懸案の投資もろもろ完了

2008年8月3日の記事「8月は仕事に投資に忙しくなりそう」で書いた、懸案の投資活動予定、

・「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」から「STAM グローバル債券インデックス・オープン」への全面乗り換え
・「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」から海外ETFへのリレー投資の完了
・臨時投資(これは時機を見てですが)

について、先ほど全て完了しました。(早っ)

マネックス証券のバンガード・ウェルズリー・インカム・ファンドとバンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンドがきれいさっぱりなくなり、かわりに楽天証券のIVVとEFAがガツンと増えました。
STAM グローバル債券インデックス・オープンさん、今後ともよろしくです。

これで、ポートフォリオのコアとなる「メインファンド」は以下のとおりとなります。

■外国株式クラス
iShares S&P500 Index Fund (IVV・信託報酬0.09%)
iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA・信託報酬0.34%)

■日本株式クラス
iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の日本株式部分

■外国債券クラス
STAM グローバル債券インデックス・オープン (信託報酬0.672%)

■日本債券クラス
なし

※信託報酬のデータは楽天証券WEBサイトより

他にもちょこちょこ保有していますが、メインファンドはこのとおり。
ずいぶんスッキリしました。
また、信託報酬が低くなりました。

これで思う存分、ストロングホールドできそうです。


<ご参考>
上記メインファンドは、すべて楽天証券で買っています。(会社名をクリックすると口座開設できます)
楽天証券
関連記事


  





コメント

素早いですなぁ^^

さすがの決断力と行動力ですね。なかなかまねできませんTT

私は結局フィデリティにも講座を開いてしまいましたが、まだ何も
購入してなくて、キャンペーンを無駄にしてしまいそうだなぁ。

水瀬さんと異なり、1306(1308)とMSC KOKUSAI系をメインにしようと
思ってますが、楽天での指値注文の方法で手間取ったりとドタバタして
おります。

現状はどうしても為替レートが気になってドル建て商品に二の足ふん
でいます・・・修行が足りないというしかありません。

これからも水瀬さんや皆様を見習ってメンタルを鍛えていきたいと
思っていますので、今後ともよろしくです^^

早いですね!

今回2度目のコメントさせていただきます。

先日乗換えの記事まさせていただいたと思ったら
あっという間に完了されたんですね。

日本株式クラスは
「iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の日本株式部分」
というやり方もあるんですね。

日本株のETFを買う以外にないと思ってましたので参考になりました。

アセットアロケーション

私の場合はコストが掛りますが地域別の比率を調整しています。
これには理由がありまして、例えばTOKを組み込むとアメリカ偏重、日本株投資をやっている人はEFAだと日本偏重になってしまう欠点があります。
1つの国に偏ると、その国のインデックスが上昇しなければリターンが得られない他、国によってはリスクがリターンに比べて高い国もあるからです。
この辺りの判断は自分でやらなくてはなりませんが、ある程度のコストを掛ける事を考えると色んなバリエーションが出てきます。

例えば、自分が新興国の成長を享受する目的でEEMやILFを組み込むのも有りですし、お年寄りに人気の分配型PFを作るのもETFを使用して簡単にできます。
FPの教科書では「万人に共通する正解は無い」と書かれていますが、インデックス投資についても同じような事が言えそうです。

水瀬 ケンイチさんのPFを見ていると、これはこれで凄い超低コストで国際分散投資になっているので、初心者の人はこれを基本形にしてそこから先は自分のニーズでPFを考えれば良いかも知れません。

楽天ワールドへようこそ(笑)

日本株式クラスがEFAっていうのがカッコいいですね!
いずれヨーロッパ債券ETFとかが手軽に扱えるようになると、
すべてETFでいけるようになるかもですね!

コメントありがとうございます

>木星さん・パタさんへ

そんなに素早くないですよ。
8月3日の記事を書いた時点で、既にマネックスのファンドは売却注文済みでした。
なので、ファンド乗り換えにはけっこう時間がかかりました。


>タカちゃんさんへ

ポートフォリオは個人個人の志向に合わせて自由にやってください。
僕のポートフォリオが基本形ということでもありません。


>楽天投資さんへ

いまはたまたま楽天ワールドですが、今のところひとつの証券会社に操を立てるつもりはないんです。
インデックス商品については過渡期だと思っているので、ベターな商品が出れば他の証券会社の商品も検討します。

とはいえ、積み立てファンドとリレーETFが同じ証券会社だと楽ちんなんですよね(^^)

EFAで教えてください

水瀬殿 はじめまして。
まだインデックスファンド初めて半年の初心者です。このブログを見させていただいて、『ウォール街・・・』も参考に読ませていただいています。インデックス系で分散投資していますが、そろそろETFへのリレーを選定中です。1306+TOK vs EFA+IVVの議論はここではしませんが、1点アドバイス頂ければと思いまして・・・。国内株と外国株比率を半々で考えようとすると、EFA+IVVを中心にポートフォリオを組もうとするとどういう方法があるのでしょうか?ポートフォリオは個人の考え方だからとは解っているのですが・・・。

コメントありがとうございます

>ふなどんさんへ

>> 国内株と外国株比率を半々で考えようとすると、
>> EFA+IVVを中心にポートフォリオを組もうとすると
>> どういう方法があるのでしょうか?

えーと、不可能ですよ(^^;
EFAに含まれる日本株は約2割です。EFAをいくら買い増しても、IVVをいくら組み合わせても、日本株比率が5割に達することはありません。

これもありじゃない?

EFA+IVVを【中心に】ということなので、それ以外で補完するのもありでしょう。

普通に考えればTOPIX連動のインデックスファンドか国内ETFとなりますが、その場合でもEFAに含まれてる二割があるので計算が面倒です。
国内株がドル建てと円建てに分かれてしまうという意味でもややこしい。

どうせETFは単価が大きくて大雑把なバランスしか取れないので、大雑把に資金を3分割しましょう。すると
米国 : 1÷3=33.3%
日本と米国以外(EFA-日本) : 1÷3×79%=26.3%
日本(TOPIX+EFAの日本分) : 1÷3+1÷3×21%=40.3%
とそれっぽい数字になります。

IVV:EFA:TOPIXが3:3:4だと、30.0%:23.7%:46.3%と半々に近づきます。
繰り返しますが厳密なバランスは無理なのであきらめて、「IVVとEFAをそれぞれ資金の3割程度で買い、余った分でTOPIXを買う」で十分じゃないでしょうか。

コメントありがとうございます

>アルビレオ師匠へ

なるほど。
EFA+IVVを【中心に】ということならありですね!(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)