相場が軟調になってくると…

いろいろなかたがこのブログをご覧になっています。

相場が軟調になってくると、毎度のことながら、毎度のことながら、(この人2回言ったよ)、バイ&ホールドの長期投資に対するネガティブなコメントが増えてきます。
もはや定例行事みたいなもんです。

頼んでもいないのにバイ&ホールドがダメな理由を懇切丁寧にご説明してくださいます。
人によっては「絶対」という言葉まで使って、バイ&ホールドを否定してくださいます。
バイ&ホールドに対して「絶対」と言えるほどしっかりとした反証をお持ちであるなら、バイ&ホールド戦略にケチをつけるなどというチンケなことなどせず、全力で先物の空売りでもすればいいのにと思うのですが、そこまでの度胸をお持ちの方はあまりいらっしゃらないようです。

要するに、言っているご本人も不安なのでしょう。

無理もないと思います。
どんな立派な理論を展開したところで、将来のことを正確に予測できる人間など、この世には誰一人としていないのですから。

僕には、国際分散投資のバイ&ホールド戦略でも、絶対に成功できると断言できるほどの勇気と度量はありません。
しかしながら、生活防衛資金はしっかり確保した上で、余裕資金の運用に関しては、自己責任で国際分散投資のバイ&ホールドでいいやと腹はくくっております。

この意見には賛同されるかたも、反論されるかたもいらっしゃるとは思いますが、僕は自分のブログで自分の考えを述べているだけで、別に他人さまに強要しているわけではありません。
自分の思うように自由に投資すればいいのではないでしょうか。
使い古された言葉ではありますが、投資は自己責任です。

そんななか、自分の不安を他人への攻撃という形で表現するのは、大人の投資家の態度ではないと言って差し支えないと思います。
本当にバイ&ホールド戦略に対して反論したいのであれば、相場が絶好調の時にこそ、堂々と反論してほしいものです。
関連記事


  





コメント

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」インフレに一番抵抗力がある資産は株式であることは歴史が証明してます。コツコツのんびり積立が一番投資で勝てる方法だと私は信じております。しかし痛い経験はたくさんしてますが、ゲームオバーにならないよう資産分散してますし流動性資産も現在厚めにしてます(^^)

はじめまて。たしかにwww2回いいたくなりますよねwwwwwそんな事、気にせずにお互いがんばりましょうねw

本当に怖いのは大震災リスク

Q&AサイトOKWave辺りでは株式組攻撃(特にさわかみファンドに対する誹謗中傷攻撃)の言い訳としてこう言う時に書き込みが増加する事があります。
私から一言、米国ETFの配当金でトヨタを買ってあげようか?と言うと恐らく攻撃組は「信じない」でしょう。
早くPEHの配当来ないかな???(先月20日に出ていますが、まだ配当が来ないし通知も来ない)。
勿論、目的はただ1つ・・・配当を再投資して配当成長を助長させる事で、自分だけのオリジナル年金システムを作り上げる事です。
こう言う相場で重要な事は「相場や他人の発言に振り回されないでただひたすら目的に向かって前進するのみ」です。

例えば、トヨタの場合は株価が5000円割れ、配当利回り2.84%、PER9.1倍(益回りベースで11%近い)と言う状況です。
それでも売りたい奴は「トヨタの株式配当利回り5%の水準まで売ってみろ!」と言ってやりましょう。
米国へ行けばBACの配当利回り予想が10%にもなっています。
そう、売りたい奴はほったらかしにしておき、自分はそれを利用させて貰う事で高配当をゲットする作戦も有り得ます。
私の場合は、既に2つのETFの配当をゲット、更に残り2つのETFの配当をゲットして再投資して更なる高配当を楽しませていただきましょう。

・・・あ・・・勿論、自己責任でやってますよ!
今回は典型的なシステマティックリスクなので、分散しても皆下がってしまいましたが、自分が自信を持って投資に臨める事が出来ればこの局面はそれほど難しくないと考えています。

理由は投資をやっていて本当に怖いのはM9クラスの関東大震災リスクです。
これに気象災害が加わった時はとてつもなく非常に恐ろしいリスクに変化します。
実際に岩手・宮城内陸地震の破壊力は、その地域生活そのものを完全に破壊するリスクなので、投資活動を著しく阻害しますから、ブラックマンデーの数兆億倍の破壊力だと断言できます。
つまり、今回のシステマティックリスクは岩手・宮城内陸地震に比べれば、恐れる必要は無いと考えても良いリスクです。

はじめまして

初めまして。

いつも勉強させて頂いております。

水瀬様のブログを日経マネーで見てから

お気に入りに登録して毎回楽しみに拝見しております。

私も仕事上動きが激しいので、ゆっくり投資について勉強している時間がとれませんが、インデックス投資を開始してみたいと思っています。

もちろん、自己責任です。

これからもブログを楽しみにしていますので、色々な情報を記載してほしいと思います。

色々言う方がいると思いますが、応援してみました。

> 人によっては「絶対」という言葉まで使って、バイ&ホールドを
> 否定してくださいます。

そういうときは...

心の中で、"愚かな奴.." 思って、黙って笑う。

ほっときゃいいんですよ。(笑)

投資は自己責任で。

実体験がなければ・・・。

「B・N・F」?「ジェイコム男」?さんのようなデイトレもあり、バファット氏やマゼランファンドのような投資手法もあり。
但し、日本人の個人投資家には、インデックス長期&分散投資にしろバフェット氏のようなバリュー株&長期投資にしろ、長期投資(少なくとも10年以上のBuy&Hold)の実体験が殆どないから、自信が持てないのが実情でしょうね。
日本にはマゼランファンドのような長寿投信も殆ど無いに等しいし、インデックス分散投資にしても、インデックスファンド、ETF等の金融商品が普及、充実してきたのも最近ですから、アメリカや香港の証券会社に口座開設してETFで何十年と分散投資したホンの一握りの人達しか実感はないでしょうね。
かく言う小生も、長期投資といっても9年程の経験しかないんですが、例えば、アメリカはダメリカと最近言われて、米ドル安、円高ですが、

9年前に購入した米ドルゼロクーポン債(2025年償還)、今、円換算で1.8倍です。利子は無い割引債ですから複利で年6%です。

日本株、個別株、持ち株の大半(7割以上)は07年に売却しましたが、

99年に185円で買った商船三井、今でも、1000円以上の値が付いていますし、437円で買ったコマツ、今でも、2000円以上の値が付いています。長期投資&複利運用の観点からは好ましくないのですが、日本企業、配当あまり出さないと言っても、上記2社、それぞれ31円、42円です。小生の買値でみた配当利回りは16.7%、9.6%です。新興国債券並の利回り?株価が数倍になっただけではありません。外債、個別株とも長期保有した実体験です。←ここ重要(笑)!

翻って、インデックス長期分散投資。水瀬さんはBuy&Holdと言っていますが、リバランスという操作があります。例えば。かなり単純なケース、日本株:外国債券=50:50だとして、04年、05年あたりのTOPIX爆騰の年なんか、日本株比率が増えて、TOPIXを売って、外債を買い増し50:50に調整。利食い売りの利益で外債のアセットを買い増すことも。

”投資手法”や”金融商品”によってはバイ&ホールドの長期投資に向くもの、いろいろあるでしょうね。

とりあえず、誹謗や中傷はほっときましょう。
我々は自分が信じた道を行くのみです。

この世に100%”安全”な物がないように、皆さん不安をどうにかしようと必死なんでしょう。
その時にどうするのか、人に八つ当たりで紛らわすのかこれをチャンスと思うかは人それぞれ・・・
結果は・・・行動した人のみぞ知ると思います。

そういう方々は「Buy & Hold なんてしたことないからわからん」というのが本音ではないでしょうか。かくいう私も10年、20年後は人生の大勢が決してますから不安に思うのも理解できます。ただ否定してしまうことは、自分のとりうる戦略を狭めるだけでしょうから放っておけばよいのではないでしょうか。

私は少なくとも歴史をたどれば、Buy & Holdが確かな投資効果を生んでいると思います。

結局・・・

投資で成功するためには、一貫した考えを持つことが重要。

自らの失敗を他人への攻撃に転嫁しているかどうかはわかりませんが、そのような人たちには、すべては「結果」として本人自身に返ってくるのではないか、と思います。

そういう意味では、自らの戒めとして共感できる日記、と思いました。

これからも勉強させていただきます。

それが、バイアンドホールド+ドルコスト投資ではないの
でしょうか?

まー、退屈にインデックス投資+ドルコスト投資これができなくて、
暇な時間に、売買を繰り返してしまうんですね。

一時に比べると、売買手数料が下がりましたけど、結局、暴落するとあせるんですよね。。短期的なデータを統計的なデータと比べると信用性は薄いと思います。

そいえば、MIXIと別に、投資系のブログを始めました。

LINKしてしまいました。

株価が下がってくると、「いっぱい買える」と
逆にうれしくなったりもしますが(^^;

今月の買い時は、来週頭あたりかなぁ、なんて思ってます。

株や投信、パチンコ、競馬、果ては宝くじまで。
ギャンブルはどれをやっても偉そうに解説してくださる方がいますよね。ともすれば占いまがいの理論をいかにも科学的なように解説してきたりして。
勝ちパターンがわかってるなら、仕事なんてやめて全力でやればいい。
あっという間に億万長者。
BNF、リンチ、ソロス、バフェット。なんにでも勝手になればいい(笑)
例え本当になったとして、こちらにはどうでもいいことです。
イチローが何億もらってるとしても、「野球選手になればよかった」なんて思わないのと同じじゃないのかな。

『一つだけ「絶対」なのは「絶対」ということがないこと。』

ギャンブルに限らず、人生においてもそれがわからない人とはあまり話をしたくないですね。

はじめまして。
私も最近長期投資のブログを始めました。

「ひよっこに昔ながらのコツを教えるのは難しい。」

とは、ウォーレンバフェットの言葉です。

長期投資において、もっとも重要な才能は
鈍感力だと考えますが・・・。

バブルで傷心

攻撃を受けるのは芸能人などと同じで、残念ながら「有名税」ってやつでしょう。特に日本では、バブル期に大損した人達が沢山いますから、彼らに今から投資のイロハを語っても、残念ですが理解してもらえないかと・・・。

外野の雑音など気になさらず、今までどおりのスタンスを貫いてくださいませ。ノアの箱舟じゃありませんが、周りに流されず正しい判断が出来る人しか、結局は生き残れないのですから。

>生活防衛資金はしっかり確保した上で、余裕資金の運用に関しては

コレですよコレ!

>どんな立派な理論を展開したところで、将来のことを正確に予測できる人間など、この世には誰一人としていないのですから。

その通りだと思います^^;
投資は余裕資金でやるものです。。

お互いに頑張りましょう。

そうですか。
そんなに誹謗中傷内容が投稿されているのですね。
最近の株価低迷で、皆さん少しイラついているのでしょう。
そう言う私も、とほほな状況ですが。

今年度は少ない金額で多くの投資が出来る1年と
考えて耐え忍ぶしかないのかな。
コツコツ、コツコツ、毎月投信定額購入の継続だ。


コメントありがとうございます

>としちゃんさんへ

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」
深いですね。勉強になります。


>まくせるさんへ

すいません。思わず2回言ってしまいましたww


>タカちゃんさんへ

震災リスクは、日本株式クラスの比率が高いかたは、真剣に考えなくてはならないリスクなのかもしれませんね。


>滝沢 卓也さんへ

うちのブログが何かのお役に立ったのであれば幸いです。
がんばってください。


>ひろんさんへ

あちらはどうして放っておいてくれいないのでしょうね?(笑)


>Werder Bremenさんへ

いつも、貴重な貴重な経験談、ありがとうございます。


>にっしーさん・愛犬クロリスさんへ

いやいや、誹謗・中傷まではありませんよ。
相場が軟調になると毎度反論が増えてくるといった定例的現象について書いたまでですよ。


>kackyさんへ

バイ&ホールドで成功した経験者は少ないと思います。
国際分散インデックス投資ができるような環境になったのは最近のことですし。
経験していないことはよく分からんというのはごもっともだと思います。
これは時間が解決してくれるように思います。


>うえけんさんへ

何か共感いただける部分があったのであれば幸いです。


>silencejokerさんへ

短期的視野で見るのと長期的視野で見るのとでは、同じ事象を見ても、理解が変わってきますよね。
だから、これはある程度仕方がない定例行事のかなとも思っています。


>takeさんへ

こんなアホールドブログのことは放っておいてくれればいいのですが、どうしてわざわざコメントしてくるのかよく分かりません。

本文にも書きましたが、どうせ議論したいなら、相場が堅調な時にこそ議論をふってくれば格好いいのにと思います。


>エナフンパパさんへ

鈍感力、たしかに大切かもしれません。


>ぺ様さんへ

自分の信じた道を行くだけですね。


>投信戦略の発想法さんへ

こうして軟調相場に直面すると、豊富な生活防衛資金はとても大切だと実感しますよね。
短期的な市場動向など正直どうでもいいという気持ちでいられます。

理屈では分かっていても実践してみないとわかりませんもんね。

バイ&ホールドに反論するということは、
デイトレかスイングで勝ち続けろってことなんですかねえ。
そーゆー人って、よっぽど自分の運に自信があるんでしょうね。

というか、デイトレやスイングもやってない可能性が高かったりして。

と、偉そうなことを言いつつ、
インデックス投信の積み立ては、定期的にできるものの、
ETFの乗り換えはどうしてもタイミングを見てしまいます^_^;

修行がたりんなぁ。

勉強させていただいています

私の投資法はいたって単純です。
日経がピークから30%以上下がった時に、大型株の中からもっとも割安だと思うものをトヨタと商事を含んで5つ選んで、集中的に購入します。
だから昨年は一切株を買っていません。
今年の1月下旬から大量に(私にとってですよ)購入し、3ヶ月で20%以上の利益を出すやり方です。
だから、Buy&ホールドではありません。
でも、トヨタと商事については売らずにずっともっています。
これを、もう10年くらいやっています。
だから、トヨタが5000円割れでも儲かっていますし、いずれ上がるとのんびりと構えています。
普段は売買をしないという意味では暇ですが、興味のある企業の財務分析は結構やっています。 こんな事を考えているんだろうなって仮説を立てて数字を見る、数字を見て又仮説を立てる。結構面白いですよ。
話が長くなりました。これからインデックスをスタートしていきたいと思います。宜しくお願いします。

不安な環境になると、「どうされますか?」と聞かれることが増えてきますね。
上げている時には聞かれないのに…(笑)

だれでも不安ですし、どういう行動をするにせよ確実なことは何1つ無い中で出来ることは。。。
普通の投資環境の時に考えた戦略を忠実にやること。
状況が変化しないなら、その戦略を維持すること。
くらいしかないですもんね(^^♪

投資を余裕資金でやっているかどうかで不安感がちがって来るのだけは確かと思いますので、やはり「投資戦略」が大事になってきますね(^^♪

コメントありがとうございます

>マルキールさんへ

なかにはタイミング投資で勝ち続ける人もいらっしゃるとは思いますが、不思議なのは、そういうかたが相場が軟調な時に急増するということです(笑)


>士朗さんへ

個別株投資ですね。
インデックス商品を併用して分散をすすめれば、リスクを下げられる効果はあると思います。
いろいろ検討してみてください。


>うさみみさんへ

自分の場合、投資戦略がブレてしまうと、「感情の罠」にはまり不利な方、不利な方へと流されていってしまうような気がします。
できるだけ投資戦略は維持したいと思っています。

うさみみさんはブログで質問を募集されているのですね。
運営が大変だと思いますが、がんばってください。

「好き」が大事かな、と。

初めまして。のっぽ187と申します。
いつも楽しく、こちらのブログを読んでいます。

僕は、日本株の個別銘柄に投資をしているのですが、相場が軟調な現在、結果として、バイ&ホールドになっています。インデックス投資は少ない労力で、より確実に期待されるリターンが得られる良い方法だと思うのですが、僕は個別銘柄投資が好きなので、現在もこれを続けています。
きっと、この「好きなので」という部分が、投資を続けていく上では大切なのではないかな、と自分なりに理解しています。

これからも、インデックス投資およびその他投資関連のことについて、ブログを通していろいろと教えて下さい。

うさみみはインデックスがメインですが、積立よりスポットが多いので「感情の罠」に何度もはまってしまいます…その中で失敗をバネに改良していくのが楽しみだったり。
積立の一番のよさは、感情の罠にはまらずに、ポジションを増やしていけることですもんね。


>うさみみさんはブログで質問を募集されているのですね。
>運営が大変だと思いますが、がんばってください。

アクセス数が少ないのでできるのですが、自分の復習にも、新たな発見にもなるかなって試験的にやってみています。
お題をいただいて考えるってのに少し楽しみを覚えていますが、回答するという責任は重いので、慎重にいかないといけませんよね(^^♪

http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=54314013&k=c3&t=ay&s=998407.o&l=on&a=&p=&z=m&q=l

お疲れ様です。上のURLだと日経と、PRU海外債券マーケットパフォーマを記載しているのですが、ポートフォリオを組んでいけば問題なかったのでは?ちなみに、ドルコスト購入していけば、一番安い時期でも変えたからよかったのではねぇ~。

インデックス(ETF)購入を検討し始めて何ヶ月かたちました。
春にS&P500、TOPIXともに下がっていたのに躊躇していてチャンスを逸しました。
でも、特にS&Pがまた下がってきましたので、今週購入予定です。
マネックスで買おうと思っていましたが、延期になったのでSBIで購入予定です。

いつも勉強にさせていただいています。

コメントありがとうございます

>のっぽ187さんへ

はじめまして、のっぽ187さん。
好きこそ物の上手なれ、ですね(^^)


>うさみみさんへ

難しいことは分かりませんし、意外と初心者の素朴な疑問ほど答えるのが難しかったりしますので、すごいなあと思います。


>silencejokerさんへ

どうやら、みんながみんなそうお考えにはならないようで…(^^;


>士朗さんへ

士朗さんの運用が上手くいくことをお祈りしております。

ぼろくそな言われようですね。
これからはじめよう、あるいは買おうとしているけど
少しでも不安を感じるなら、買いのアクションは起こさないほうがいいと言っただけのつもりなんですが
こんなふうに話を膨らませて叩かれる事態になるとは想像もしていませんでした(私に対してじゃないということを言われるかもしれませんが、どうみても私以外に買わないほうがいいと発言した方は余り見受けられないので・・・)。


もちろん、5月下旬以降軟調になってもなお買い向かっている方は、みなさんリスクを承知で損してもいいお金を投資にまわされているんでしょうし、それに反対しているわけでもありませんよ。
これからはじめる、もしくは迷ってる方に、迷うなら買わないほうがいいんじゃないですかといっているだけで、売り煽ってもないですし。。。
自身がよし今ならと思うときまで休んで相場を見続けるだけだって、十分投資に参加してることだと思いますよ。
今こそと思ったとき時、現在より高かろうと安かろうと休んだ期間プールした投資資金をまとめて使えばいいだけじゃないですか。

私はすぐ売買できるネット証券上には、
ダイセキとレアアースしか持ってませんし、空売りする気もありません。
4月以降はそれまで含み損を若干抱えていた銘柄が一時買値を20%ほど上回ったので、半分利益確定処分しただけで、その後は何もしてないですよ。
ダイセキのほうはすでに4年になるし、株数も大きく増えていますので、簡単に売るつもりはありません。
それでも、持ち株が下がれば、そりゃご指摘どおり不安になりますし、いい気分になんかなりませんよ。
皆さんが言うほど怖がっているかはわかりませんけど。

ただ、買わないという人間が何故空売ろと命令されなければいけないかわかりませんし、
欧米特にヨーロッパを空売りする手段なんてそもそも持ってません。

アメリカとイギリスやスペインなどの住宅バブル崩壊のことなんてこの際どうでもいいですが
欧州勢による下品な環境テロで
ひょっとしたら資本経済の大きなパラダイムシフトが起こるかも知れない、
企業の利益はすべて環境(排出権取引)と資源に搾取されるかもしれないというときに
過去の歴史を振り返って、戦争でも大丈夫だったと思うのも
そうじゃないかもしれないと思うのも
わからないから様子見ようというのも
どんな意見があったっていいじゃないですか?

私は特にバイ&ホールドに反対しているつもりもないし
書籍・雑誌にでも紹介されるような貴ブログでは
私同様に億もいかないような小額資金でやりくりする
初心者の方も多いだろうし、
小額投資家だからこその迷いもあるだろうし、
と思って発言してしまいました。


ともあれ、空気も読めず、相場も読めず、無責任な発言をしてしまい
大変、申し訳ありませんでした。

>katsuさんへ

katsuさんだけに対して書いた記事ではありません。
約3年ブログを続けているなかで、過去何度となくあった下げ相場でよく起きる「傾向」について書いたつもりです。
個人攻撃のように受け取られ、ご気分を害したのなら申し訳ございません。

ただ一点だけ、ここはフリーの掲示板やコミュニティなどではなく、個人ブログの記事のコメント欄ですので、書かれたコメントは管理人へのメッセージだと認識されます。
他の読者さまに向けて書いたつもりというのは、率直に申しあげて場違いであり、内容によっては無用な論争のもととなりうることをご理解ください。
これは他のブログ様のコメント欄においても同じことだと思います。

相場が復活の兆しを見せた4、5月に利益があるなら利益確定したほうがいいといったり、6月過ぎの軟調時に買わないほうがいいというのは、確かにこれから20年30年という長いスパンで投資を考えておられる方に言うコメントではありませんでした。

また、いい大人がブログのマナーさえも理解できず、管理人様の意にそぐわない、軽薄な迷惑コメントばかりを垂れ流して大変申し訳ありませんでした。
お詫び申し上げます。

(相場同様にこちらへのコメントもこれで休ませていただきます。)

また、現在の株価位置や相場に一喜一憂せず、ドルコストでひたすら買い続ける意味や意義なども自分なりに考えてみたいと思います。

>Werder Bremenさん
 私は、資産のリバランスはしない予定です。
 超アホみたいに、その時その時に購入したポートフォリオをバイアンドホールド(新興国みたいに勉強前にかってしまったものは売りますが・・)しようと思っています。リバランスの計算をして比率を考えて、それで、購入しなおしても5年で0.2%程度しか変わらないらしいです。。 確かモーニングスターのホームページに書いて有りました。。。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)