マネックス証券、米国上場ETF・株式のサービス開始スケジュール公表

マネックス証券が、米国上場ETF・株式のサービス開始スケジュールを公表しました。

マネックス証券WEBサイトより引用】

【サービス開始スケジュールのご案内】

8/11(月)夕方 米国株取引の口座開設 申込受付開始
8/12(火)10時~ 外国為替取引スタート
(米国株取引に必要な米ドルの購入をお受けします。)
22時30分~ 米国株取引スタート

【引用おわり】

紆余曲折はありましたが、8/12(火)から実際に取引できるようになるようです。
よかった、よかった(^^)

気になる海外ETFの具体的銘柄はまだ不明。
前回の概要公表時の情報である、「ニューヨーク証券取引所(NYSE Arcaを含む)、アメリカン証券取引所、ナスダック証券取引所に上場する米国ETF54銘柄」という情報にとどまっています。
バンガードのETFが間に合うのか、気になるところです。

銘柄だけでなく、為替取引(いつのレートが適用になるかなど)、注文方法(成行・指値など)、特定口座への対応など、取引の詳細がまだ不明です。
特定口座は難しそうですが、楽天証券のように外貨MMFから直接購入できるといいですね。
まあ、焦らなくても、いずれ公表されるでしょう。

なにはともあれ、これでネット証券の海外ETFは、楽天証券・SBI証券・マネックス証券の3社体制になります。
健全な競争により、いっそうのサービス改善が進むとうれしいです。


<ご参考>
マネックス証券は以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
マネックス証券


関連記事


  





コメント

こんばんは

情報ありがとうございます(^^♪
バンガードのETFをじっくり待ちたいと思います。

バンガードのETFはサービス開始時から出るが、
VTについては、最初からは出ないそうですよ。

どこで差別化を図るのか?

手数料だけではなく、ラインナップや米ドル取引時間帯が気になります。
特に面倒だったのは楽天証券だと為替取引や米ドルMMFがお昼の時間帯だけなので、夜に米ドルに換える事ができません。
これが夜にも出来ると、万が一買付余力がマイナスになったり、自分が欲しい銘柄が買付余力ギリギリの株価の時に安心です。
ここまで来ましたから、どの銘柄が買えるのかを公表しても良かったような気がします。
どこで差別化を図ったのかを知りたかったです。

私も期待しています

水瀬さん、こんばんは
いよいよ、というかやっと、というか・・・

日本の証券会社さん間で
健全な競争が起きて
利用者にプラスになるように
サービスの充実が図られることに期待しています。

一朝一夕にはいかなくとも、
日本からでも世界に好きなように
投資できる体制に早くならないかな~

国内と海外口座について

はじめましてMERCといいます。

橘玲さんの本を読んで同じく、ETF(EEM、EFA)投資をしています。最近出た橘さんの本だと、海外証券口座を開設できそうな気もしてきました。インデックス投資に大敵の手数料も海外証券口座だと格段に低そうですし‥、楽天証券は手数料の3,000円が痛いですよね。

水瀬さんはやはり国内証券会社を通しての投資がお好みなのでしょうか、手数料がある程度高くても国内証券会社を使う理由というのはあるのでしょうか。

私自身、橘さんの本に触発されて海外口座を開いてのインデックス投資を画策中でして、水瀬さんが国内証券会社を選ばれている理由を是非お伺いできればと思い、書き込みました。

よろしければ是非お教えください。

いよいよですね

マネックスが米国株取引に参入する事で手数料戦争が勃発する事を私的には期待しているのですが、そのためにもマネックスが魅力的なETFの銘柄そろえてもらわないといけないですね。
特定口座、為替、銘柄などトータルでの使い勝手を考えたサービスである事期待して待っていようと思います。

コメントありがとうございます

>うさみみさんへ

正式発表を待ちましょう。


>たろうさんへ

それは朗報ですね。
よろしければ情報ソースをご教示いただけないでしょうか。


>タカちゃんさんへ

サービスリリースすることでいっぱいいっぱいで、差別化を訴求するところまで手が回っていないのかもしれませんね。


>ハナさんへ

日本からでも世界に好きなように投資できる体制、待ち遠しいですよね。
でもまあ日本も少しずつ前進しているようです。
今あるベターなもので投資を継続しつつ、のんびり待ちたいと思います。


>mercさんへ

参考になるかどうか分かりませんが、以下の過去記事とコメントをご参照ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-351.html


>道産子さんへ

同感です。
マネックスにもがんばってほしいです。

マネックスカード

実はマネックス証券は私が始めて申し込みをしたネット証券でした。が、何を買っていいものやらちんぷんかんぷんだったのでそのまま何年もログインもせずほったらかしにしていました。水瀬さんのおかげで、どんなものを買ったらよいのか少しわかってきたので、そろそろログインできるように整備して、入出金も簡単に出来るようにマネックス・セゾンカードを作っておこうかと思います。
どんな海外ETFが買えるのか楽しみです。(^^)

脇から失礼します

突然すいません。私もバンガードのVTは出ないと聞いてます。

情報は松本社長がお出になっている動画の中でのコメントです。
ご本人はVTが何なのかご存じなかったようですが、少しあとに
「出ないようです」と付け足されていました。

もちろん、其ののち状況がかわってしまっているかもしれませんが、
取り合えずの情報ということで・・・おゆるしください。

コメントありがとうございます

>あづささんへ

マネックスの口座も持っていらっしゃったのですね。
海外ETFの取り扱いで、休眠口座を活用してみようと考えるかたもけっこういらっしゃったりして(^^)


>木星さんへ

いえいえ、貴重な情報ありがとうございました!

タイミング

①今回の件、情報の出し方がちょっとヘタかな…と思います。

②今までのマネックスのやり方と同じく、むやみな手数料競争はやらずに使い勝手や商品ラインナップで勝負したい…といった雰囲気を感じます。出だしがこれでは、ちょっと不安ですが。

…などと悲観的なことを言いつつも、マネックスには期待してます(笑)

コメントありがとうございます

>まーく2さんへ

同感です。
小言は期待の裏返しですよね(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

マネックスが海外ETFの取扱いを開始します。

「rennyの備忘録」や「グローバル投資でござる」や「道産子投資道」や「幸せなお金持ち的日記 」や「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」や「かえるの気長な生活日記。」のサイトで、いち早く話題に上げておりますが、とうとう 8/12にマネックスが海外ETFの取扱いを...

マネックス証券の海外ETF取扱いスタートは突然に・・・

米国上場ETF・株式の取扱いをスタートします!【マネックス証券】 8/12(火)22時30分から取引スタートだそうだ。(8/11夕方に米国株取引の口座...

マネックス証券:8/11から海外ETF取り扱い開始!!!

待ちに待ったマネックス証券の海外ETF取り扱い開始の発表が「[http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2008/news808h.htm こちら]」でありました。 {{{: 【サービス開始スケジュールのご案内】 8/11(月)夕方 米国株取引の口座開設 申込受付開...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)