円高ですが外貨預金だけはやめておいたほうがいい

水瀬ケンイチ

円高進行で個人マネーが外貨預金に流れているらしいですが、外貨預金だけはやめた方がいいです(珍しく断言)。

【NIKKEI NET 2008/03/17より引用】
進む円高、個人マネー外貨預金へ・米ドル建て、残高増
 外貨預金に資金が流入している。外国為替市場では米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題をきっかけに昨夏以降、円が対ドルで上昇。外貨が割安になり、個人の投資意欲が高まったためだ。金融機関も低迷していた外貨預金の獲得に再び力を入れ始めた。

 円相場は今月13日、12年ぶりに1ドル=100円の大台を突破。ここへきて円高・ドル安が一段と進み、一時98円台で取引された。円が高い今のうちに、割安になった外貨で運用しようとする個人が増えている。
【引用おわり】

個人投資家が外貨に投資する主な手段としては、外貨預金、外貨MMF、外国為替証拠金取引(FX)の3つがあります。
そのなかで、最も粗悪なのが外貨預金です。
ネット銀行の一部にはまあ許容範囲かと思われる外貨預金もあるのですが、特にメガバンクの外貨預金は最悪です。

理由は、単純明快。


同じ外貨投資商品のなかで、最もコストが高いからです。

外貨預金が粗悪商品だということは、かなり昔から、書籍やWEBサイト等あちこちで指摘されているのですが、いざ為替相場が円高になってみると、ゾンビのように復活してくるので不思議です。
「えっ、そうなの!?」と思ったかたは、以前の記事をご参照のこと。(2005年の記事ですよ)
(関連記事)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-67.html
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ