ゴールデンウィーク早期リタイア考(その5) 自分の早期リタイア計画

水瀬ケンイチ

長々と続けてきた「ゴールデンウィーク早期リタイア考」シリーズですが、今日が最終回です。
最後は、自分の早期リタイア計画について書きます。
今まで、雑誌取材などでは小出しに話したことはあるのですが、ちゃんとブログに書くのは初めてかもしれません。

プロフィールにも書いてあるとおり、僕の投資の目的は早期リタイアです。
インデックスファンド・ETFを中心にした国際分散ポートフォリオに、毎月の積立投資(参考記事)と年1~2回の臨時投資を行ないます。
現在は、株式比率85%以上のアセットアロケーション(参考記事)ですが、運用後半では、株式比率を下げていき最終的には30~35%程度にする予定です。かわりに国内外の債券の比率を上げていきます。
個人年金は、今後よいものが出てきたら、資産の一部で利用するかもしれません。

毎月の積立金額、臨時投資の金額は、伏せさせていただきます。ゴメンナサイ。
目標金額も、本当は伏せさせていただきたいのですが、「1億○千万円」とさせてください。
目標時期は、「60歳より1年でも2年でも早く」と考えています。

基本的には、このような運用で早期リタイアを目指しています。



なーんだ、ちっとも「早期」じゃないじゃん!と言われそうですが、そのとおりです。
インデックス投資による資産形成は、簡単なかわりに時間がかかるものなのだと思っています。
まあ、期待リターンの計算上は、もっと早く目標金額に到達できることにはなっていますが、しょせんは机上の計算に過ぎません。
現実は計算どおりにはいかず、思いもよらぬことが起こりえると考えています。
将来の不確実性の拡大には、ぼんやりとした目標時期で対抗(笑)することにしています。

早期リタイアを達成した後は、記事その1に書いたような生活を送る予定なのですが、記事その1で書いた「ある分野」での活動をちょっとしたスモールビジネスにしようと、今からコツコツ準備しています。
また、相方は早期リタイア後も、週2日くらい働きたいと言っています。仕事が医療関係なので、比較的そういった融通が利くようです。
なので、正確には完全リタイアではなく、「セミリタイア」なのかもしれません。

以上が、自分の早期リタイア計画の概要です。
今後、状況によっては、計画を見直す必要が出てくるかもしれません。
その時は、見直せばいい。
また、状況によっては、計画が達成できないかもしれません。
その時は、定年まで働けばいい。
運よく早期リタイアできたらみっけもん。

そんなふうに考えて、今までものんびりやってきましたし、これからもそうするつもりであります。


最後になりますが、本シリーズ記事はあくまで水瀬の個人的な考え方です。実際に早期リタイアを目指されたり、投資方法を参考にされる際には、ご自身の環境に合わせて十分にご検討のうえ、ご判断されることをおすすめいたします。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

(おわり)
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ