「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」(橘玲著)は難しいけどおもしろい

水瀬ケンイチ

「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」(橘玲著)を読みました。
これは、筆者も言っているように「臆病者のための株入門」の上級者版です。
難しいけれど、すごくおもしろい!

447800384X黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
橘 玲
ダイヤモンド社 2008-03-07

by G-Tools

「経済学的に正しい投資法」としてのインデックス投資から始まり、エマージング投資、FX、ヘッジファンド、タックスヘイヴン、節税のための海外暮らしなど、最近話題のテーマを盛り込んだ、ぜいたくな作りになっています。
それぞれのテーマを、ある時は論理的に、ある時は文学作品のような香りを漂わせ、はたまたある時はマンガに例えてコミカルに見せたりして、読者をどんどん引き込んでいきます。



ただ、内容的にはかなり高度なので、分かりやすい入門書とは言えません。
でも、ある程度の投資知識を持っているかたにとっては、すごくおもしろいと思います。
投資情報としてだけでなく、読み物としても秀逸です。
まったく、あのおもしろくも何ともない投資理論を、どうやったら、あんなに楽しく読ませることができるようになるのでしょうか。
いちブロガーとして、文章の書き方についても勉強になりました。

先物やらオプションやらいろいろ話は出てきますが、結論的には、海外ETFのIVV(SPY)+EFA+EEMという投資法がいちばんよさそうです。
楽しみながら、自分の投資法に自信がついた一冊でした。
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ