが、とても興味深いです。
僕は早期リタイアを目指して資産運用していますが、早期リタイアについての書籍を読んだり、実践者にヒアリングしたりしている中で、どうやら経済面だけでなく「精神面」での準備も欠かせなさそうだということが分かってきました。

早く今の仕事からリタイアしたい。これは本音です。
さりとて、リタイアして、ぼーっとしたいだけでもない。これも本音です。
じゃあ、自分は何をやりたいのか?
何をやっている時がいちばん幸せなのか?
こればかりは、誰も教えてくれません。

しかしながら、幸い、経済面の準備は、インデックス投資で手間がかからないので、精神面での準備も、少しくらいなら時間は取れます。
悶々と考え続けてきて、おぼろげながら、その答えの輪郭が見えてきたような気もします。

両面とも、まだまだ先は長そうですが(^^ゞ
関連記事


  





コメント

日本人には、あまり「早期リタイア」型の有名人で
モデルになりそうな方って思い浮かばないですよね。
しいていえば、上岡竜太郎さんが、芸能界からばっさり引いちゃって
海外暮らししていることぐらいしか思いつきません...。

水瀬さんは、なにか日本人・外国人を問わず、早期リタイアの
モデルになっているような具体的人物はおられますか?

突然来ると、確かに!?

>早く今の仕事からリタイアしたい。これは本音です。
>さりとて、リタイアして、ぼーっとしたいだけでもない。
>これも本音です。

まさに、その渦中にいるWerder Bremenです(笑)。小生の場合、FI達成が突然来てしまった。特に、00、01年頃?から、退職した会社だけじゃないだろうけれども、日本の企業、程度の差こそあれ、利益、効率最優先でどんどん、殺伐としていった。美名のもと能力給制度導入で固定費削減。各種手当はカット。名ばかり管理職なんて、マクドだけじゃない。製造業も似たり寄ったり。小生の元職場、化学関連の危ない職場なのに、キャノンのように偽装請負で、派遣社員、パート(それも、化学の知識のない文系卒)に化学薬品を扱わせて仕事(化学実験等)していた。もうグチャグチャ。企業だけじゃなく、日本社会全体が崩壊して行くんだな、と薄々、本能的に感じ取ってた。資産運用して会社に頼らず生きていかなきゃ。そう思ってたら、案の定、拒否権発動に該当するような仕事が降ってきて、運良く、たまたま、最低限の経済的自立(FI)が達成されていたから、退社しちゃったけど・・・。取り敢えず、直ぐに、専門学校へ通いました、1年間。資格取って。さてと、次は?今、大石内蔵助が京都山科の山小屋に2,3年、燻っていたように・・・。人殺しはしませんよ、ご心配なく(笑)。今の心境は、

アウシュビッツを脱出したユダヤの囚人のように、’放心状態’(笑)。但し、一億円超の札束、リュックサックに詰めて、テクテク、シベリアの大地を、ナホトカ目指して歩いてる、って心境です(笑)。

天国と地獄が、予期せず、一気に、同時に、両方来てしまった。ジェットコースターに1日で10回連続で乗って、放心、平衡感覚を失った状態です。山小屋に、暫く、立て篭もります、内蔵助のように。落ち着いたら、異国の地、南方で?闘うか?何と?

ぼーっとしたくないんですか…。

ぼくはリタイアしたら、ぼーっとしたいです。そして毎日12時間は寝たいです。

 早期リタイヤについては、個人・夫婦・子持ちによってかなり変わりますよ。永瀬さんはまだお子さんがいないので、子供の成長が人生に大きく関わることを余り考えていないようですが、結構大きいです。
 ジョン・レノンがハウスハズバンドとして日々を過ごしていた時、息子の一言で又音楽活動を開始したことぐらい大きいです。夫婦だけの人生を考えているなら、それこそ奥さんと綿密に会話をしておかないと慌てますよ。
 

リタイアはするけれどライフワークは持ちたい

なんて夢のようなことを考えています。
今の仕事は好きなことと、無意味だと思うことが入り交じっていて、なおかつ効率化優先になって忙しくなるばかりのように思えてずっと続けなくてもいいかなと思います。リタイアして、やりたいことのいいとこ取りができれば最高ですが、現場を離れると腕や感性は鈍るでしょうね。
高校生の時から「高等遊民」にあこがれていました。生まれつきの資産家ではないので、自分でちゃんと働いて、でもよけいな贅沢はせず、人生の後半の何年かだけでも高等遊民の生活をしたいと思っています。(^^)

私は、心臓がちょっと悪いので、セミリタイヤしました。

心臓の場合突然死が多いので、幸せな死に方なのですが、
逆に「日々生きてるのがつらい」(体が思うように動かないのよ)。
「早くお迎えこねぇかなぁ」なんてどきどき思うことも。

「死ぬために生きている」ような人生ですが、セミリタイヤして
「死ぬのが怖くなくなりました」。

健康だけは、お金では買えないようです。

PS:
あの、「FI達成」って、どのような物ですか?
よろしかったら、教えてください。

経済的自由を手に入れた時の生き様は、私は内藤さんが言われている様にメリハリのついたお金の使い方をしたいなー。自分の好きなことには思いっきりお金おかけて行きたいです。大前さんが「日本人は死ぬときが一番お金持ちになる」といってますが、そうならないように人生楽しみながら資産設計していきたい。そのためにはインデックス投資が一番ゲームに勝てる方法だと思っております(~~)

納得できます!

ハークンさんの
>早期リタイヤについては、個人・夫婦・子持ちによって
>かなり変わりますよ。夫婦だけの人生を考えているなら、
>それこそ奥さんと綿密に会話をしておかないと慌てますよ。
家族状況が資産運用に及ぼす影響は大きいと思います。小生の場合、43歳、いい年して一人身、独身、おまけに、両親死別で、「守る者」は何もなし!だから、「死なば諸共」の精神で大相場が張れたのだと思っていますし、予想を上回るスピードでFI達成に至ったのだと思っています。これ、重要なファクターですね。因みに小生だけが、’風変わりな人間’かと思っていましたが結構いるようです(↓)。
http://nikkeimoney.jp/column/ranma/071205.html
野村総研のデータ、最近のメリルリンチの調査等から、日本に120~140万人程度、1億円以上の金融資産を保有している人がいるらしい。てことは、百人に一人の割合です。但し、分布には偏りがあるんでしょうね。港区六本木ヒルズとか世田谷区白金台とか芦屋市六麓荘とかに密集しているのでしょう。小生は、このどれにも該当せず、大阪府下の貧民街に住んでいます(笑)。

あづささんの
>今の仕事は好きなことと、無意味だと思うことが入り交じっていて、
>なおかつ効率化優先になって・・・
小生が辞めた会社だけじゃなく、多かれ少なかれ、日本中の企業、ギクシャクしてるんでしょうね。但し、「今の仕事は好きなことと」のくだり、この部分も、早期リタイヤした小生にも、今、まだ残っていて、「放心状態」の一因(全部ではないが)になっているのでしょう。小生の場合、あの時点で、給料が安い、高いの問題はなかった。唯一の問題は、「この仕事のやりがいは?」。これが、無ければ、1、2か月前、このブログの投稿欄で述べさせて頂いたように、上司の部長にむかって
「私の金融資産が1億円を超えました・・・」
の核弾頭付スカッドミサイルの発射ボタンを躊躇なく押し、この世の腐った、グチャ泥を地上からきれいに消し去るという、無情な所業にならざるを得ません。

論理を追求した果てには哲学がある、ってことでしょうか?

世の中で起こっている物事は、見方によってその価値が違ってきたりして、一度「自分の身近にある物事が面白い!」と思えると、やりたいことが山ほど出て楽しい人生になるはず、と信じて日々精進中です(笑)

「マズローの欲求段階説」によれば
1. 生理的欲求
2. 安全の欲求
3. 親和(所属愛)の欲求
4. 自我(自尊)の欲求
5. 自己実現の欲求
の順に下位の欲求が満たされる度に、より上位の欲求が来るらしいですが
「FI」達成は、5.の欲求の追及に入る前段階ってことなのかもしれませんね。

何とかそこまで行き着きたいものです。

経営者という仕事で成功を収めた部類の人が
死の床で家族を思うのはなんだかないものねだりな気もします。

>元町愛さん
Financial Independence、達成の略だと思われます。
経済的自律、何もしなくても金融資産からの収入で食べていける状況です。
ロバート・キヨサキ著『金持ち父さん貧乏父さん』などに魅力的に描いています。

早期リタイヤ

私は早期リタイヤをできる資産を持ちたいと思っています。
しかし、私は早期リタイヤをしたいとは思っていません。

何故なら早期リタイヤして、何をしたいのかが自分に無いからです。

人との関わり合いが無ければ、人は生きていけないと思います。
しかし今の生活で一番関わりあいを持っている、お客さまや家族にお役に立っているかというと、まだまだ(全然)ベストを尽くしていませんし、周りに助けて貰っているだけの人間のような気がしています。

私は子供がいますが、自分に子供がいてもいなくても、生き方は変わらないと思っています。自分が独身でも妻帯者でも妻帯子持ちでも、死ぬときは、自分一人です。
私が資産運用をしているのは、金銭的な面でまわりに迷惑をかけたくないという気持ちが大きいからです。
金銭的以外の面でご迷惑をお掛けする可能性があるかもしれませんから。それだけですね。

> じゃあ、自分は何をやりたいのか?

本を読んで、適度に運動して、時々映画を見て、時々外食して、
時々旅行する。あと、料理とか楽器とかやってみようかな。


> 何をやっている時がいちばん幸せなのか?

そりゃもちろん、本を読んでいて眠くなって昼寝してるとき
でしょう。至福のひとときです。(笑)


リタイアしてから何か始めるよりも、やりたいと思ったとき
に始めるのがよいかと。以下の本、参考になるかもしれません。
一番良くないのは、仕事を言い訳にして、先延ばしにすること
です。自慢話の羅列と感じる人もいるようですが、個的には、
結構、うなづけました。アラスカでオーロラをみながら犬ぞり
をやってみるとかどうですか?

やりたいことは全部やれ! (大前研一著,講談社)
ISBN-10: 4062750708 , ISBN-13: 978-4062750707

>世界のREITさんへ

特におりません。
リタイア後の生き方については十人十色であって、こればかりは、他人と比較したり真似したりすることではないと思っております。

>Werder Bremenさんへ

貴重な体験談、ありがとうございます。
やはり、リタイアにもそれなりに準備が必要だということですね。

>ガウスさんへ

それもいいんじゃないですか。
リタイア後は、したいことをするのが一番だと思います。

>ハークンさんへ

ご忠告ありがとうございます。
夫婦でいつも話し合っておりますので、大丈夫だと思います(^^ゞ
子どもができたらできたで、ライフプランを修正すればいいと思っています。

>あづささんへ

そう、ライフワークです!
それが必要なのだと思っています。
自分がやっていて幸せなことで、かつ、人さまのお役に立てることが理想です。

でも、「高等遊民」にもやっぱり憧れますね。

>元町愛さんへ

元町愛さんは既にセミリタイアされておられたんですか!?
今後とも、体験談などご教示いただけたら幸いです。

「健康だけは、お金では買えない」
肝に銘じたいと思います。

>としちゃんさんへ

メリハリのあるお金の使い方、理想的ですよね。
現実的には、僕の早期リタイア後は、今よりも質素な暮らしになると思います。
お金のかかる派手な楽しさとは違う楽しみも、見つけていくつもりです。

>こっそりさんへ

いやいや、哲学なんて高尚なもんじゃないですよ。
リタイア後、何して暮らすかという、とても現実的なお話です(^^;;

でも、こっそりさんの仰るような身近な楽しみ、見つけていきたいですね。

>takeさんへ

僕の早期リタイア思考は、もっとレベルが低いような気が…(笑)

>とりさんさんへ

それでよいのではないでしょうか。
やりたい人だけがやればいいと思います。

>ひろんさんへ

既に着々ですよ(^^)
なんと言っても、たった一度きりの自分の人生ですからね。

takeさん、「FI」の意味、を教えていただいてありがとうございます。

私は、「takeさん」の記事になるほどと思いもしますが、逆に「どうかな?」と思うこともあります。
逆に、「とりさん」の意見にどちらかというと、賛同する方です。

私は、思うのです。
早期リタイヤしたり、資本家と称してぶらぶらしている人は、
「夢破れた人」
なのではないかと。

わたしは、蒲田の経営者などに聞きますが、みなさん子供のころは、
「社長になりたい」なんて卒業文集に書いてる人はいませんでした。
巨人の王や長嶋、湯川博士なんかにあこがれていたようです。
(本田宗一郎なんてのもありましたが・・・多分経営者というより発明家としての憧れではないかと。)

水瀬さん、セミリタイヤしたといっても、家でじっとしてるので、
「リタイヤ後の生活」に関しては何の参考にもならないんです。
一日2時間ぐらいは働いていますが、その理由とかはリタイヤ理論(自己流)にもとずいています。
私は、リタイヤするにも理論があると思っています。
そのうち、お話しできる機会があると良いですね。
(理論展開って、大抵気まずく終わるんですけど。)

ずるい出だしだな

えーとですね、「○○すればよかった」なんて振り返る時点で「仕事」というのは出てこないでしょう。
仕事したがる人ってのは「まだやりたいこと、やらなきゃいけないことがたくさん残ってるんだ。ここで死んでられるか」なんですよ。手塚治虫とか。

どれかひとつ思いっきりできれば上出来

仕事を思いっきりできた人は、その次に大事だった家庭のことを思い残すかもしれないし、家族との充実した早期リタイアライフをおくれた人は、最期に人生を振り返ってもって仕事をしておいても良かったかなと思うのかもしれません。

どっちを選んでも少しは悔やむだろうなと思います。家族の看取り方でも、最期を家で過ごさせたかったと思ったり、できるだけの医療を受けさせたかったと思ったり、どちらを選んでも迷いはあるのだから、あなたがよかれと思って選んだものが正解だったと思いますよ。と答えることにしています。

たくさんの取捨選択の末にたどり着いた人生の最後にどんな感慨を持って自分の人生を振り返ることになるんだろう・・
ひとつは実現できたとして、思い残すものの優先順位にどんなものが並ぶのかとっても興味あります。

それとも、もっとワーク・ライフ・バランスを上手にとれる世の中だったら、早期リタイアなんて考えは出てこなくて、思い立ったときに長期休暇を計画的にとりながら、ずっと仕事を続けていくようになるのかしら。

ワタクシは阪神・淡路大震災の前からやりたいことがあって、そのための勉強もタラタラ継続してきて、それなりの人脈も友情の絆も築いてきて、昔から病弱で、面倒を看なければニンゲンがすたると思い込んでいた片親も世を去りましたが、足りないのが、エイヤッと職場を去って新天地に出るための資金だけなのです。おいしい餌(自分にとってだけの)を目の前に置かれて「待て」状態に置かれている宙ぶらりんの状態は、とてもとても辛い。
そうこうしているうちに記憶細胞はプチプチ切れていく、人も人生的事情を抱えて去る、徹夜でも何でもして打ち込めるだけの体力は低下していく、新天地がやや色褪せてくる…。焦ります。
したいことがないなんて人は、寄付する、恵んでやると思ってワタクシの未来に投資しなさい、なーーんてことはプライドがあるからたとえ親にも言いませんが(笑)。
 一度きりの人生、本当にちゃんと生きてみなきゃ甲斐がないじゃないか。でしょ?

早期リタイヤ…資産形成などに勤しみつつ、考えた事も無かったです。身に余るような大金を手に入れても、使い道も思いつかないし、逆に犯罪に巻き込まれる事などを考えて不安になるかもしれない。けど、今、投資をしているのは、日本国の30年後が明るい物ではないと確信しており、不安だからだと思う。結局のところ、私のような小物は資産形成が上手くいこういくまいが、生涯漠然とした不安に苛まれ続けるのだと思います。

とりあえず、今は休日にS2000で風になることが出来るだけで充足していますが…その後は…。所帯を持つか否かでかなり変わってくるとは思いますが、それも何か想像できないです。社会人になってからはロクにやっていないルアー釣りでも再開するかな?早期リタイヤの芽があるなら、一生モノの趣味は絶対必要でしょうね。

>元町愛さんへ

そのうちお願いいたします<(_ _)>

>アルビレオ師匠へ

さすが米ハーバード大ビジネス・スクール。
プレゼン上手ってところですか?

>あづささんへ

>>どれかひとつ思いっきりできれば上出来

そうですね。
好きなことに思いっきり打ち込みたいです。

>nancixさんへ

インデックス投資による資金作りは、じっくりにならざるを得ません。
せめて、頭のほうはキビキビしていたいです。
(実際はダメダメですが…)

>柑橘の国人さんへ

おっ、ルアーフィッシングやられるのですか。僕も大好きです。
ウェーダーを着て、湖に入ってロッドを振っていると、無心になれます。
一生モノの趣味、大切にしたいですね。

「くやしい。オレにはやり残したことがありすぎる」
あれだけの漫画を書いた後に、手塚治虫は病床でこう言ったそうですね。
おそらくたどり着けない領域ではありますが、憧れます。

>元町愛さん
早期リタイアにはいろいろな考え方があります。
夢破れた人、と定義する必要はないのではないでしょうか。
夢を追える人、でもいい。

ただ、僕の場合を言えば、早期リタイアを考えているわけではありません。
やりたい事が見つかったら、すぐにでも仕事をやめられる。
それでも家族を守れるだけの力が金融資産にある。
そうした「自由」が欲しいなと思います。
必ずしも「FI」じゃなくても、「給料が減っても平気」
というだけでその時やりたい仕事への転職も視野に入れられますし、かなりの意味があります。

いまのところ、定年後も働いていたいなぁと思ってるんですが、それは僕が若造で、仕事の本当の厳しさを知らないだけなのかもしれません。

投資経験は3年ほど、金融資産もスズメの涙なので働くしかないんですけどね。

これも理解できる!

>必ずしも「FI」じゃなくても、「給料が減っても平気」
>というだけでその時やりたい仕事への転職も視野に入れられますし、
>かなりの意味があります。

takeさんの書いていること、小生も考えていたんです!外国、それも発展途上国。当然、日本の給与水準を考えれば、1/5とか。その国で暮らすのには問題なし。但し、日本で住宅ローンが残っていたり、その国に永住せずいつかは日本へ帰る。その国でいくら稼いで貯金しても、帰国後、生活が成り立たない。
FI達成していれば、日本に置いていた’金’を働かせて、帰国後も問題なし。現地滞在中は、現地の安い給料だけで生活する。

こんな選択、通常の日本人じゃ無理だけど、FI達成すればあり!?

>「給料が減っても平気」

給料の多寡が問題でなくなる。FI達成度によっては、「タダ」でも構わない!意義があれば、例えば、JICAボランティアのタダ働きでも構わないという「通常では無理!」な選択も視野に入ってきます。

>takeさんへ

定年後も働いていたいなんて、えらい!!
尊敬しますよ(^^)

>Werder Bremenさんへ

FI達成後は、実際にリタイアしなくても、働くことの意味・意義が大きく変わるのでしょうね。

仕事があるほうが、生活に軸ができるから楽しいと思うだけで
偉いことではないです。(^^;
あくまで「今のところは」環境に恵まれてるだけなんで、
4月のの配置換えですぐにやめたいって言い出すかもしれませんしね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

バフェットの言葉

 先日録画した「ゲイツとバフェット」を観ました。日本語の吹き替えのせいか、ビル・ゲイツは真面目な青年、バフェットはおどけたおっちゃ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)