政府、16日にも英ファンドに中止勧告・Jパワー株買い増し

水瀬ケンイチ

英ファンドに対して、政府が「この株は買っちゃダメ」と勧告するそうです。

【NIKKEI NET 2008/04/16より引用】
政府、16日にも英ファンドに中止勧告・Jパワー株買い増し
 政府は16日にも英投資ファンド、ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)に対し、Jパワー(電源開発)株の買い増しの中止・変更を勧告する方針を固めた。関税・外国為替等審議会(外為審)が15日、「公の秩序の維持が妨げられるおそれがある」との意見をまとめたためで、外国為替及び外国貿易法(外為法)に基づく勧告に初めて踏み切る。

 今後はTCIが勧告を受け入れるか、勧告を拒否したうえで株買い増しの中止・変更命令を受けるかが焦点となる。
【引用おわり】

断られた英ファンドは思うでしょう。

「へ?じゃあ、何で取引所に上場してるの?」

電源開発が、株主によって「公の秩序の維持が妨げられるおそれがある」会社なら、最初から上場させないのが筋であって、上場しているからには、誰でもその株を売買できなければフェアじゃないと思ってしまいます。



外国人だから気に入らないのか、ファンドの投資方針が気に入らないのかよく分かりませんが、政府がダメ出しをするくらいだから、よほどの理由があるのでしょう。
しかし、各国の政府系ファンドやオイルマネーが存在感を増している中、今後も政府のダメ出しが続出するようでは、日本の株式市場がそっぽを向かれてしまわないかちょっと心配です。
(既にそっぽを向かれているという噂もありますが…)

いろいろと事情はあるのでしょうが、市場はできる限りフェアな場所であってほしいと思います。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ