心を殺す通勤電車

水瀬ケンイチ

昨今、企業の情報漏洩・情報紛失事件が多発しています。
まあ、今までも密かに情報を紛失したりはしてたんでしょうが、たいして騒ぎにもならなかったところが、消費者の個人情報意識の高まりから、マスコミが書きたてるようになり、企業側も正直に「紛失しました」と報道発表せざるを得なくなってきた、というところじゃないでしょうか。

僕が働いている会社でも、ご多分に漏れず情報管理が厳しくなってきており、社員の私物も制限されます。担当ミーティングで、こんな話がありました。

課長「・・・という訳で、社員の外部記録媒体持ちこみは禁止します」
一同「はい」
先輩社員「でも、“外部記録媒体”なんて持ち歩くやついるの?」
後輩社員「センパイ、今やiPodもハードディスク内臓ですよ。知らないんですか?」
OL「えっ!?iPod持ってきちゃだめなんですか!?」
課長「まあ、そういうことになるな」
OL「(崩れ落ちながら)そんな・・・通勤ラッシュの中では音楽全開で心を殺さないと、1分と持ちこたえられません・・・」
先輩社員「心を殺すなんて、おおげさだな~~わはは!!」

先輩社員は笑ってましたが、僕はこのOLさんの気持ちがよくわかるような気がしました。


あの通勤ラッシュは、単に混んでいるだけでなく、そこに押し込められている人たちの、押した押されたの意地の張り合い、時間に追われてる焦り、仕事がうまくいかない悩み、姉ちゃんのキツイ香水、おっさんの二日酔い臭・・・というような何か「人間の悪い部分」みたいなものがまとめて充満していて、それこそ息が詰まります。精神的にキツイ。こればかりは何年乗っても慣れません。

毎朝、心を殺して黙々と会社に向かう私たちサラリーマン・・・。大昔、大きな石を運び続ける作業場へ向かう奴隷と重なって見えてしまうのは僕だけでしょうか。
はやく、早期リタイアして、自由な時に、前向きに取り組める事に専念できるような身分になりたいものです。そのためにも、今できること、投資や勉強を着実にやって、すこしずつでも近づいていくしかないですね。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ