08年の世界経済成長、1.8%・国連、見通し下方修正

水瀬ケンイチ

08年の世界経済成長見通しを下方修正だそうです。

【NIKKEI NET 2008/05/19より引用】
08年の世界経済成長、1.8%・国連、見通し下方修正
 【ニューヨーク=中前博之】国連は19日までに、米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の深刻化などを受け、2008年の世界経済成長率予測を1月時点の3.4%から1.8%に下方修正したと発表した。

 国連の経済社会局がまとめた報告書は、米国の住宅・金融市場の悪化は今後も続くとして、同国の成長率が昨年の2.2%からマイナス0.2%に落ち込むと予想。日本は個人消費の低迷や米景気後退に伴う輸出減などで昨年の2.1%から0.9%に減速するとみている。

 報告書はまた、米政府による景気刺激策の効果の度合いに応じた楽観的、悲観的双方の予測も提示。楽観的な予測では08年の成長率は世界2.8%、米国1.0%、日本1.3%にとどまった。悲観的な場合は世界0.8%、米国マイナス1.3%、日本0.3%としている。
【引用おわり】

この見通しが正しければ、今年は、将来に向けた仕込みの年になるかもしれない。
特に、ポートフォリオのコアになっている米国が低調(楽観シナリオでも日本以下)だとすると、ポートフォリオ全体に与える仕込み効果も大きい予感がしています。(個人の勝手な予感なので真に受けないように…)



もっとも、経済予測は当たらないことで有名であり、かつ、「成長すなわちリターンにあらず」(「株式投資の未来」ジェレミー・シーゲル著より)と言われています。つまり、予測が当たるかどうかも分からないし、運良く当たったとしても、それで儲けられるとは限らないと。

結局、予測がどうであろうと僕にできることは、愚直にドルコスト平均法で投資額を積みあげていくことだけです。


(ご注意)
言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いしますね。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ