公的年金、物価連動国債で運用――インフレに備え

水瀬ケンイチ

公的年金が、いよいよインフレに備えだしたようです。

【NIKKEI NET 2008/04/13より引用】
公的年金、物価連動国債で運用――インフレに備え
 公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2009年度にも物価上昇による資産目減りを回避するための投資を始める。消費者物価指数(CPI)が上がれば元本や利子が増える物価連動国債での運用や、原油などの高騰で恩恵を受ける資源関連株への重点投資を検討する。物価に上昇圧力がかかるなかで、インフレに強い資産を持つことで運用利回りの向上を目指す。

 GPIFは厚生労働省の委託を受けて、約150兆円の公的年金積立金のうち92兆円(昨年12月末時点)を国内外の株式や債券で市場運用している。うち国内債券は53兆円。この一部を物価連動国債に配分する方向で検討に入った。投資額は今後詰めるが、物価連動国債の市場規模は約7兆円のため、市場に影響を与えすぎないように数百億―数千億円程度になりそうだ。海外の物価連動国債に投資することも選択肢となる。
【引用おわり】

ながらくデフレだった日本にも、インフレの足音が聞こえてきました。

大騒ぎされているガソリンだけでなく、パンやトイレットペーパーなどの生活必需品の値上がり(個人的にはビールの値上げが痛い…)が実感される今日この頃。
今のところ消費者物価指数に目だった上昇は見られませんが、これは指数の出し方にカラクリがあるからで、生活実感的には物価は上昇しはじめているような気がします。

公的年金が、インフレへの備えをはじめたことが、何よりの証拠です。



物価が上昇すると、現金の価値は下落します。
物価連動債がいいかどうかは別にして、少なくとも、預貯金だけの運用は、いよいよお尻に火がつき始めたような気がします。

(とはいえ、昨今の円高株安で既に全身大火傷を負っている人がここにいますが…笑)

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ