ゴールデンウィーク早期リタイア考(その4) 早期リタイア実践者たちに学ぶ

前回までの記事(その2その3)で、早期リタイアに関連する書籍を紹介させていただきましたが、次はどうしても、実際に早期リタイアされた先輩の「生の声」が聞きたくなります。

しかし、リアルではもちろん、ネットでも早期リタイア実践者はなかなか見つかりません。
ネットで早期リタイアと検索すると、関連ページが出てくることは出てくるのですが、情報商材の販売ページだったり、本当かどうか疑わしいページだったり、どうも信頼できないものが多いような気がします。
なので、運良く信頼できるものが見つかると、できる限りコミュニケーションを取って勉強させていただくようにしています。

まず、リアルでは、友人のW君が早期リタイア実践者でした。
(訳あって現在はまた働きはじめたようですが)
ネットでは、相互リンクブログ「フランクの ~早期退職~ ビフォー・アフター」のフランクさんが早期リタイア実践者、「PALCOMの海外投資塾」のPALCOMさんが2008年中のセミリタイアを宣言されています。
また、コメント常連さんのWerder Bremenさんが早期リタイア実践者でいらっしゃいます。
あと、意外なところで、TFMのラジオ番組「Suntory Saturday Wating Bar "AVANTI"」の昔の放送でアーリー・リタイア特集があり、細川元首相の体験談などを、たまに振り返って読んでます。

早期リタイア実践者(経験者)の皆さんの、当時のリタイア実現方法を、公開されている貴重な記事やコメントを参考に、水瀬の独断と偏見で勝手に分析させていただきました。
それではどうぞ。
(公開記事等をもとにして書いておりますが、間違いや失礼がありましたらご連絡ください。すぐに対処いたします)

○ フランクさんの早期リタイア実現方法を見てみる

・4つの個人年金(当時の年利9%)
・ビッグ(当時の年利4~5%前後)
・財形貯蓄・公社債投信の積み立て

バブル時代の恩恵をフル活用した形だと思います。
ただし、当時は、外車に海外旅行にとイケイケ(死後)の浮かれた消費時代であり、そんななかでの個人年金やビッグなどの長期貯蓄型商品の選択は、ある意味、勇気ある行動だったのではないかと想像します。
年利9%を約束してしまった保険会社は、その後逆ザヤに苦しみ、いくつかの生保は破綻し、残った保険会社でもその後の個人年金商品の利率は大きく下げられ、現在ではすっかり魅力がなくなってしまいました。
その時々で、どうすれば早期リタイアできるかを真剣に考えた末の、思慮深い投資行動が早期リタイアにつながったのだと思われます。

※参考情報
http://frank05.blog21.fc2.com/blog-entry-34.html
http://frank05.blog21.fc2.com/blog-entry-35.html
http://frank05.blog21.fc2.com/blog-entry-36.html
http://frank05.blog21.fc2.com/blog-entry-37.html
http://frank05.blog21.fc2.com/blog-entry-40.html


○ PALCOMさんのセミリタイア実現方法を見てみる

・事業所得(資産運用支援サービス事業のようです)
・投資所得(ポートフォリオは、先進国株式6.39% エマージング株式29.76% 先進国債券1.27% エマージング債券6.87% 資源株6.12% 生命保険証券6.43% 資産担保証券8.03% 預金35.12% ※2007年1月現在)
・上記2つの所得で月100万円

投資所得だけでなく、事業所得とセットであるところががポイントだと思われます。
おそらく、ご自分の手がかからないビジネスモデルの構築に成功されたのだと思います。
その分、投資所得のポートフォリオは、エマージング比率が高くハイリスクになっていますが、事業所得という基盤がある上での「アップショット」だったのではないかと推測します。
複数の収入の流れを、手間暇かけなくてよい形で完成させたことが、成功の要因ではないかと思われます。

※参考情報
http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-56.html
http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-88.html
http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-364.html
http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-368.html
http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-371.html
http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-372.html
http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-379.html


○ Werder Bremenさんの早期リタイア実現方法を見てみる

・大暴落時の個別株集中投資 日本株カテゴリー内のみでの分散投資
・ゼロクーポン債
・養老保険
※ご本人からのお申し出により一部修正(2008/05/06 10:45)

大暴落時(911など)での、思い切った投資が成功した例だと思います。
大きなリスクを取った見返りということができると思います。ただ、語弊を覚悟で言えば、運も味方したという面もあるのではないかと思います。
一歩間違えれば資産の大半を溶かしてしまいかねない大勝負であり、小心者の僕にはとても真似のできない荒技だと思います。その勇気には脱帽です。

※参考情報
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-430.html#comment_list


○ W君の早期リタイア実現方法を見てみる

・個別株運用のミラクル(詳細不明)
・極限まで切り詰めた生活(月10万円以下)

あ~なんというか、彼の場合は「特殊」なので、よい子はマネしないように(笑)

※参考記事
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-466.html
(この記事に他の複数記事へのリンクがあります)


実践者(あるいは経験者)の皆さんの貴重な体験談を見るにつけ、早期リタイアの実現方法は、本当に様々だなと思います。
早期リタイアの定石があるわけではないので、時代の流れ、ご自分の能力、性格などを勘案し、考えに考え、果敢に行動した結果、ようやく実現できたのだと思います。様々なのも当然です。
上記は公開されていた方法というだけで、それ以外にもいろいろと努力されていたのかもしれません。少なくとも言えることは、ただサラリーマンとして普通に働いているだけでは実現できなかったであろうということです。

これらの貴重な体験談を、どう自分の人生に活かしていくかは、本人次第だと思います。


<お願い>
・繰り返しますが、「当時の」リタイア実現方法ですので、今そのまま真似してもうまくいかないと思われます。ご注意ください。
・早期リタイアの是非については、賛否両論あろうかと思いますが、いち個人の戯言だと思って、ご笑覧いただければ幸いです。
関連記事


  





コメント

ワイド

私が持っていたのは高金利時代にワイド(年7.2%)と定額貯金(年6.33%)でした。
どちらも成功しましたが、その後は低金利続きで厳しくなりました。
その後では郵貯コロガシもやりましたが、年1.2%じゃ増えないです。

その後は株式投資もやりますが、「ウォール街のランダムウォーカー」にたどり着いたのは2004年でした。
但し、その当時の投資環境は今のように良い訳ではなかったです。
事実上、楽天証券が外国ETFの取扱いを開始した時がアクティブ運用からインデックス運用への大きな転換点になりました。
確かに、日本株は配当成長と配当控除が大きいのに加えて特定口座源泉ありが使えるので便利なのですが、日本株インデックスが上昇しなければ株価は長期トレンドでの上昇は見込めません。
せめて「ダウ工業株30種平均」をインデックスで買えれば・・・と思っていた所に、楽天証券はやってくれました。

これからは元本と配当の両方を成長させるETFを思いっきり買って、将来の年金の足しにしたいと考えています。
目標は60歳でリタイヤを目指す運用を考えています。

>極限まで切り詰めた生活(月10万円以下)
これは私もやっていて、現在の床屋代は月700円、携帯電話代は年8500円、更に毎年落とせるコストを検討してコスト削減に取り組んでいます。
今度は、駐輪場代、定期代を効率化する事で年間6万円以上を削減する計画です。
例えば、JRの場合は乗車券を分割すると安くなるケースがあるので、その区間を定期や回数券で分割購入してコストを削減します。
これで浮いたお金は当然、外国ETFの購入に充てればそれだけリタイヤを早める事も可能になると思います。

私の、(セミ)リタイヤのきっかけは不動産・賃貸所得でした。

1992年ごろだったかなぁ。
社会保険庁のシステムを作っている会社にいたのですが、会社に自分の能力以上のものを求められて、長続きしませんでした。
(ちなみに、今年社会保険庁から封書が来たので確認すると、その会社の年金記録がすべて消えていました。)
(ひどい会社もあったものです)

会社を辞めたので、何か収入がほしいと思っていたときに、母が賃貸不動産物件を近所の不動産屋から見つけてきました。
私の妹の新居を探しているときに、見つけたようです。

ローンを組んで購入しました。
毎月のキャッシュフローはありましたが、微々たるもので、それで生活できるといったものではありませんでした。
7年後、店子が出て行ってしまいキャッシュフローが下がりました。
そこで、売却して別の物件に買い換えたらあら不思議、ローンが殆どなしで購入できました。
毎月の返済が少なくなったので、会社勤めしなくても生活できるようになりました。

そんな感じで、現在に至っています。
私の場合、「運」がすべてといえます。
会社を辞めたこと、これが一番大きい要素でした。
労働による毎月のインカムゲインがなくなったため、代替のインカムゲインを探していたところに、そのソリューションがひょっこり現れた、といったところでしょうか。

ちなみに、キャピタルゲインを主とする株式投資は現在のところすべて失敗に終わっていて(といっても現在進行形ですが)、リタイヤになんら貢献していません(泣)。

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン

個別株集中投資→この表現だと、例えば、所持金全部をベンチャー企業、一社に投資してドボンの雰囲気が(笑)。日本株カテゴリー内のみでの分散投資(最盛時30銘柄?)のほうが好ましいかも。
それと、ゼロクーポン債は最初の頃、試験的に少額でした。ゼロクーポン債の寄与は総額から見れば殆ど無視できる。

99~03年頃の仕込み期間(黎明期)は、実質的に、日本株(東証1部大型株中心)>安全資産系(定期預金、簡保養老、個人年金等々)って感じで、F.I.達成のドライビングフォースはあくまで日本株ですね。

ところで、日本株投資していたのは政治思想、世相によるものです。サラリーマンの皆さんなら、程度の差こそあれ薄々、日々、感じている。労働者の配分は増えない。ソビエトが崩壊。労働者の代弁者、共産主義崩壊。連合は御用組合。アメリカの劣悪、強暴な資本主義の言い分だけが通る世の中。一寸前、リストラの嵐。店舗&工場閉鎖、首切り、様々な手当カット、能力給導入(人件費総額削減の奇麗ごと)。キャノンの偽装請負、トヨタの労災(改善活動は就業時間外と会社側:地裁で逆転、労災認定。スズキでも同様の事件が和解)、名ばかり管理職(残業手当無しで酷使目的)、JR尼崎事故(隣の阪急線から客を奪え。過密ダイヤで一分一秒遅れるな。日勤教育の圧力。儲け優先)、中部電力をはじめとする数々の残業代不払い事件、いつの間にか消えたホワイトカラーイグゼンプション(所謂、残業代0円の悪法)・・・。労働者を精神的にも肉体的にも経済的にも、痛めつけるだけ痛めつけて、固定費を削減し利益がでる企業。03年より以前、日本中で起こっていた。減益、赤字だった企業が黒字化、増益。役員もストックオプションで自社株保有しているから株価吊上げに躍起。投資家よりの施策。投資家は「利益があるなら、従業員に回すな。増配!」。完全にアメリカチック。人間関係が殺伐。この流れを本能的に察知して(小生、獅子座、B型→長嶋、金田の本能タイプ)、「自分も労働者。痛めつけられるだけ。日本株を買うことが防御手段だ」。

あの頃、恐怖が渦巻く中で買いを入れるのは、「運」ではなく「度胸」だと思います。自分が意図して行動しないと。銘柄選びの才能はないので東証1部大型株に分散。固定費削減で利益増大が買いの根拠。その他、低金利は株に有利の原則くらい(さわかみのオッチャンも言ってる?)。「運」の部分は、五万とあります(笑)。

悪運・その1
例えば、投資に使っていた種銭の一部は倒産した金融機関(生保、銀行、証券3つ全て経験)に置いてあったお金に由来。フランクさんの個人年金9%より凄まじい条件?11%で15年定期預金運用に相当!亡父の加入していた東邦生命個人年金。支給期間15年の8年目で倒産。それでもほぼ無傷で。小生、北大生時代、構内のATMが拓銀。これも無傷で。亡母が亡父の生命保険金、退職金を預けていたのが山一証券(割引日本国債)。無傷で返還されるどころか、2割位、増えて却ってきたとの亡母の談。山一、拓銀連鎖倒産で株↓、国債↑。種銭の一部はこれら、謂わば、「特攻上がり」の死に金(亡母の使った残り。全額ではない。兄弟で分割。相続の一部は明らかにこれらに由来する)。小生の性格は、野村(ID、理論)ではなく、長嶋&金田(本能)タイプ。
「もう一度、行ってこい!但し、往復燃料、救命胴衣、パラシュートは付けてやる!弾が避けてくれる!」。おまけに、独身(守るべき女、子、年寄を背負っていない)。住宅ローンなし。実家所有。自家用車もなし。保険の掛け過ぎなし。持ち駒以外に、東シナ海で墜落したはずの零戦と搭乗員が無傷で帰ってきて、余計なところへ出費がないから爆弾、機関砲の弾、燃料がふんだんに補給されて、「アメリカの劣悪、強暴な資本主義の豚野郎ども。一匹残らず片付けてやる。生かして帰すとこっち(労働者として)がやられっちまう!」の心境になり易かったのは確かです。「守らなくて良い。守る者は何も無い。」

悪運・その2(日興株主代表訴訟・未遂事件)
小生、株主オンブズマンの会員。例の不正会計発覚後、当然、株主代表訴訟に動く。上場廃止報道。株価急落。この時点で1億円は超えていた。日興株が紙屑になっても損害軽微。売ると訴訟権失うので保有継続。但し、1ヵ月過ぎても連絡なし。株主オンブズマン代表に連絡取る。
「ああ、あの件な。日本各地(和歌山、宮崎、名古屋等々)でゼネコンの贈収賄事件あって、そっちに担当弁護士行ってもうた。手が足りんのや。無かったことに」。このあと、上場廃止誤報と判明。続いて、ハゲ鷹どものTOB合戦で株価急騰。

つまり、日興株が暴落しようが紙屑になろうが、株主代表訴訟のために売却できなかった。株主代表訴訟を考えなかったら、上場廃止報道で小生も狼狽売りして損出が発生していた?日興株がドボンじゃなくて訴訟がドボンになった。これが幸い。TOB合戦で値が十分に吊り上がって売却。損出ではなく利益を手にする。小さなことだが、こんな小さな悪運の積み重ねも。4月になって売却したから、株主総会入場券は確保。当然、シティから出向のアメリカ人出向役員に怒りの矛先が・・・、どうなった?割愛(笑)。因みに株主代表訴訟、三菱重工業・三菱自動車出資差止の件でも行使した。これも裏話があるが割愛(笑)。

インデックス分散投資でもバリュー株投資でも儲かったほうが良いに決まっているが、小生、儲かる儲からないの相場以外に「場外乱闘」に首を突っ込む癖がある。正義の為の闘い。敵は「劣悪、強暴なアメリカの資本主義」のみに非ず。常識ある人に言わせれば、「お前は狂っている!」(笑)。

この件は、悪運・その1で述べた、「特攻上がりの死に金」、「(一度死んでるんだから)弾が避けてくれる!」の典型的事例。

悪運・その3
1千万円非課税枠。01年11月末~02年末購入→05~07年売却で売却益がどんなに巨額でも税金0%(0円、無税)。この話は投資ブログで余り目にしたことが無い。やはり、あの頃、怖くて買えなかったか利益が出ると怖くて直ぐ売ったためか?糞度胸、肝っ玉が据わっているごく少数の小生みたいな野郎に利用が限られたと思われる。合法的脱税で小生の取り分が増えた分もあった。税金0円が売りのモチベーションとなる。さらに、この売却期間も鍵。サブプライム暴落に少し重なるが、少し前より。これに該当する銘柄も結構、保有していた。06年07月、1.06億円。会社で最も無価値と判断するに足る仕事の内示。辞表決意。この時期とも重なる。
つまり、ライフプラン&運用方針変更。日本株テンコ盛り運用から、曲がりなりにも穏やかな運用へ。これらの理由が重なり、相場勘と関係なく、保有株売却のドライブが掛る。07年07月~今年3月までのサブプライム暴落前に日本株売却がかなり進む→多少なりともキャッシュポジション化され、損出を少なくできた!?因みに昨日現在、1.13億円。約2年間、専門学校生&無職。主婦ではないから家計簿なんぞ付けていないが、独身で質素な生活をしているとは言え500万円程度は取り崩したハズ。サブプライム暴落に巻き込まれても06年07月時点よりも増えていることに。1.06億円→1.13億円(+取崩500万円位?)。

早期退職時期、売却時期、優遇税制の恩恵等々、悪運尽きずとしか言いようがない面も(冷汗)。

悪運・その4
これが一番、大きな要因でしょう。小生が購入していたのは、東証1部の大型株中心。発行株式数が巨大。相当、買いが入って、相場が過熱しない限り、騰がるものではない。例えば、新日鉄(150円買)、コマツ(437円)、三菱商事(802円)、商船三井(185円)、川崎汽船(167円)・・・。正直言って、5年待って2倍程度しか期待していなかった。これらが2倍程度の売却益なら7、8千万円までが関の山だった?ところが、ライブドアショック(振興小型株暴落)すら、東証1部大型株には逆風ではなく、逆に、追い風となる。今まで美人と思われていたベンチャー小型株が「アバズレ女」と判明すると、図体のデカくてとろいブスと思われていた大型株が「美人」に変身、大相場に発展(笑)。辞表提出→投資方針変更、非課税枠制度利用時期とも重なり、利益を最大化することに。

まあ、思い出せないくらい、様々なドラマがありましたよ。ドラマのテンコ盛り。まだまだあるけれど、この辺で。

>タカちゃんさんへ
私の先輩は、やはり高金利時代にワイドを多額購入して10年間で資産を倍にして現在悠々自適の生活を送っている方がいます。日本では、もう二度とこの様なお得な商品は出てこないと思います。やはりインデックス投資で私も成功したいと思ってます。

コメントありがとうございます

>タカちゃんさん&としちゃんさんへ(なんだか某芸人みたいになっちゃってスミマセン…)

ワイドというのは、かつて凄くいい商品だったんですね。
あぁ、うらやましい~!
…とうらやんでばかりでは前に進めませんので、今は、今ある手段で資産形成に励むしかなさそうです。
がんばります。


>元町愛さんへ

貴重な情報提供、ありがとうございました。

不動産投資については、かつて集中的に検討した結果、「自分には向いていないので」当面はやらないという結論になりました(http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-200.html)が、実際、不動産投資で早期リタイアされたかたは結構いらっしゃるようですね。
これからの日本において、そういうかたが増えていくのかそうでないのか、興味深く見守っていこうと思っています。


>Werder Bremenさんへ

ご指摘の点について、記事を修正させていただきました。
理解が浅く、申し訳ありませんでした。

それにしても、いつもながらドラマチックですね。まさにドラマのテンコ盛り。
相続の件等、新しい体験談までお話いただき、ありがとうございました。

私のブログのご紹介をいただき、ありがとうございました。

インデックス投資家の方々には、必要がないアドバイスかもしれませんが、早期リタイアのためにリスク許容度を超えた運用をすることは避けなければならないと思います。

ところで、水瀬さんは、目標まで何合目ぐらい(あと、何年くらい)のところにいるのでしょうか?

ブログを紹介していただき、ありがとうございました。
久しぶりに我がブログが賑わっているようです。

さて、しょぼいリタイヤ生活の件ですが、自分と家族さえ満足していたら、それでいいと思います。リッチで華やかなリタイア生活は、長続きしないのではないでしょうか。お金は持っても、身体が持たないでしょう。地味で控えめな生活が、充実したリタイア生活を長続きさせるコツだと思います。少なくても私の場合はそんな感じです。

リタイアを夢見ている人は、しょぼかろうが、地味であろうが、リタイアしていることに意味があると私は思っています。誰でもができないことを実行しているのですから、それだけで優雅で豪勢な生活なのです。人もうらやむ生活なのです。そして、おっしゃるとおり、自分のやりたいことを無理せずに続けていけばいいと思います。

ただ、在宅生活になると、1年があっという間に過ぎます。退職するまで、年齢を重ねるにつれて1年経つのが早くなるという印象がありましたが、いざ退職して在宅生活になると、更に時の経つのが早くなりました。人生、やり残しのないように、リタイアするまでに、リタイア後のやるべきことについて十分考えておきたいですね。

コメントありがとうございます

>PALCOMさんへ

リスク許容度を超えた運用はいけないですね。
運用途中で、市場から退出させられてゲームオーバーになってしまう可能性がありますから。それじゃなんにもならない。

ご質問の件は、次回の記事にて答えとかえさせていただきたいと思います(^^ゞ


>フランクさんへ

>> 自分と家族さえ満足していたら、それでいい

本当にそのとおりだと思います。
個人的にも、リッチでゴージャスな生活にそれほど魅力を感じていないのかもしれません。下町の商店街が大好きですし(^^ゞ

退職して在宅生活になると、更に時の経つのが早くなるとのこと。
体験者でなければ決してわからない貴重な情報、ありがとうございます。
今やるべきこと、今後やるべきことをよく考えておきたいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)