週刊ダイヤモンド8月2日号山崎元氏コラム「ETF革命の光と影」に全面的に賛同 (その2)

前回の記事、「週刊ダイヤモンド8月2日号山崎元氏コラム「ETF革命の光と影」に全面的に賛同 (その1)」の続きです。

山崎氏が指摘しているように、低コストのETFの普及は投資家にとっては「革命的」で、一般の投資信託にも値下げ圧力を与えていると思います。
実際、ネット証券で海外ETFが出てから、個人投資家のコスト意識が高まったように感じます。

今までマネー誌ではほとんど取り上げられることがなかった、低コストな海外ETFを活用しての資産運用が、たびたび特集で組まれるようになってきました。
某編集のかたに教えていただいたのですが、低コストにこだわった海外ETF関連特集は、読者アンケートによる人気度が上昇傾向にあり、「売れる企画」になりつつあるとのことです。

インデックスファンドにも、影響を与えてきたように見えます。
まず、低コストなインデックスファンド(多くは個人では買えない商品)を組み合わせたバランスファンド(マネックス資産設計ファンド・セゾンバンガードグローバルバランスファンド・SBI資産設計オープンなど)が人気を博すようになりました。
そして、当然の帰結として、低コストな構成インデックスファンドをばら売りしてほしいという要望が高まり、かなり低コストなSTAMシリーズなどが登場してきました。

しかしながら、それでも日本のインデックスファンドの信託報酬水準は、まだETFには追いついていません。
米国では、ETFとインデックスファンドのどちらが良いかという議論が盛んのようです。
(関連記事)
2007/08/15 ETFとインデックスファンドのどちらが優れているか?
これは、ETFとインデックスファンドの信託報酬が超低水準で拮抗しているため、「コスト的に大差ないものをあえて比べると」という大前提で、どちらの方がよりよいか厳しい議論が繰り広げられているのだと思います。
日本は、その前提にすら達していません。

だからこそ、山崎氏が言うところの「運用の世直し」のため、いまの日本では海外ETFが重要なのだと思います。
引用はしませんでしたが、コラムでは、「いいETFが(日本では)上場されないこと」と、「証券会社の窓口が消極的であること」を懸念しています。
たしかに、低コストな商品はそれだけ金融機関側の儲けが少ないのは事実ですが、米国や欧州で出来ることが、日本でできないことはないと考えます。
金融機関側にも投資家側にも課題があるのでしょうが、ここでETF革命の灯を消してはいけません。

今後も、個人として出来ることをやっていこうと思います。
海外ETFについてのブログ記事を書き続けるつもりだし、実際に海外ETFに投資するし、海外ETFの更なる充実を証券会社に積極的に要望していきたいと思います。

(おわり)


<ご参考>
海外ETFを取り扱うネット証券は、以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
楽天証券
SBI証券

関連記事


  





コメント

こうしてみると、今、僕たち個人投資家は新しい潮流の真っ只中にいるみたいですね。
改めてETFの素晴らしさや、橘玲氏のいう「金融2.0」の真実味を実感できました。

私も、ヒジョーに微力ですが、ETF革命に協力したいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

ローコストな海外ETFが注目を集めだしたのは、水瀬さん達の努力があってこそだと思います。
ブログの力もかなりものなんだなって思います(^^♪
ネット証券会社の登場の時ような嵐になるといいなと思います。

証券会社の体質の大きな変化も見られないのですが、やはり投資を勉強している人が少ないというか、自分で考えて投資している人が「お金の無い世代」だからなのかもしれませんね。
殿様商売がつづけられるのも、買う人がいるから。。。うーん、選挙と一緒で、みんなが感心を持たないといけないんですよね…。

ETF特集

> 今までマネー誌ではほとんど取り上げられることがなかった、低コストな海外
> ETFを活用しての資産運用が、たびたび特集で組まれるようになってきました。

薄利でも市場が成熟していけばビジネス(儲け)になるわけですから、インデックス投資家がどんどん増えることで金融機関側も動きます。動いて欲しい我々としてはETF関連特集は大歓迎ですよね。

と思っていたら。。。

マネー誌どころか今週のFLASH(写真週刊誌)にETFの特集がありました。
http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=101002

おっぱいの隣のページにETFの文字を見るとは思わなかったです><

ダイアモンドの記事は読んでいないんですが、、
このETF人気によって、各国内証券会社の「ETF売りたくない」精神が悔い改められることに期待しますね。

SBI,楽天証券には、もっともっと黒船を呼んでもらわないと(^^;



コメントありがとうございます

>マルキールさんへ

インデックス商品の過渡期ですよね。
よりよくなって、はやくグローバルスタンダードに近づいてほしいと思います。


>うさみみさんへ

金融機関側が殿様商売をやめるのが先か、投資家側が意識向上するのが先か、ニワトリと卵みたいですが、今のところ欧米と比べて両方遅れているんだから両方がんばろう!だと思います。


>玉橋さんへ

ほ、本当だ!
おっぱいの隣にETFの文字が…(^^;

これはETFが本格的に市民権を得てきた証拠か…!?


>モンチさんへ

数字で優劣が分かりやすい金融の分野では、外圧も有効だと思います。
特に楽天証券の先進的な取り組みには期待しています。
がんばれ、SBI&楽天!

地方紙でもETF解説

今夜の神戸新聞(http://www.kobe-np.co.jp/)夕刊にも、金融面「ウイークリー くらしの経済」欄で「上場投資信託(ETF)」の解説記事が大きく載っていました!
ま、一般向けなので、通り一遍の内容でしたが。(隣面もおっぱいじゃないです)
大見出しは「長期間保有にメリット」「取引時間中いつでも売買」。小見出しは「リスク軽減」「高い機動性」「出来高」。
もしかしたら神戸新聞だけでなく、地方紙ネットワークに入ってる新聞皆に同じ記事が載るのかもしれません。
それこそ、地方に住む定年退職及び引退者の皆さんがふとこの記事を目に留めて、興味を持ってネット検索してみたら…。ETFの理解を深める入り口には、この記事はなるかもしれませんね。

コメントありがとうございます

>nancixさんへ

地方紙でもETF解説ですか!
インデックス投資が全ての人にベストというわけではないと思いますが、やるやらないは別として、こういうマイルドな投資法があるという存在くらいは多くのかたに知ってほしいと思います。

ところで、nancixさんは関西のかただったんですね。
勝手に東京のかただとばかり思っていました(^^ゞ

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)