ゴールデンウィーク早期リタイア考(その2) 地に足の着いた早期リタイア本

早期リタイア、アーリーリタイア、ハッピーリタイア、セミリタイア……本屋に行くと魅力的なタイトルが付いた本がたくさん売られています。

ひととおり目を通すようにしているのですが、株で○億円大儲けとか、不動産投資で月○百万円とか、情報起業でセミリタイアとか、どれも儲ける部分に主眼が置かれていて、かつ、どこか現実離れした成功本だったりして、個人的にしっくり来ないものが多いです。

僕が探しているのは、もっと地に足の着いた、リアリティがある考え方やノウハウが書かれたリタイア本です。 例えば、先日ご紹介した「人生後半戦のポートフォリオ」(水木楊著)がそうであったように。
今回は、僕が今まで読んできたなかでいちばん参考になった早期リタイア本をご紹介します。

働かないって、ワクワクしない?
ヴォイス
アーニー・J. ゼリンスキー(著)Ernie J. Zelinski(原著)三橋 由希子(翻訳)
発売日:2003-09-01
おすすめ度:4.5

もう何回読み返したか分かりません。
タイトルと表紙はお気楽な感じに見えますが、中身は非常に真面目な人生訓です。
筆者は、別に怠惰になることをすすめているのではなく、「自由な時間」の使い方を見直そう、より多くのお金を稼ぐことより自分のために時間を使おう、とすすめています。

前半では、ものの見方が生き方を変える、仕事人間は奴隷と同じ、あまり働かないことは健康にいい、とリタイア生活の良さを説いてきます。
しかし、すぐにリタイアしたら誰でもハッピーになれるかと言ったらそうではなく、リタイアにも準備が必要だといいます。何の準備もなくリタイアした後、すぐに病気になったり亡くなったりしてしまう人もいるそうです。

後半では、リタイア準備のための様々なテストやノウハウが紹介されています。
ノウハウはたくさんありますが、受身ではなく能動的に時間を使うという考え方と、「今を生きよ」という禅の教えにも通じる自然体の考え方が柱になっているように思います。まさに、「クリエイティブな人生を送る人は自然体」というわけです。

もちろん、これらはリタイアするための考え方なのですが、それだけでなく僕たち働いている者にとっても、自分の働き方を見直すのにおおいに役立つ考え方だと思います。

話は変わりますが、僕の友人で朝から晩まで休みもなくがむしゃらに働いていたハードワーカーがいたのですが、2年前、事故で生死をさまよう大怪我を負ってしまいました。
かろうじて生還した彼が、入院中の病室でつぶやいた言葉が、この本を読んでいると思い出されるのです。

「生死をさまよって、生きている意味を考えた。好きなことをやらない人生なんて意味がない」

なお、本書でも、生活するのにお金が1円もいらないとは言っていません。ただ、リラックスした優雅な生活に大金はいらない、そう言っているのです。タイトルだけ見て、本書をニートのすすめだなどと勘違いされないよう、お願いいたします。


<お願い>
早期リタイアの是非については、賛否両論あろうかと思いますが、いち個人の戯言だと思って、ご笑覧いただければ幸いです。
関連記事


  





コメント

私がお世話になってる税理士さんに、あなたみたいにもっと儲けるにはどうすればいいの?と質問したときのアドバイスですが、徳川家康は家来からもっと領地をくれ言った時に「分をわきまえろ」諭したと言われてます。あまり高望みするのではなく現状で満足して楽しく生活する事が大切だと思います。投資も高望みしてポートフォリオを崩すとひどい目にあったりします。(><)

この本、面白そうですね。私も読んでみようと思います。ひたすら頑張って経済的な余裕を得ても、人生が楽しめなければ何の意味もないですから・・・。

それと、事故にあわれた友人の方の台詞と同じような事は、私も時々考えます。昔読んだスティーブ・ジョブスのスピーチでも同じような事を言っていました。35歳でそろそろ人生の折り返し地点に到着しつつあり、自分が本当にやりたい事がなんなのか自覚すべき年齢になってきたように感じます。

自分の人生は自分で生きたいものです。

リタイアして「何をするか」が重要です。
「人生後半戦・・・」買いました。今回の本も注文する予定です。

好きなこと探しでは「ソース」という本がおススメです。

本当に好きなこと・・・

生きていく上で自分の価値観をしっかり持つ訓練を付けていかないとリタイヤ後の人生がぶれそうですね。
 我家は自営(職人)なので定年は自分で決められます。多分規模を縮小して仕事はズート続けていくでしょう。息子に後を継いでもらおうとも思わないですし、仕事を通して生甲斐や人との繋がりもありスポーツをするより仕事で身体を動かす方が性に合っているので健康の為にもいいんじゃないかと(笑)。
 小規模共済・401h(個人)・インデックス投資 をコツコツ積み上げているので地味に真面目に続けるだけですね。
 セミリタイヤ後に思う存分したいのはレーシングカートに各地を見て回る旅行ぐらいかな。
いろいろ考えてみると仕事で土日がないのですが、毎日家族で夕飯を食べる時間があり、同じ部屋で夫婦子供と寝ていられる今を気に入ってるんですね。水槽の金魚を見ているだけで気晴らしになるし。(あっ、セミリタイヤしたら鯉を買いたい!)
 ゴールデンウィーク中に考える楽しみが出来ました。(と、言っても休みは6日のみなのですが)いつもながら、永瀬さん、良いブログをありがとう!

10年前にゼリンスキーの本読みました。

10年前にゼリンスキーの『働かないことの勧め』を読みました。自分のほしいものはなにか、幸福とは何かを考えさせられました。読んだあとはアドバイスにしたがい実行にうつすことが必須です。
私の場合は、今は会社を5時で帰り、休暇を1年で18日消化し、結果、自己啓発、勉強の時間が著しく増加しました。長時間労働から解放さた生活には青い鳥がいました。ハンドルネームもリラックスした生き方をくまのぷーさんに手本もとめ『ぷーさん』をなのって5年になります。
投資の面では、2年前に日本株をすべて売り、外国株ファンドに投資し、昨年は1年間の投資収益が給料ボーナスの総額を逆転しています。
しばらくは自己研鑽をつんで、その後会社を退職し、投資、経済、福祉の面で社会貢献することを計画しています。

面白そうな本ですね。早速、注文しました。

ところで、私が financial independence という考え方を
知ったのは、もう20年以上前になりますが、講談社現代新書
の「知的生活の方法」・「続知的生活の方法」渡部昇一著を
読んだときです。この中で、ウォルター・スコットを例に、
しなくてもいい事・やりたくない事を、しないで、自分の
やりたい事をやるには、financial independence(経済的自立)
が、必要だ、と説いています。うん、その通りだ... と思った
のですが、具体的に、どうやったら、financial independence
を達成できるのかは、書いてなかった。(書斎の話は、いつか
は、こんな書斎が欲しいものだと思いました、というか今でも
思っている。)以来、いつかは、financial independence を、
と "漠然" と思っていました。

で、具体的に、一歩を踏み出すきっかけになったのが、木村剛
の「投資戦略の発想法」でした。この本に書いてある参考書籍
を(勿論「ウォール街のランダムウォーカー」も)取り寄せ、
実際に証券会社に足を運んで、口座を開き、株を買ってみました。
それが、スタートでしたね。

あと、ご存知かもしれませんが、本多静六の「私の財産告白」
も良書だと思います。収入の 1/4を(機械的に)天引き貯金し、
投資で増やし、財を成した学者(経済学ではなく林学)の告白本?
です。

早期リタイア、とても興味深いライフスタイルだと思っています。

所で、金融資産がどれ位貯まったところで、提示されている生活へ移行されるおつもりでしょうか?

自身のスペックや外部環境にも寄るのでしょうが、都内に住み、30代既婚でどの程度の試算をされているのでしょう?

ざっと1億円くらいですかねえー?

コメントありがとうございます

>としちゃんさんへ

税理士さん、いいこと言いますね。
「足るを知る」という感じでしょうか。


>Itoさんへ

Itoさんには、特にオススメだと思います。
きっと、生きていくのが少し楽になりますよ。


>レバレッジ君さんへ

自分が好きなことは、実はもう分かっています。
ここでは内緒ですが(^^ゞ

でも、ご紹介いただいた「ソース」、注文しました。
Amazonの書評も良いようですし、はやく読んでみたいです。


>ハークンさんへ

ご自分で仕事の量を調節していけるのが、自営業のうらやましいところです。もちろん、その分大変なことも多いのだと思いますが。

小規模共済・401k・インデックス投資、全てやられて自営メリットフル活用ですね!
運用がうまくいかれることをお祈りしております。

(おまけ)
どーでもいーことですが、永瀬(ながせ)じゃなくて、水瀬(みなせ)です…(^^;


>ぷーさんさんへ

10年前から本を書かれているかたなんですね。
知りませんでした。
この本を読んで4年くらいですが、僕も計画を着々と実行中です。


>ひろんさんへ

「知的生活の方法」は、梅田望夫氏の「ウェブ時代をゆく」のなかで出てきた覚えがあります。「知的生活とは絶えず本を買い続ける生活である」みたいなことが書いてあったような…。
financial independenceについても書いてあったんですね。

「投資戦略の発想法」も良書ですね。「ポートフォリオの中核は仕事だ!」という言葉が鮮烈でした。
「私の財産告白」、機会があったらぜひ読んでみたいと思います。

良書のご紹介、ありがとうございました。


>AZさんへ

そんなもんですかねえー。
詳しいことはブログでは書けません。申し訳ありません(^^ゞ

もしや、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの宣伝力では・・・

2年ほど前からの読者です。
いつも勝手に楽しませてもらい、勉強させてもらってます。
水瀬さんとは、メール・アンケート・mixiなどで数回コミュニケーションをとったことはありましたが、このコメント欄へのコメントは初めてです。

偶然かもしれませんが、早速『働かないって、ワクワクしない?』を楽天ブックスで注文したところ、「在庫あり」の表示だったのに、発注後に「在庫切れです・・・取り寄せになります・・・」とのメールが着ました。

ひょっとして、このブログでの宣伝力ではないかと思ってしまいました。実際ありえる話かも。。。

コメントありがとうございます

>虫とり小僧さんへ

偶然でしょー(^^;;
やはり、本に人気があるんじゃないですかね。

ごめんなさい

 「水瀬」さんですよね!名前を間違えるなんて本当にごめんなさい。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

理想の人生

相互リンクしている水瀬ケンイチさんの「ゴールデンウィーク早期リタイア考」というシリーズ記事が面白かった。 このGWは、久しぶりの長期休...

『働かないって、ワクワクしない?』

 水瀬さんが「ゴールデンウィーク早期リタイア考(その2) 地に足の着いた早期リタイア本」というエントリでお薦めされていた本を読んでみま...

働かないって、ワクワクしない?

私はアーリーリタイヤをしたいと思っている。 正確に言えば、リタイヤができるだけの経済状況を構築したい。職場に媚びたくない。給料の心配をしたくない。でも働き続けたい。 つまり、経済状況はアーリーリタイヤ可能。でも働いている。そんな状態が理想。 リタイヤを...

働かないって、ワクワクしない?

『梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー』 の水瀬熟読のおすすめ本にも紹介されている 「働かないって、ワクワクしない?」 を読みました!...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)