ゴールデンウィーク早期リタイア考(その3) リタイアの先輩、女性に学ぶ

突然ですが、男性は女性よりもはやく死にます。

世界保健機関(WHO)の世界保健報告2006年度版によると、日本人の平均寿命は、男性79歳、女性86歳(ちなみに世界一!)と女性のほうが7歳も長生きです。
うちも、僕より相方のほうがきっと長生きすることでしょう。
ゆえに、「リタイア生活」が長いのは男性よりも女性であると言えます。

ということは、女性向けの本になにか早期リタイアの鍵が隠されているのではないか?
なんて安易な発想から、女性向けの生き方に関する本を、ゴールデンウィークにまとめて乱読してみました。
以降、読んだ本のなかで、「早期リタイア的観点」からヒントがあると思われた本について、コメントを書いておきたいと思います。
(なお、今回はかなりの長文です。申し訳ありません)


この本は、シングル女性のお金の悩みに、ファイナンシャルプランナー(FP)である筆者が一問一答形式で答えていくという内容です。

のっけから、シングル女性からの「ひとりの老後(55歳で退職)に向けていくらためておけばいいですか?」という早期リタイアに関する問答から始まります。
このケースでは、相談者は48歳ひとり暮らし、税込年収700万円、1ヶ月の支出30万円、貯蓄額300万円、住まい自宅マンション、ローン残高600万円という家計条件でした。
老後の収入と支出をシミュレーションした結果、筆者の回答は、「生活費を1割絞れば55歳で退職できる」でした。

退職金、厚生年金、企業年金等詳しい計算は本書をご覧いただきたいと思いますが、シングル女性の早期リタイアの相談にFPが答える時代になったという現実と、早期リタイア可能という回答に、パンチ一発もらった気分です。

それから、「住宅を買うべきか、賃貸生活を続けるかで悩んでいます」という住宅問題に対しては、「金銭的な損得だけなら購入した方がトク」と回答されています。
これには「おや?」と思いました。インデックス投資家におなじみの橘玲氏や山崎元氏の著作では、賃貸のほうに軍配が上がることが多いからです。
これは、計算が長寿の女性を前提に導き出されているからだと思われます。女性は、賃貸と持ち家の損益分岐点後の人生が長いのです。いいなぁ、女の人は(笑)。

うちの場合、シングルではなくいちおう夫婦なので、僕が死んだ後も相方はどこかに住まなくてはいけません。そう考えると、今は早期リタイア後も賃貸派の僕ですが、中古マンション購入等も検討に入れる必要があるかもしれないなと気付きをもらいました。



この本は、年収200万円で幸せな人生が送れる生き方について、たくさんのシングル女性の取材実例をもとに書かれた本です。
早期リタイア後の充実した生活に関して、参考になったキーワードがいくつかあったので書いておきます。

  • 確かにお金は大事だ。しかし、お金がそんなになくても決してみじめではない。みじめなのは、お金がないということではなく、「お金がないとみじめだ」と思うその考え方ではないだろうか。
  • 「定年なんてずいぶん先のことだと思っているでしょうけど、女性は定年まで勤められるとは限らないわ。53歳で仕事を失うつもりで人生計画を立てるべきだと思う」その言葉の裏には、彼女の経験があった。
  • 「北海道なら月10万円で暮らせるわ」
  • わたしのまわりのシングル女性を見ていると、安心の金額を、自分の持ち家と現金2000万円にしている人が多い。
  • お金のことや将来の不安に悩まされずに生きるコツ。それは、「ひとり」を意識し、「ひとり」の覚悟を持つこと。

早期リタイア後は収入がなくなるので、節制した生活を送ることの重要性が、働いている時以上に高まると思っています。
その際の考え方と工夫を、諸先輩がたの実例から、知ることができました。


おひとりさまの老後
上野 千鶴子(著)
発売日:2007-07

この本はジェンダー研究の社会学者である筆者が、歯に衣着せぬ言葉で、シングル女性の老後についてバッサリ斬った本です。
「誰とどう付き合うか」とか「どんな介護を受けるか」とか「どんなふうに「終わる」か」など、シングル女性の老後の実態が赤裸々に語られていてへぇ~へぇ~の連続なのですが、早期リタイアの観点で見ると、「年金プラスアルファのゆとり」の作り方が参考になりました。

  • 自分で事業をはじめてもよい。他人に雇われるから性や年齢の差別を受ける。自分が起業したり個人事業主なら誰の顔色も見なくてすむ。
  • 地域の人たちのための共有スペースを作って、貸しギャラリーをはじめたNPOは、評判がよくて1年先まで予約が入る収益事業になった。
  • 自分の持ち家を、自分が住んだまま担保にして借金できるしくみが、リバースモーゲージである。(中略)子孫に美田は残さないと割りきななければ、おひとりさまの老後はしのげない。
  • 公的年金に不足があれば、それに個人年金を積み増せばよい。個人年金にはいろいろな種類がある。これも金融資産というストックのフロー化のひとつの方法だ。

個人年金のコストには十分注意を払う必要があると思いますが、実際問題として、株式・債券のポートフォリオからのインカムゲインは不安定であり、将来的には個人年金も検討項目のひとつではあると思います。
僕のバイブル、「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)でも、「老後のための蓄えのある部分(あくまで一部ですが)を、退職時に年金化することはいいことだ。年金化は生きている限り何がしかの受け取りを確保する唯一の手段なのだ」と言っています。
まあ、日本では今のところロクな商品がないので、将来、低コストな年金商品が出ることを期待してます。

全体をとおして、女性ならではの、「肝の据わった」生き方の情報から、早期リタイアのヒントをいくつか得ることができました。
他にも何冊か読んだのですが、これ以上長くなるのもあれですし、気分的な話が多かったので、こんなところで。(もちろん、本来は気分の問題も重要です。念のため^^)
早期リタイア的観点で読んだので、本来の目的ではない読まれ方なのかもしれませんが、そこは筆者さんたちにはご勘弁いただきたいです。


<お願い>
早期リタイアの是非については、賛否両論あろうかと思いますが、いち個人の戯言だと思って、ご笑覧いただければ幸いです。
関連記事


  





コメント

個人年金について

国民年金加入者の場合は、コスト面で圧倒的に有利な国民年金基金があります。
民間の個人年金だと税額控除が所得税5万円、住民税3.5万円までしか受けられませんが、国民年金基金だと掛金全額が税額控除の対象になるので圧倒的に有利です。
更に、国民年金基金は人によっては国民健康保険も個人年金に比べて大幅に安くなるメリットがあるので、ここまで考えれば民間の個人年金保険を考えなくても良いぐらいです。
ちなみに、国民年金基金の予定利回りは現在1.75%ですが、税額控除や国民健康保険が安くなる分まで考えれば、年収240万円の人が一般の投資信託(利益に対して20%分離課税されるとし、信託報酬0%、ノーロードと仮定)を買う場合の利回り換算では年3%程度になるでしょう。
つまり、年収240万円の人では投資信託の利回りに換算すると年3%程度になる計算です。
但し、国民年金基金は物価スライドは有りません。

物価上昇に一番強いと言われる株式ETFをも加えれば最強コンビになるかも知れません。
そもそも円建て年3%の元本保証商品その物が日本には有りませんから、これは凄いですね。
だから、信託報酬年1.3125%もかかる外国債券型毎月分配ファンドが非常にバカらしい訳です(これだと年4前後%の期待リターンがないと国民年金基金の利回りに追いつかない)。
「ウォール街のランダムウォーカー」+国民年金基金と言う組み合わせは如何でしょうか?

☆お願い:宣伝の為に書いている訳では無いので、その辺りは宜しくお願いします。
なお、これは私が独自に計算した結果なので、興味がある方はDelphiやVisual Basicで計算してみて下さい。
特に、国民健康保険の計算方法は区市町村によって料率が異なります。
また、最終判断は自己責任でお願いします。

>「金銭的な損得だけなら購入した方がトク」と回答されています。
>橘玲氏や山崎元氏の著作では、賃貸のほうに軍配が上がることが多いからです。
>女性は、賃貸と持ち家の損益分岐点後の人生が長いのです。

一寸、気付いたことを。持ち家だと、その土地へ住み続ける。最近、話題の地方自治体破綻。例えば、夕張市の行政サービス低下。水道代、住民税、健康保険等々。暴騰?

最近、NHKの番組。島根県の住人。旦那が長期入院。今まで差額ベット代500円が、地方自治体の財政悪化で2万円?4万円?に暴騰。止むなく、隣県の鳥取県へ転居。差額ベット代、安いから。

これは、何も夕張市、島根県等、田舎だけの問題だけではないハズ?大阪府も?都市部でもヤバイ?

持ち家で住宅費が安くついたとしても、突然、夕張市のように赤字財政再建団体に転落?他の費用が高くつく。持ち家だと逃げにくくなる?

持ち家と現金2000万円かあ~

>わたしのまわりのシングル女性を見ていると、安心の金額を、自分の持ち家と現金2000万円にしている人が多い。

持ち家と合わせると5000万くらい?ということでしょうか・・
シングル女性も結構。。目標が高いですね^^;



直接読まずに評価するのはよくないけど

「おひとりさまの老後」を水瀬さんの要約した部分だけで判断するとダメな本のような気がします。

>自分が起業したり個人事業主なら誰の顔色も見なくてすむ。

んなわけあるかい。勤め人よりもダイレクトに人間関係が収入に影響しますよ。

>NPOは、評判がよくて1年先まで予約が入る収益事業になった。

たぶん特定NPO(法的に定められたNPO法人)ではないんだろうけど、NPOでも収益事業を行うことはできますが、どんなに収益をあげても参加者は人件費以上の報酬を受け取ることはできません。
儲かった分を分配したらそれは営利事業。

個人年金については水瀬さんもつっこんでるので割愛。
ポジショントークのにおいが出まくりです。

Werder Bremenさん
>持ち家だと逃げにくくなる?

これも流動性リスクの一種です。ローンやリバースモーゲージのような担保になっているとさらに転居のハードルは高くなります。
またWerder Bremenさんは主に地方行政面でのリスクをあげていますが、他にも自身や水害、火事などのリスクもあります。保険である程度は回避できるけど、これはこれで保険料というコスト要因に。
そもそも住む場所というのは水瀬さんにとっての梅屋敷のように「お金には変えられない価値」を多分に持っているので定量的な評価が難しいんですけどね。
特に子供がいると、資産価値の損得なんかより教育環境の方がずっと重要みたいですし。

老後は年金があるから大丈夫!

と言いたいところですが、厚生年金と国民年金にはマクロ経済スライドという恐ろしい制度が導入されているため、給付水準がどの程度になるのか全く見当がつきません。
コツコツと低コストでインデックス投資を続けるしかないようです。

国民年金基金に関する補足

マクロ経済スライドの話が出ていますから補足しておきますが、国民年金基金は積立方式ですから自分の受け取る年金コースを選んで掛金を拠出すれば貰える年金はその時点で分かります。
例えば、自分の年齢が40歳0ヵ月で1口目のA型の65歳から終身年金月額2万円のコースであれば月掛金は60歳まで月15480円の払込でOKです。

世代扶助型年金である厚生年金と国民年金はマクロ経済スライドが実施されるのですが、積立方式を採用している国民年金基金には全く影響がありません。

どうしても心配であれば、将来の人口予想&平均寿命予想を政府レベルで予想していますので、自分で資料を取り寄せて現行のマクロ経済スライドを自分でやって貰える年金をシミュレーションすれば、将来の年金の目減りに対して、自分で運用する外国ETFがどの程度の「配当成長」を実現すれば良いかが分かると思います。

例えばDIA(Diamonds Trust Serise 1)の場合は、1998年から現在までの大雑把な配当成長は10年で約2倍です。
それに対して、マクロスライド率を「将来の人口予想&平均寿命予想」からはじき出して計算すれば、10年間でどの程度年金が目減りするかをシミュレーションできますから次のように考えれば良いでしょう。

「DIA配当年間成長額 > 年間マクロスライドによる年金目減り額」ならばOKです。
勿論、配当成長率、マクロスライド率は予想になるので注意は必要ですが・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

年金と債券

まだ女性向けの老後プランの書は少ないので、
FPの意見も割と日本人の平均的な経済感覚での記載、
ジェンダー学者にいたってはジェンダー学者的な感覚での記載なので、
インデックス投資派の人が読むと、ん??と思うことは多いですね。
まぁいろんな人の考え方を見るのは夫婦生活にも役立つとは思っています。

民間の個人年金よりも国民年金基金の方が条件よいのはわかりますが、
あれも破綻したら、付加年金扱いになってしまうんじゃなかったでしたっけ?償還リスクはどのくらいなもんでしょう。
あとは個人型確定拠出年金もありますね。

ん~、民間の個人年金、国民年金基金、付加年金、確定拠出年金。
年金とひとくちにいってもさまざまでこれだけで1冊かけそうですね。

いつも参考にさせて頂いています!
今回のお勧めの本も読んで見ますね。
次回は夫婦向けの早期リタイアのお勧め本などをレビューして頂けるとありがたいです。

> 将来の人口予想&平均寿命予想を政府レベルで予想

一般的に、政府レベル発表の統計予想って...
ハズしまくってませんか?(笑)

例えば、出生率の推移の予想とか。これは、

"年金の制度は、十分安心できるので改革の必要がない"

という、強弁の根拠になっていたと思います。
それ以外にも、

本州四国連絡橋の通行量の予想とか、
東京湾横断道路の通行量の予想とか、
...
etc

数え上げれば、きりがない。政府レベル発表の統計予想は、

"予算獲得のために数字を操作している可能性がある"

ので、"政府が発表しているのだから"、と言って、盲信し、自分
の人生を設計するのは危険ではないかと。

だからと言って、マスコミ報道(キャンペーン)も、似たり寄った
りですので、頭がイタイ(笑)。

結局のところ、複数の情報ソースからの情報を、自分でよく吟味
してみることが、重要ではないかと思います。

今現在、現役で働いている人達の、"老後" の話となると、かなり
先のことになる場合が、殆どだとおもいます。

長期の予想は、ほんの少しの前提の差、が時間によって大きく増幅
される可能性がありますので、年に1回程度見直して、軌道修正して
いくことが重要だと思います。

郵政民営化の陰に隠れて厚生年金と国民年金に対してマクロ経済スライドが導入されたとき、怒りと恐怖を覚えました。

年金については、過去に財政投融資で使われていたりと、「年金原資は他の用途に使用しない」という当たり前のことが出来てなかったことから、私は年金を支払う年齢になる以前から年金を当てにしていません。

もらえたらラッキーだと思っています。
こう考えると気分が楽です。

世界一金持ちの日本人が自分たちの将来に不安を感じ、貯蓄に励むのも理解できます。日本人がみんな、政府の統計予想くらい将来について楽観的だと良いのですが・・・。

こんにちは。

早期リタイヤするためには
いかにして年金制度のみに
依存しない自身の収益の基盤を
図っていくか、長期的に時間を
うまい具合利用しながらやっていくしか
ないと考えています。

年金制度が従来型の物価スライドから
マクロ経済スライドに変化しました。

制度の是非はともかく正直つらい
ものになってきたと個人的には
考えています。

いかにして自身の資産形成をはかっていくか
ご紹介された本も参考にしながら自身でも
長期的に計画していくきっかけにしたいですね。

コメントありがとうございます

>タカちゃんさんへ

国民年金基金は、たしか橘玲氏も「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方」のなかで、有利なので満額まで加入するべきだということを書いていたような気がします。
僕は厚生年金なので入れませんが(T_T)

ところで、国民年金基金の掛け金は、「税額控除の対象」ではなく、「所得控除の対象」ではないかというご指摘をいただきました。
調べてみましたが、やはり所得控除のようですよ。
http://www.npfa.or.jp/about/system/index.html


>Werder Bremenさんへ

そうですね。破綻寸前の自治体も増えているようですから、持ち家のリスクは高まっているのかもしれませんね。
購入前にチェックすべき事項が、どんどん増えているような気がします。

ところで、次回の記事にはご登場いただく予定ですので、よろしくお願いいたします(^^)b


>投信戦略の発想法さんへ

持ち家といっても、この本ではたしか1DKのマンションくらいを想定していたような気がします。


>アルビレオ師匠へ

まあ、「顔の広い学者さんが人の話を聞いて書いた」感が漂っているのは事実です(^^;
後ろでおじさんさんも書かれていますが、そういうことなんだろうと思います。

おそらく、言いたいことは、たとえ高齢のシングル女性でも年金に頼るだけでなく自力でプラスアルファを目指そうという心意気なんだと思います。


>Grafton通りさんへ

マクロ経済スライド。
ネーミングは何となく国民にとって良さそうなんですが、中身はひどいですね。


>nyさんへ

一冊丸ごとオススメ本というより、早期リタイア研究の材料のひとつとして紹介させていただいたという意味合いですので、あらかじめご承知おきお願いしますね。


>おじさんさんへ

>> FPの意見も割と日本人の平均的な経済感覚での記載、
>> ジェンダー学者にいたってはジェンダー学者的な感覚での記載

おっしゃるとおりかもしれません。
たしかに、読んでいてたくさんの突っ込みどころを感じました。
まぁ、早期リタイア研究にすこし役立ちましたし、視野を広げるという意味では、読んでよかったと思います。さすがに、バートン・マルキール氏や山崎元氏の著作には、介護とか離婚とかの話は出てきませんからね(^^;


>ひろんさんへ

長期のビジョンと中期事業計画を持ちつつ、毎年軌道修正。
僕たちのライフプランも企業と一緒ですね(^^)


>九州FPさんへ

>> 自身の収益の基盤を図っていくか、
>> 長期的に時間をうまい具合利用しながらやっていくしか
>> ないと考えています

たしかに。さらに、両方出来れば最高ですね(^^)

女性用、男性用っていうのはあるのかもしれませんね。

僕も多少読んだことがありますが、
女性用は保険、年金、持ち家など「わかりやすく安心できる」商品を選ぶ傾向にある様に思えます。

対して男性用は期待リターン、インフレや流動性のリスク等「理屈っぽく、様々なことを心配した」商品が多いですね。

女性があるものでやりくりする、家計的な考え方をし、
男性が今、顕在化していないものまで考える、経営的な考え方をするところがあるのかもしれません。

こうして言うと男性的なほうが優れているといってるようですが、必ずしもそうではなく、家計なら家系的でいいし、男性は無駄なことまで気にする肝っ玉の小さい考え方なのかもしれません。

それこそ、ポートフォリオは人それぞれでしょうから、
良いも悪いもないんでしょうね。

間違えていました。

税額控除ではなく所得控除の間違えでした。
大変失礼しました。

久しぶりに暴言モード

>女性があるものでやりくりする、家計的な考え方をし、

個人経営の商店や飲食店なんかの人にもわりとこういう傾向があります。
性別と言うより置かれている環境や役割によるものでしょう。もちろん個人差は大きいのであくまで「傾向」ですが。

想像ですが、やっぱり日々の支出を管理する立場だと「今日の1万円が払えなければ明日100万円入っても意味がない」という、流動性の確保を重視せざるを得ないからじゃないかと思います。
その流動性を継続して確保するためには、資産の面でも長期的なリターンより日々の安定性の方がより重要です。(結果さえよければではダメ)

もう一つ、こういう人は具体的な価値が自分で理解できないものは信用しません。
金融資産への投資というのはつまるところ他人の信用への投資です。顔の見えない「市場」によって決定される値段を信用できなければ手を出せるはずがありません。

その市場で値段を決めているのは、
テクニカル派=過去のパターンから未来を予測できると信じるギャンブラー
ファンダメンタル派=決算などの数字を怪しい数式に当てはめれば正しい価値を計算できると思っている信者
デリバティブ派=難しいことをすれば余分に儲かると信じて、余分に手数料を巻き上げられるカモ
インデックス派=ギャンブラーと信者とカモがせめぎ合って出てきた値段が正しいと信じる間抜け

こんな連中とは付き合わない方が正解のようにも見えますが、経済はつながっているので付き合わなくても結局巻き添えを食います。
つまり、「同じアホなら踊らにゃ損損」というわけですね。(これはひどい)

コメントありがとうございます

>takeさんへ

ふたりで一人前って感じでしょうか(^^)


>アルビレオ師匠へ

そうですね。そもそも株というのは「究極の他人任せ」であるとどこかで読んだ覚えがあります。
他人が信用できないとなると、どうにもこうにも始まりません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)