年金運用でもアクティブ運用はインデックス運用に負けている

年金運用でもアクティブ運用はインデックス運用に負けているそうです。

YOMIURI ONLINE 山崎流マネーここに注目 「公的年金巨額損失のニュースの小さな見どころ」(7月11日)から引用します。

【引用はじめ】
 GPIFは、日本株でも外国株でも、パッシブ運用(ベンチマークの収益率を複製しようとする運用)とアクティブ運用(ベンチマークの収益率を上回ろうとする運用)の2通りの運用を行っているが、それぞれの運用結果とベンチマーク収益率との比較が面白い。

 ベンチマークとの勝ち負け(収益率の差)で紹介する。国内株式では、パッシブ運用が+0.12%、アクティブ運用が-0.04%、外国株式は、パッシブ運用が-0.05%、アクティブ運用は何と-1.39%だ。アクティブ運用が、「ベンチマークの収益率を上回ることを目標に」という建前通りに機能しているわけではないことが分かる。

 国内株はパッシブ、アクティブ共に誤差の範囲かもしれないが、それでもアクティブ運用が負けている。外国株式のアクティブ運用のマイナスは、かなり大きい。元同業者(筆者はかつて運用会社に勤めていた)の情けで、運用会社の名前は出さないが、GPIFの外国株アクティブ運用を受託している会社は12社あり、そのうちの10社がベンチマークに負けた。また、12社中9社は外資系の(いずれも大手で有名な)運用会社だった(ご興味のある方は、GPIFのホームページで資料をダウンロードしてご確認ください)。

 個人投資家に、「有名な運用会社のアクティブ運用でもなかなかうまくいかないのだから、手数料(信託報酬)の安いインデックス運用のETF(上場型投資信託)でいいではないですか」と言いたくなるような、GPIFの前年度の運用実績データだった。もっとも、教訓としては有意義なのだが、国民としては授業料が高いと言わざるを得ない。
【引用おわり】

うーん、1年分のデータとはいえ、かなり興味深いです。
(後ろの追記で過去にさかのぼって検証しています)
山崎氏が取り上げている、パッシブ運用とアクティブ運用の運用結果とベンチマーク収益率との比較データは、GPIFの資料「平成19年度業務概況書」の74~79ページに出ています。

また、山崎氏が元同業者の情けで名前は出さないと言っている、ベンチマークに負けた外国株アクティブ運用受託会社10社については、96ページに出ています。
僕には何のしがらみもないし(笑)、そもそも僕たちの年金を預かる公的機関の公開情報なので、ダメな順に名前を出してしまいましょう。
※カッコ内はベンチマークからの乖離率(要するに負けっぷり)

ユービーエス・グローバル・アセット・マネジメント (-4.16%)
ウエリントン・インターナショナル・マネージメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド (-3.12%)
アライアンス・バーンスタイン (-2.98%)
キャピタル・インターナショナル (-2.31%)
みずほ信託銀行 (-1.80%)
野村アセットマネジメント (-1.25%)
DIAMアセットマネジメント (-1.07%)
バークレイズ・グローバル・インベスターズ (-0.88%)
シュローダー証券投信投資顧問 (-0.61%)
ステート・ストリート投信投資顧問 (-0.06%)

ここからベンチマークに勝った、勝ち組です。

ソシエテジェネラルアセットマネジメント (0.06%)
MFSインベストメント・マネジメント (2.97%)

以上です。
外国株式クラスの運用受託会社なのに、外資系運用会社のダメっぷりが目立ちます。
僕たちの大切な年金を預ける人たちです。
ベンチマークを上回りさえすればマイナスのパフォーマンスでもいいのかという議論はあろうかと思いますが、少なくとも、ベンチマークを上回ることすらできないアクティブ運用会社は雇う価値がないと言って差し支えないと思います。
さっさとご退場いただき、インデックス運用に切り替えてほしいものです。

まあ、全体的に見れば、相場が軟調で、年金も僕も運用成績は思わしくありません。
こういう時こそ、「プロによる運用」で損失を回避してほしいと期待してしまいがちですが、現実は期待どおりにはなっていないようです。

プロに期待などせず、愚直にインデックス投資を継続したいと思います。


(追記)
1年分のデータだけじゃ不公平かと思い、外国株式クラスのパッシブ運用とアクティブ運用のベンチマーク超過収益率のデータを、過去にさかのぼって調べてみました。

平成19年度 アクティブ運用-1.39% パッシブ運用-0.05%
平成18年度 アクティブ運用-1.14% パッシブ運用-0.15%
平成17年度 アクティブ運用-1.06% パッシブ運用-0.14%
平成16年度 アクティブ運用-0.77% パッシブ運用-0.17%
平成15年度 アクティブ運用-2.87% パッシブ運用-0.42%

過去5年分を見てみましたが、アクティブ運用はパッシブ運用に全敗です。
データは残酷ですね。



(ご注意)
本記事は水瀬の個人的考えです。投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

投資信託もそうですが、売買のたびのコストがかかってしまうアクティブ運用ですから、平均を示すインデックスに平均的に負けてしまうのは内外いずれも変わりないようですね。

個人なら個別株を購入してコストが無視できる期間、保有し続けることも出来ますが、運用を委託された法人ではやはり厳しいかもしれません。

さっそく

水瀬様

早速記事にしてくださり、ありがとうございました。

確かに1年だけのデータとはいえ、プロもほとんどインデックスに勝てないのですね。そうすると運用の世界でプロって言うのは一体なんなのでしょう。

もっとも投機をして市場の歪みを直してくださる人たちがいないと、インデックスも意味がなくなるとのことも良く聞きますので、プロの人たちの存在意義はそこにあるということでしょうか。

水瀬様やここの読者の多くの方々同様、地道にインデックス積み上げをしようと思います。

こんにちは。

今ウオール街のランダムウオーカーの最新版が図書館で手に入ったので読んでいます。
何が正しいかは、やはりわからないのですが、頻繁な売買がパフォーマンスを低下させるのは現実の世界を見ても確かなのかなって思いました。

それにしても、インデックスは強いですね。
本来ならば真ん中に来るはずなのに。

私はアクティブに分散しているのが愚の骨頂という感想です。

アクティブファンドの魅力は、そのFM独自の方針や重み付けなどでインデックス/ベンチマークと比較して「偏り」を持たせることで超過パフォーマンスを狙う方法なはずです。
しかし、複数のアクティブファンドに分散してしまっては、その偏りをお互いに打ち消しあってインデックス/ベンチマークに近づいてしまいます。
12ものアクティブファンドに分散しては余計なコストを掛けている分だけマイナスになるのは当然かなー・・・と。

もう少し考えて欲しい!

山崎 元氏は鋭い所を突いていますが、本来はGPIFの場合は個人がアクティブファンドを買うよりは遥かに低コストになる筈なのですが、それでもどう見ても歴然とした運用成績になっています。
個人で低コストのアクティブ運用のさわかみファンド信託報酬と、1305ダイワ上場投信-トピックス信託報酬の差である0.9345%よりもGPIFのアクティブ、インデックス運用の差はこれよりも小さい筈だと思いますが現実はこれよりも大きいですね。
これは明らかに運用会社に任せたGPIF側に問題が有ります。
こんなに運用会社が入り込んでいる現状は明らかに投資顧問料の無駄遣いです。

それから、ここには具体的なアセットアロケーションが出ていませんが、GPIFは国内債券の比率が高すぎでしかも想定運用利回りが国内債券3.0%と言う現時点では考えられないリターンを想定しています。
確かにリスクの取り過ぎと言う意見もあるんでしょうけど、現在のGPIFのポートフォリオの10年程度の期待リターンで3%台は無理が有るように思えます。

我々の年金を扱うGPIFはもう少しアセットアロケーションや運用方針(インデックス運用を中心にするとか)を考えて貰いたいです。

最近では日本も国営ファンドを作ろう・・・みたいな論調が出てきてますよね。
経営コンサルタントの大前研一氏も、日本の個人資産を働かせるために、
有名なファンドマネージャーを高額のフィーで雇って国営ファンドをいくつも作るべき、とか書いていた気がします。

この手の記事を見るたびに、

「やめてくれ~」

と叫びたくなります。

どんな有名なファンドマネージャーを連れてこようが、
インデックスに勝ち続けるパフォーマンスを実現してくれる可能性はほぼゼロですからね。
ましてや役人の思想で国営ファンドなんか作っても失敗するに決まってます。

今回の年金運用におけるパッシブ運用の優位さを見ると、なおのことそう思ってしまいます。

はじめまして。
いつも楽しんでいます。

書籍用のネタ探し、順調に進んでるようですね。楽しみにしています!

ベンチマークが存在するアクティブに投資する理由なんてないと思うのですが…。ほんとにやめてほしいです。

それに運用成績の9割以上がアセットアロケーションで決まるのだから、アロケーションを見直して欲しいですね。
イギリスの年金基金は2007年は+3%のリターンをたたき出しているようだし、それでもイギリス国内では「ひどいパフォーマンス」と言われているようですが…、商品とかヘッジファンドのインデックスに投資するとか、何とかならないものでしょうか。
金融後進国というのはツライです…。

コメントありがとうございます

>新幹線さんへ

アクティブ投資で成果を出すというのは難しいことのようで。


>目からうろこさんへ

過去5年さかのぼってみましたが、同じ傾向でした。
興味深いデータです。


>うさみみさんへ

最新版は、行動ファイナンスやリタイア後の運用について新たに追記されています。
進化しているウォールガイノランダム・ウォーカーを楽しんでください(^^)


>吊られた男さんへ

なるほど。
アクティブ運用で成果を出すのは難しいものですね。


>マルキールさん・オートマさんへ

国営ファンド、賛否両論ですね。
個人的には、国営ファンドを新たに作るよりも、まずは既存の年金運用における債券偏重のアセットアロケーションの見直しが先なような気がします。

エマージングにはアクティブもありかも

私も昨年末からファイナンス理論をはじめいろいろな勉強を始めると同時にETFを中心に投資を始めました。

国内のETFは入手したのですが、海外については値動きを見て
すこしづつ、投資をはじめているところです。


さて、アクティブvs パッシブの話ですが、実は、パッシブの
ほうが良い市場と、アクティブが良い市場とがあるように思
います。

具体的には

比較的市場の効率性が高い(といわれている)先進国市場ではパッシブ

エマージング市場および、中堅・小規模企業におおいては
投資家間で情報の非対称性等々発生するため非効率市場とい
うことで、アクティブの投信を購入するのが良いのかなと考
えている次第です。

エマージングでは、EEMという王道のETFがあり、TOKと組み
合わせるかどうかで悩んでします。

皆さんはこのあたりどう考えているんでしょうか。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)