マネックス、米国上場ETF・株式の取扱い開始時期のお知らせを再延期

マネックス証券が、米国上場ETF・株式の取扱い開始時期のお知らせを再延期するそうです。

【マネックス証券WEBサイトより引用】
米国上場ETF・株式の取扱い開始時期について

米国上場ETF・株式の取扱い開始時期につきましては、6月30日付けの最新情報にて、7月半ば以降とお知らせいたしましたが、サービスリリースに向けた最終確認作業に遅れが生じております。
お客さまからたくさんのご要望をいただきながら、お待たせをすることとなり、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

なお、サービスの開始日、ならびに概要につきましては、確定次第、あらためてご案内させていただきます。お客さまに、一刻も早く、また安心してお取引いただけるよう、鋭意準備を進めております。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
【引用おわり】

あいたたたたた…。

前回の取り扱い開始延期時に、僕はブログで、「まぁ、やってしまったことはもう仕方がありません。その後、どう行動するかによって、企業の姿勢が分かります」と書かせていただきました。
失敗した後の行動が、お知らせの再延期という形であるところを見ると、マネックス証券、「迷走中」と言われても仕方がないのではないでしょうか。

今まで、マネックス証券は顧客志向のネット証券だというイメージを持っていましたが、いったいどうしちゃったんでしょうね?


(関連記事)
2008/06/30 マネックス、米国上場ETF・株式の取扱い開始時期の延期
関連記事


  





コメント

ウォール街のランダムウォーカがマネックスユニバで紹介されています。

http://www.monexuniv.co.jp/service/mailmagazine/backnumber/mubookshelf/2008/21_3.html#mubook0725
らしいです。お勧め度は満点です。

『ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理』 (原著 第 9 版)バートン マルキール (著), 井手 正介 (翻訳)、 日本経済新聞出版社、 2,415 円(税込)
【ジャンル】 お金の指南書
【難易度】 ★★★☆☆   (★が多いほど難しい) 
【文字量】 ★★★★☆   (★が多いほど多い) 
【所要時間】 ★★★★☆ (★が多いほど時間がかかる)
【おすすめ度】 ★★★★★ (★が多いほどおすすめ) 

このまま立ち消えになっちゃたりして・・・

ま。私は今のところ楽天とSBI証券で納得しております。

やっぱりというか、ガッカリしてしまいました。
期限が出ていないのでいつサービス開始となるのか予想も出来ませんが、気長に待つしかないですね。
マネックスへの信頼がどんどん崩れてしまってます。一番好きなネット証券なのですが。

今回のニュースを見ると、着々と商品ラインアップ(海外ETFや投資信託)を増やしている楽天証券に一歩も二歩も差が開いてしまった感じがしますね。

マネックスのニュースリリースを見ると、まだまだ時間がかかりそうな予感がしますし、もうあまり期待しない方が良いような気がしてきました(少し諦めモードです)

今度は時期を明らかにして来ませんでしたね。相当、米国株を扱うための内部処理で手間取っているんでしょうか?こういうことが続くと発表に関する信憑性も落ちてしまう気がします。

自分はマネックス証券は顧客を大事に思っていないと思います。
今回の件もそうですが、外国為替証拠金取引のことです。もうすでに口座を解約していますが、彼らの保有する2つのFX口座は今回トウキョウフォレックスを買収しマネックスFXにしたことでシステムの統合化を行うので顧客にポジションを決済して欲しいと連絡があったようです。
会社の都合なので顧客のポジションを移管すべきで、要するに面倒なので顧客の方でやってください。という態度です。
一方で楽天は今回マーケットFXを閉じて、楽天FXに移行する際、ポジションも移行するとのことでした。マネックス証券は顧客を大事に思っているとは思えませんでした。

コメントありがとうございます

>silencejokerさんへ

僕もおすすめ度も満点です。


>マルキールさんへ

立ち消えは寂しいですね…(^^;;


>道産子さんへ

ファンのかたの心中お察しいたします。
マネックスさん、しっかりしてほしいですね。


>モンチさんへ

不思議なのは、概要の正式発表について延長につぐ延長をしておきながら、ずいぶん前から複数のマネー誌に情報がぽろぽろ漏れていることです。
これは???です。


>新幹線さんへ

延期の理由は外部の僕たちには分かりません。


>チャピさんへ

FXでそんなことがあったんですね。知りませんでした。
それに関しては楽天の対応のほうが顧客志向ですね。

マネックスの内藤忍さん

日経マネー9月号の内藤さんのレギュラーコラムで、バランスファンドの実力診断をされています。「SBI(スゴ6)」「セゾンバンガード」「ジョインベスト(投資生活)」「マネックス資産設計」の比較をされています。各ファンドの資産配分による過去10年のバックテストのチャートのグラフで比較診断されています。他にリターンをリスクで割って比較診断されています。いずれも、「マネックス資産設計」が1位になるようですが、何となく自社のファンドを宣伝されているように感じてしまいました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

マネックス証券:海外ETF取り扱い再度延期!

やっぱりというか、なんというかマネックス証券の海外ETF取り扱い開始が延期されました。 しかも、期限が見えておりません。 無期限延期という表現になりますが、どんだけひどい不具合かかえているんだよ!って言いたくなります。再三の延期って信頼失うだけなのです

マネックスは説明責任をしっかり果たすべきと考えます

おやじダンサーさんのブログで、米国上場ETF・株式の取扱いが、再延期となった旨知

マネックス ETF取扱い再延期

当初、5月に6月中に参入すると公表しておきながら、同月末の情報で7月中へ取扱い時

マネックス証券またですか!

こんばんは。 以前のエントリーで、マネックス証券が6月下旬に、「米国上場ETF・株式の取り扱い」を発表→7月半ば以降まで、延期になったという話を書きました。 そこで、私は今か今かと、この取り扱いを待ち望んでいたのですが、昨日マネックス証券のホームペ...

マネックス証券、海外ETF取扱い延期

アナウンスがないと気になっていたが・・・、 マネックス証券の海外ETF取扱いは まだ?(2008-07-20 Blog) やっぱり延期だった。しかも開始時期...

マネックス証券の海外ETF再延期について

マネックス証券の海外ETFが再度延期・・・しかも今回は時期が見えていないので重症だと思ったほうが良いです ことの始まりは雑誌の飛ば...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)