楽天証券、ちゃっかりキャンペーン再延長

マネックス証券の海外ETF取り扱い延期のかげで、楽天証券の海外ETF手数料半額キャッシュバックキャンペーンが、6月30日までだったところ7月8日まで再延長されるようです。

実は、楽天証券のキャンペーン再延長は何となく予感していました。
証拠→http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-771.html#comment5882

理由は、以下のとおりです。

・ETFなどインデックス商品は低コストなため、インデックス商品のキャンペーンは、プロモーションに費用をかけにくい
・高コスト商品が収益の柱になっている金融業界がスポンサーのマネー誌などで低コストインデックス商品のキャンペーンは広告を打ちにくい
・しがらみのない個人ブログで取り上げられることは、無料のプロモーションになる
・キャンペーン期間を小出しに延長すれば、その度、延長情報をブログ記事に書いてもらえる
・無料プロモーションの露出倍増、わーいわーい


個人投資家にとってキャンペーンの延長はうれしいことなので、ブログ記事には取り上げます。
しかしながら、もしそこに個人ブログを無料の広告媒体としか見なしていないような企業姿勢があるとするならば、それはいずれ手痛いしっぺ返しを喰らうことになると思います。
(そんな姿勢はなければ問題ないのですが)

今回のマネックスの例がいい例です。
個人投資家たちの期待を裏切るような失敗をしでかした時には、おそらく当事者が予想していたよりもはるかにこっ酷く叩かれ、企業イメージを損なうハメになると思われます。

個人ブログによるプロモーション効果は、諸刃の剣であります。

関連記事


  





コメント

とりあえず、延長は助かります。

しかし、ブログをはじめとするネット媒体を広告に使うのは、
結構知恵がいると思います。
口コミ的要素を持っているのに、瞬時に広がってしまう以上、
広告当事者が思わぬ方向に暴走する可能性は常にありますよね。

ちょっとした失言・失敗が企業の存続にかかわりかねないとなると、
恐ろしいことです。(庶民には無縁の悩みですが^^;)

1年のうちで半額で買える時期結構ありそうですね。この際一気に半額を常時にしてもらえたら・・・マネックス証券の実際の取り扱い開始に発表をぶつけたら・・・、なんて勝手に考えてしまいました。

6月買わずに更に株価が下がって半額延長。ここはついにETF買い発動か、なんて半額キャンペーン延長の度に考えてしまいます。考えるだけならコストかからないのがいいですね。

さーすが。

水瀬さんの言われる通りでしたね。

個人的に期待していたマネックスさんもそういうことですし、
これは海外へも目を向けなさいということなのかな、と曲解しました(笑)。
WisdomTreeも気になっていることだし、どうせならこの際です、
私はInternationalな冷たい風に当たってこようと思っています(大馬鹿)。

楽天証券さんが
売買手数料を再延長した理由の
一つに
マネックスさんの動きも
あったのではと思います。
米国株ETFを取り扱うという
動きですね。

でもでもどうした事でしょう。
マネックスさんのホームページを
見るやおやおや、発売は延期とか。

楽天証券さんの動きにくらべ
マネックスさんは動きがすこし
遅いみたいですね。

同じネット証券だし、
顧客層も同じはず。

タイムリーに個人顧客のニーズを
捉えスピーディーに
動いてほしですね。

コメントありがとうございます

>マルキールさんへ

まさに諸刃の剣です。
少なくとも純粋な広告媒体とは思わないほうがよいと個人的には思います。


>topgunさんへ

投資家をあまりキャンペーンに慣らせてしまうと、非キャンペーン期間の売買が閑散としてしまいそうです。
冷凍食品が半額タイムセールにならないと売れなくなってしまったように。。。


>dongさんへ

海外口座開設に挑戦されるのですね。
僕には出来ませんが、がんばってください。


>九州FPさんへ

マネックスは個人投資家に対してワンペナルティですね。
今後の行動を注視したいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

証券各社のキャンペーン延長について一言

ネット証券各社の顧客獲得に向けた商品の拡充やサービスの向上は我々投資家の誰もが望

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)