銀行で投資する人って、投資の勉強しているんですか?(追伸)

水瀬ケンイチ

僕は、何故銀行での投資が増えているのか、まったくもって分かりませんでした。誰しもおカネを儲けるために投資するはずなのに、あえて儲けの少ないところで投資をする。投資の勉強をしてないとしか思えないが、そんなに不勉強な人が多いとも思えない……と頭を抱えていたところ、記事に対するコメントをいただきました。(フランクさま、ありがとうございました)

【以下、フランクさんからのコメントより引用】
「よく調査されて記事にしましたねぇ。感服!!
確かにそうなんです。手数料の違いはどうしょうもありません。小生、訳の分からない時、最初の1本だけ銀行で買い入れました。その後は大手、準大手証券会社から購入しております。ほぼ購入し終わってからネット証券の手数料がノーロードまたは安いということを知って悔しかったのですが、よくよく調べてみると、小生が購入したファンドのほとんどがネット証券で扱っていない商品だったので納得できました。
我々の年代(団塊)以上の人たちは、ネットを使えといっても無理な人は無理なんです。人に聞けといっても、それすら面倒がって聞かないのです。この気持ち、私には分かります。ある程度の年代にならないと理解できないのかも知れません。
つまり、銀行が手っ取り早いのです。要は手数料の高くても、金融商品に関して勉強しなくてもよいという楽さ加減の方を選んでしまうのです。たとえネット証券が安いと分かっていても、銀行にその商品あれば少々手数料を払ってもかまわないと大半の人は思っているのです。そういう年代だと私は思っています。反面、元本割れなどが生じると、先頭だって文句を言うのもこの年代かも知れませんね。
ただ、いつまでも高い手数料を維持するのは難しいと思います。団塊世代までは何とか銀行も潤うでしょうが、それ以降の年代になると、水瀬さんのおっしゃるような考え方の人が大半になり、銀行自体がその対応を迫られるでしょう。・・・と思っています。
しかし、金融商品の勉強を始めてから、改めて金融機関の手数料の高さを痛感しています。」
【引用終わり】

もし、団塊世代のみなさんが上記コメントをご覧になっていたら、どう思われたでしょうか。それでも、銀行で投資を続けるのでしょうか。最後に、僭越ながら応援メッセージを述べさせていただき、終わりたいと思います。

団塊世代のみなさんへ


日本がここまで発展できたのは、あなたがたのおかげです。
あなたは、会社のために、あれだけ長時間の仕事をしてきたじゃありませんか。
あなたは、会社のために、あれだけ難しい問題を解決してきたじゃないですか。
あなたは、会社のために、あれだけ「コスト削減」と言ってきたじゃありませんか。
あなたは、会社をあれだけ儲けさせてきたじゃないですか。
その1%でいいので、努力してみてもいいじゃないですか!今度は、自分のために!
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ