売りたくなったら見る言葉

僕の投資スタイルは、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略です。

この戦略を採る投資家のいちばん大事な仕事は、企業分析やマクロ経済分析ではなく、単に「ファンドを売りたくなった時に我慢すること」だと考えています。
しかし、実際にやってみるとこれが非常に難しい。市場にはさまざまな誘惑が満ちています。
そんな時は、「売りたくなったら見る言葉」を繰り返しかみしめます。

企業が獲得する豊富なリターンの上に作用する複利の力を過小評価してはならない。
過去一世紀にわたり、米国企業はその資本に対して平均年9.5%の利回りを計上してきた。
この利率で10年間の複利計算をすると、当初投資した1ドルは2ドル48セントに増える。20年では6ドル14セント、30年では15ドル22セント、40年では37ドル72セント、50年では93ドル48セントになる。
複利の魔法は、驚異的である。
つまり、資本主義は、企業の成長・生産性・豊かな資源・革新を通じて富をもたらし、その所有者たる投資家にとってはプラスサムのゲームを提供する

マネーと常識 投資信託で勝ち残る道
マネーと常識 投資信託で勝ち残る道」(ジョン・C・ボーグル著)より


つい弱気になったときには、売らずに我慢するテクニック集でもどうぞ。
「売らずに我慢するテクニック」カテゴリー

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

日本でも1951年を100円とすると株式は44170円になってます。やはり株式が一番インフレに強く資産を増やしてくれる事が証明されております。長期株式投資が一番資産を増やせる方法だと信じています。

この記事は、水瀬さんといえども、いまのような状況だと売りたくなるので、自戒されているということなのでしょうか(あまり気になさらないのだと思っておりました)。あるいは、他戒いただいているのでしょうか。

わたしの場合、これだけ期待リターンが高くなると、買いたくて買いたくて仕方なくなるのですが、2000年から2002年くらいの日本株のチャートなんかを眺めて、あまりあせってはいけないと自戒しています。

う~~~む。根拠がありますよね^^今年、たくさん投資して何十年後かに2008年はいい投資の時期だったと笑いたいですねwwwwww

改めて複利の力の偉大さがわかる言葉ですね。

相場を気にせず、ぼちぼちいきましょうか!

とはいえ、人間とは弱いもので、やっぱり外野の声にふらふらとなっちゃいます。私も、この言葉を胸に刻んで我慢します(笑)

30年で

15倍にならない会社もありますよねー・・
私が入った頃(20年まえー^_^;)に(バブルだったからー)最高2000円つけてたんですが今170円・・・
そうするとインデックスの方がいいのかなぁ。。。

小生もむしろこの下げ相場で買いたいのを我慢するのに苦労しております。「長期投資でタイミング図ってどうすんの?」と言わないでください。投資を始めて日が浅く、リタイアまで1周半ぐらいしか残ってない身としては、高値掴みはリカバリが難しいんです。

買いたくなったら、S&P500の2000-2003年のグラフを眺めてぐっとこらえています。今回も全治3年を想定して、キャッシュポジションは徹底的な時間分散で投入して行くつもりです。

現実逃避しましょう!

あんまり毎日値段見るのもあれなんで、別のこと考えましょう。
僕は最近モノポリーにはまっています!
資産運用とかにも通じるものがあるような気がします。


・・・あまり気になるようでしたら、
プットオプションを買っておくのもありかもしれません。
『いつまで』に『どれだけ』損するのが限界かがはっきりしてれば、
それに該当するオプション買っておけば損失は限定されますよね。
かなぁり邪道かもしれませんが(^^;;

配当利回りにも注目してみる

インデックス投資の良さは日々の相場を追いかける必要が無い事です。
もっと気楽に考えた方が良いと思います。
ちょっと配当利回りを計算して見ると結構、高い物が多くあります。
こう言う時に買える人は高配当をゲットできます。
勿論、インデックス投資の人は配当は再投資に回しますが、各ETFの配当利回りが異常に高いのが目立ちます。
日本株配当の配当利回りは相変わらず低い物が多いですが、海外の株式配当利回りは高い物が多いです。

で、ここからなのですがコラムにもあるように「過去一世紀にわたり、米国企業はその資本に対して平均年9.5%の利回りを計上してきた。」と言う事実まで知っていれば、仮にも株価の変動が無くても配当はゲットでき、長期的には平均年9.5%のリターンを享受できれば結構、凄い事だと考えられますね。

コメントありがとうございます

>としちゃんさんへ

将来はどうなるか分かりませんが、過去のデータからはそう言えると思います。


>あらきさんへ

ご想像におまかせします(^^)


>まくせるさんへ

そうですね。いっしょに笑いましょうwwwww


>マルキールさんへ

長期投資の先は長いです。
ぼちぼちいきましょう。


>ダモさんへ

【ご注意!!】
本記事は、インデックス投資のバイ&ホールド戦略を採るかたに向けて書かれています。
違う戦略のかたが参考にするのは逆効果になる場合があり、とても危険です。
扱いについては自己責任でお願いします。


>SRKさんへ

がんばってください。


>とと丸さんへ

オプション、気になるのであればやってみてはいかがでしょうか。
おそらく、相場を読むことの難しさに気付かれると思いますが…(^^;


>タカちゃんさんへ

命をとられるわけではありません。
気楽にいきましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

後すんません、MIXIを出て、ブログを始めてLINKさせていただきました(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

バイアンドホールド作戦について

梅屋敷商店街のランダムウォーカーさんからのトラバです。 >企業が獲得する豊富なリターンの上に作用する複利の力を過小評価してはなら...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)