野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ

野村アセットが、9月1日よりETF売買単位を10分の1に引き下げるようです。

【NIKKEI NET 2008/07/21より引用】
野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で
 野村アセットマネジメントは9月1日、「TOPIX連動型」と「日経225連動型」など22本の上場投資信託(ETF)の売買単位を大幅に引き下げる。現在の最低売買金額は8万―34万円程度だが、いずれも10分の1の金額にする。ETFをより少額の資金で取引できるようにして、個人投資家の売買を活性化する狙い。

 すでに3万円台で売買できる「金価格連動型」「上海株式指数・上証50連動型」などは売買単位引き下げの対象外だが、同社が扱う大半のETFが5万円以下で売買できるようになる。(07:00)
【引用おわり】

個人投資家が投資しやすくなるので、これはうれしい話です。

例えば、僕が少し投資している「TOPIX連動型上場投資信託(1306)」は、最低取引単位で126,275円 (2008年7月18日現在)なので、これが13,000円弱で買えるようになるということになりそうです。
証券会社によっては○○万円までなら売買手数料無料の料金体系などがありますので、これを活用すれば、もしかしたら手数料なしで購入できるようになるかもしれません。
もちろん、その証券各社が野村アセットのETFを手数料無料の対象にするかどうかにもよりますが。

場合によっては、日本株式クラスは1306で積み立てることにより(厳密なドルコスト平均法にはなりませんが)、インデックスファンドからETFへリレー投資をする必要がなくなるかもしれません。
そうすると、IVV(米国)+EFA(米国以外の先進国)の組み合わせよりも、1306(日本)+TOK(日本以外の先進国)の組み合わせの魅力が高まってきます。

僕は現在、主にIVV+EFAで運用していますが、悩ましいところです。
しかし、もしVT(世界の株式全部入り)がどこかの証券会社で取り扱い開始になれば、それがいちばん魅力的だし…。
う~ん、選択肢が増えてうれしい悩みですね(^^;
関連記事


  





コメント

ほっと割20を活用できるかな

野村のほっと割20を使うと、日本株の取引が20万円まで手数料無しで買えます。
http://www.lgde.net/nomura.html

うまく組み合わせられると効率的に積み立てていけるかな。いつもお得な情報をいち早くお知らせいただき、ありがとうございます。(^^)
自分でも調べてみます。


ETFのネックのひとつであった売買単位が少し大きい点はこれで大分緩和されますね。私がメインで利用しているSBI証券では10万円以内であれば手数料無料のプランもあるので、手数料を気にせず投資できるようになるので、今回の野村アセットの試みはかなりうれしいですね。

私もさっき日経新聞で知りました!これが実現すればわざわざインデックスファンドからETFにリレー投資する必要がなくなるわけです。

珍しく、野村グッジョブ!

既にご紹介されてますが、野村のほっと割20で1日約定20万円までは売買手数料がかかりません。

うさみみの場合は、丸三証券を使ってますが、こちらも同様です。
これを使うので、インデックスからのリレー投資はしたことがなく、1306を直接買い付けています。

海外ETFが出た場合も、これらで対応できる可能性があります。

TOKと1306で運用している方だと
バランス調整がラクになりそうですね
ま、わたしもIVV+EFAですけど・・・

コメントありがとうございます

>あづささんへ

活用できるといいですね。


>道産子さんへ

イートレのアクティブプランですね。
しかしまさかバイ&ホールド派の自分がアクティブプランを検討することになろうとは…(^^;


>kackyさんへ

厳密なドルコスト平均法にならないなどのデメリットはありますが、個人投資家が投資しやすくなることは間違いないと思います。
僕もグッジョブだと思います。


>うさみみさんへ

今後の証券会社選びの基準にも、ちょっと影響を与えそうですね。


>TAD。さんへ

1306+TOKだと今度はTOKの流動性が気になるし、悩ましいですね~(^^;

そんなに安い値段から買い付けできるなら、リレー投資じゃなくいきなりETF買い付けもできますねえ。

TOKの流動性が高ければ迷わずTOK+1306なんでしょうが。積立を1306と外株ファンドでおこない、リレー投資をIVV+EFAにする・・・なんか微妙ですね。迷う楽しみが増えました。

>水瀬さん
そうですね。定口数投資になってしまうとドルコスト平均法より効率が悪くなりますね。ドルコスト平均法にするには、1口をETFで買って残金をインデックスファンドに投資するとか。面倒ですかね。

IVV+EFA or 1306+TOK ですが、TOKの出来高が少ないので前者の方がよいと思います。せっかく投資したくても約定しなくては意味ないですからね^^;一部出来では取引手数料かさみますし。TOKを東証に上場してほしいですね。

この記事トラバしときます♪

コメントありがとうございます

>topgunさんへ

迷う楽しみ、ありますよね。
選択肢が多いからこその楽しみです。


>kackyさんへ

定額投資が常に定数投資に勝るのは、数学的に証明されているようですので、ドルコスト平均法にならないのはデメリットですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で

野村アセットのETFの記事でしたので、ろくでもないETFでも新規に設定したのかと思いましたが、かなりいいニュースです! TOPIXETFを含む22本のETFの売買単位を10分の1に下げるとの事です。今までTOPIXETF(1306)を購入する際は100口単位でしたので、13万程度かかりまし

ETFの売買単位が10分の1。 これは非常に良い!!

リンク先のこちらやこちらで既に記事になされていますが、 9/1より、野村AMがETFの最低売買単位を1/10に引き下げるみたいです。 野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で (from NIKKEI NET) 野村アセットマネジメントは9月1日、「TOPIX連動型」

野村アセットが日本株ETFの売買単価を10分の1に小口化

早速多くの投資ブログで紹介されているが、野村アセットマネジメントがTOPIXや日経225連動等のETFの売買単位を10分の1に小口化することになった(日経新聞)。

野村アセットETF売買単位を10分の1に引き下げ

野村アセットのETF22本が9/1から現状の10分の1の金額から取引できるようになるようです。 例えばTOPIX型1306の場合、現状は1口13万円程度なの...

野村アセットのETFが・・・買いやすく変わった!

えらいニュースじゃないですか!野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下がります! NIKKEI NETより引用野村アセット、ETF売買単位を10...

[メモ] 6,7,8月のネット証券さんの気になるニュース

さて、今回もネット証券の頑張りを皆さんのお力を借りて取りあげて見たいと思います。...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)