投資関連本 2008年上半期Booksランキング

Amazonの“2008年上半期Booksランキング”が発表になりました。
投資関連本は以下のとおりでした。

1位 お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践(勝間 和代著)
2位 決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール(勝間 和代著)
3位 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術(橘 玲著)
4位 はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール―『通貨ペア』の選び方から『チャート分析』まで(山岡 和雅著)
5位 臆病者のための株入門(橘 玲著)
6位 金持ち父さん貧乏父さん(ロバート キヨサキ著)
7位 まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか(ナシーム・ニコラス・タレブ著)
8位 ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理(バートン マルキール著)
9位 貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵(北村 慶著)
10位 大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」(北村 慶著)

以下に、コメントを書かせていただきます。
1位、2位の勝間和代氏、強いですね。
今年は、どこの本屋も勝間氏の本が山積みです。
投資本というよりビジネス本のイメージがあって、今まできちんと読んだことはなかったので、ぜひ読んでみようと思います。

3位、5位は、大人気の橘玲氏がランクインしています。
一見、味気ない投資理論に、読者をぐいぐい引き込む文章表現力はすごいものがあります。
当ブログでもご紹介しています。(黄金の扉を開ける…はコチラ、臆病者の…はコチラ

6位の元祖金持父さんは、息の長いロングヒットですね。
2000年出版のベストセラーですが、いまだにランクインしているところがすごいです。
僕も影響を受けています。

そしてなんと言っても、8位に僕のバイブルとも言うべき、「ウォール街のランダム・ウォーカー」が入っているのがうれしいです。
世界中で35年以上読み継がれている名著ですが、2007年5月に第9版が出版されたため、2008年上半期にもその勢いが続いてランクインしたのだと思います。
さすが、全米No.1テキストです。
第8版の書評ですが、コチラにご紹介しています。

9位、10位は、北村慶氏です。
2冊とも難しい話を分かりやすく説明してくれる良書です。
「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」と「大人の投資入門」は、入門編と実践編の位置づけになっているので、その両方が並んでランクインしているということは、セットで買ったかたが多かったということでしょう。
当ブログでもご紹介しています。(貧乏人のデイトレ…はコチラ、大人の投資入門はコチラ

全体的に、投機的な本が少なく、インデックス投資を中心とした良書が多いように思います。
年末の年間ランキングも楽しみです(^^)
関連記事


  





コメント

読んだ本は第2位、8位

決算書のインチキ利益を見破る為のノウハウ満載の本を読みました。
その他に勝間 和代さんが言うにはマネー本の98%はガセなんだそうです。
理由はファイナンス論があるのにそれを無視した本が多数を占めているからなんだそうです。

橘 玲氏、北村 慶氏の本は読んだことがないので、立ち読みしてどんな考えの人かを見てみたいです。
とは言え、現在、私が読んでいる本がありますが1年ぐらいかかりそうなボリュームなので、他の本はこれを終えてからにしようと思っています。

個人的なイチオシは、今年3月に発売された
ジョン・ボーグル氏の「米国はどこで道を誤ったか―資本主義の魂を取り戻すための戦い」
微妙に投資から外れてますが…

私の場合は

1位と4位と7位以外は全部読みました。いっそのこと全部読んでしまおうかなと思いました。
好きな本は2位、3位、9位の本ですが、字ヅラだけ追うのではなく、自分の投資に役立てることが大事なことで、とても難しい作業であると実感します。

読んであったのは1,3,9,10位

私にとっては1位の本が衝撃的でした。その本の存在がここでコメント
を書いている自分を導いたのは間違いありません(*^。^*)

内容的におもしろかったのは9.10位でしょうか、特に年金の話は
興味深く読めまして、昨今のテレビ等での年金運用批判がどれほ
どいい加減なものであるのかを理解できました(^u^)

僕が読んだのは、3位、5位、6位、8位です。
僕にとってもバイブルである『ウォール街のランダム・ウォーカー』がけっこう上位に食い込んでいることはうれしい限りです。

本屋に並んでいるのはFXやシストレの本ばかりなのに・・・。
こーゆーランキングの特性はネット書店特有のものなのかもしれませんね。
北村慶氏の9位、10位に入っている二冊も気になっていたところです。
水瀬さんも良書とされているようなので、近々読んでみます。

コメントありがとうございます

>タカちゃんさんへ

1年掛かるボリュームの本ってすごいですね。
証券分析(ベンジャミン・グレアム, デビッド・L・ドッド著。955ページ!)かなにかでしょうか。


>まろさんへ

ググって目次を拝見したら、「ミューチュアルファンド・アメリカ」などおもしろそうなタイトルが並んでいました。
機会があったら読んでみたいと思います。


>うえけんさんへ

身になる読書をしたいですね。
ハズレも多く、なかなか難しいですが(^^;


>木星さんへ

1位の本はパラパラっと立ち読みした程度ですが、良書のようですね。
たくさんのかたに読まれ、日本人の金融リテラシー向上にかなり寄与したのではないでしょうか。


>マルキールさんへ

言われてみれば、店頭の山積みラインナップとはちょっと違うように思います。
ご指摘のとおり、ネット書店ならではのランキングかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

読んでいる本

水瀬 ケンイチさんへ
私が読んでいる本は「現代ファイナンス論(ロバート・C・マートン著作)」です。
582ページもあります。

証券分析(ベンジャミン・グレアム著)は凄いです。
ここまでやると数年かかりそうです。
それから、本は読んでいくとガセ本であれば間違えを自分で指摘できますし、本当に優れた理論書だと理解しておくと変な金融商品や合理的でない投資行動に走る心配が少なくなると思います。
私は結構、ガセ本に掴まされているので、信頼できる投資理論書である「ウォール街のランダムウォーカー」に辿り着くまで時間がかかりました。
そんな理由から、ファイナンス論に関する本も講師の人に教えて貰いました。

こんにちは。
以下の3冊を持っていて読みました。

一番ためになるのは、8位のウォール街のランダムウォーカです。
ただし、投資をしてみようと勢いづけられたのは6位の金持ち父さん、貧乏父さんです。ロジックを組み立てられないままつっこんでしまいました。(何をしたかはいえません‥‥…。)

1位 お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践(勝間 和代著)
6位 金持ち父さん貧乏父さん(ロバート キヨサキ著)
8位 ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理(バートン マルキール著)

コメントありがとうございます

>タカちゃんさんへ

現代ファイナンス論の582ページというのも、すごいものがありますね(汗)
がんばってください!


>silencejokerさんへ

僕も金持ち父さんシリーズを読んで、やっぱり未公開企業への投資だ!と目が眩んで、大証ベンチャーファンドを即買いして損したことがあります。情けなや…。
あれは、具体的な投資手法としてではなく、哲学というか考え方を学ぶ本なのでしょうね。

本当に書店に目立つようにおいてある本と、売り上げ実態は完全に一致しないことがあるというのが良く分かります。

1・8・9・10位等は納得がいくものでしたが、思ったより橘氏の書籍も上に来ているようでちょっと驚きました。5位の本は読みましたが、3位はまだ読んでいないので、機があったらまた読み通したいと思います。

ここに集まる人は読書家が多いですね?
たぶんパッシブ運用は暇なんでしょう(^^)

自分は2・5・8・9・10を読み3は現在進行形ですが・・・

1位は未読なようですのでそれは今後の楽しみにしようと思います。

証券分析は過去に読破しようとして・・・本を持ちながら爆睡したことあります。
文字は大きいので簡単だと思ったんですけれどところどころ飛ばし読みに・・・。

コメントありがとうございます

>新幹線さんへ

3位は投資本というよりも読み物としておもしろいですよ。


>とよぴ~さんへ

証券分析、そのデカさからなかなか手が出せません。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-77.html

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

Amazonの“2008年上半期Booksランキング”から♪

自分の中でもいくつか書いたのでトラバしてみます。 トラバ=自分の中ではブログ間を結ぶLinkだと思います。 Amazonの“2008年上半期Booksラン...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)