投信スーパーセンター、日興コーディアル証券が運営へ

投信スーパーセンターは2008年12月をめどに、日興コーディアル証券が運営することになるそうです。

(情報ソース) 投信スーパーセンターのWEBサイト

日興コーディアル証券が投信スーパーセンターの運営会社であるコーディアル・コミュニケーションズを、吸収合併するかたちです。
親会社の日興シティホールディングスのプレスリリースによると、「本年3月に発表した日本におけるグループ体制の再編の一環であり、組織全体の業務効率の向上、サービスの一層の強化を図るための見直しの方向性に沿ったもの」とのことです。

(情報ソース) 日興シティホールディングスのプレスリリース

なんだか、いつかどこかで見た悪夢に似ているような、そうでないような…。
日興コーディアル証券の高コスト投信ラインナップと、投信スーパーセンターの低コスト投信ラインナップは、ある意味利益相反しているからなぁ。
同じ会社が運営するとなると、少々心配です。

とりあえず、吸収合併のどさくさに紛れて、「業務効率化に伴う投信ラインナップの見直し」とかなんとか言って、低コストのインデックスファンド(年金積立シリーズなど)の取り扱いを廃止したりしないことを祈ります。

逆に、証券仲介業者から金融商品取引業者そのものになることによりサービスの幅が広がるなど、サービス強化につながるといいですね。
がんばれ、投信スーパーセンターさん!!

(関連記事)
2007/06/10 投信スーパーセンターの桜井社長からメッセージをいただきました (前編)
2007/06/11 投信スーパーセンターの桜井社長からメッセージをいただきました (後編)

<ご参考>
上記金融機関は、以下から口座開設できます。
投信スーパーセンター
関連記事


  





コメント

 投信を投信スーパーセンターで積み立てしていますが、手数料が悪い方向に改訂されないか心配です。仮にそうなったら、こちらの口座のものは塩漬けにしておいて、別会社で積み立てを始めるつもりでいますが、管理が面倒になりますね・・・

その件で釘は刺しておいたんですが・・・

5月初め、早期リタイヤ(その4)に投稿した日興株主代表訴訟未遂事件の続編です(笑)。昨年、4月に入ってから売却し、株主総会入場券を確保。1年前の株主総会で、「シティーがバックについた。信用補完(運転資金の確保)は問題ないとのこと。ところで、そのシティーだが3年前、プライベートバンキング部門がデリバティブを不正に売り付け、金融庁から処分喰らって日本から摘み出されたんだよな?アメリカの豚野郎じゃ信用置けないんじゃないか?自分の利益だけ考え、個人投資家の利益は考えない。投信スーパーセンターで売っているノーロードの低信託報酬のインデックスファンドなんか止めるんじゃないか?個人客の利便性を無くすようなことはやらんで欲しいな~」「お客様の利便性を失うようなことがないように配慮いたします。」
という感じの質疑応答をした覚えがありますが・・・。

戦艦ミズーリに零戦1機で20ミリ機関砲で機銃掃射しても甲板にかすり傷程度かな(笑)。

但し、個人投資家にも一つ、オプションはありますよね?もしそうなれば、投信を他の証券会社へ移管する。移管先の証券会社で取扱があればですが。これでも最悪のケースは免れる?

シティグループは相当ヤバいみたいですねえ・・・

僕が投資に興味を持ち始めた頃には、シティ絶好調だったのを記憶しています。
日本の銀行に預金するなんてばかげてる、シティならば日本にいながらアメリカの銀行に預金できます!みたいな。

でも、いまや日本のバブル崩壊の時に来た道をいっているようで・・・。
うーん。一応口座持ってるんだけどどうしよう。
解約して、ETFにまわすかなあ。

投信スーパーセンターの実店舗の意味が分からないですね。
ネットに特化して手数料をさらに割安にするべきだと思うんですが。
取引ができるわけでもなく、ただ説明をするためだけの固定費のかかる1実店舗を運営する意味はなんだったんでしょうか?買い物にきた主婦なんかを取り込もう!ということだったのかな?!

するだけならタダ

初めまして。r-kです。

記事の内容とは全く関係ないことは理解しているのですが、いかんせん興奮していて(笑)。

マネックス証券で米国株取扱銘柄に、「本邦初となるバンガード運用の米国ETF銘柄の取扱いも準備中」って 書いてあるんですが・・・。期待していいですよね?

トヨタとダイハツみたいに、それぞれが得意とする分野で
補い合えばグッドですよね。
低価格帯と高価格帯に分けて。

そうすれば、大資本をバックにシナジー効果で更にサービスがよくなることも・・・

ないだろうなぁ。
そんな、経営者が語るような、あまぁ~~い結果は
(^^;

(第一、トヨタとダイハツだって、ねぇ(笑))

コメントありがとうございます

>投信スーパーで積み立てしてますさんへ

心配になりますよね。わかります。
続報を待ちましょう。


>Werder Bremenさんへ

Werder Bremenさんがさしてくれた釘を信じましょう(^^)
年金積立シリーズも、他の証券会社での取り扱いが広がっていますから、その点はすこし安心ですね。

昔の野村ファンドネット証券のときは、PRUシリーズを他ではまともなところが取り扱っていなくて、泣く泣く売却しました。


>マルキールさんへ

シティは経営状況が厳しいようですね。
まあシティに限らず米国の金融機関は試練のときのようです。


>焼きマシュマロさんへ

店舗が、有楽町や羽田空港などけっこういい場所にあったりします。
先日も代官山の駅前で見かけました。
たしかに取引できるわけでもないようですが、投資教育の一環なのかも知れません。
今後どうなってしまうのやら。


>r-kさんへ

関連記事を書きましたのでご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-815.html


>takeさんへ

金融商品の場合、車などの消費財と違って、コストが高いものが必ずしも良いものではないところが難しいところです。
価格帯よりも、ネットと対面で住みわけたほうがいいような気もします。

それも難しいか…(^^;

どうしたものか

いつも参考にさせていただいています。
ありがとうございます。
投スパの件、私も少々不安になり、問い合わせてみました。
・商品数やサービス、手数料に大きな変更の予定はない。
・移管に関しては、投スパ→他の証券会社は受け付けてない。(逆はOK)
・店舗は順次閉店
とのことでした。

「大きな変更の予定無し」をそのまま信じるか、早いうちに他の証券会社に乗り換えるか、思案中です。

コメントありがとうございます

>はじめましてさんへ

投信スーパーセンターからは移管できないんですね。
知りませんでした。
これはけっこう痛いですね。

貴重な情報提供、ありがとうございました。

投信SCは販売仲介業者で口座自体はもともと日興コーディアルが管理していたので、すでに保有している分についての扱いは変わりませんからね。
こういう仕組みにしていたこと自体、当初から体制の見直しによってファンドネット証券のようなことが起こらないようにしていたともいえます。

今後取り扱いを中止するファンドが出てきた場合は、その分については移管できるようになるんじゃないでしょうか。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

投信スーパーセンター運営が日興コーディアル証券へ引継ぎ発表

 2006年10月に投資信託販売特化チャネルとしてスタートした投信スーパーセンターですが、2008年12月を目処に運営会社のコーディアルコミュニケ...

投信スーパーセンター #28

JUGEMテーマ:ビジネス 毎月の売れ筋!ランキングのチェックではありません。あしからずご了承ください。既に幾つかブログでも取り上げられていますが、重大発表がなされたようです。 投信スーパーセンターは2008年12月をめどに、日興コーディアル証券が運営する

投信スーパーセンターの運営を日興コーディアル証券に

すでに他ブログさんでも取上げられていますが、日興コーディアル証券(株)が投信スーパーセンターを運営するコーディアル・コミュニケーションズ(株)を吸収合併。それに伴って投信スーパーセンターの運営も日興コーディアル証券が引き継ぐ事になったそうです。 投信ス...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)