ここ1~2年でいちばん怖かったこと

水瀬ケンイチ

最近、資産運用において、ここ1~2年でいちばん怖かったことがありました。

サブプライム・ショック?
いいえ、違います。
コモディティの急落?
いいえ、違います。

それは、投資信託の乗り換えに伴う、数日間のポジション縮小です。

はぁ?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、本当のことです。
先日、まとまった金額の投資信託の乗り換えと、海外ETFへのリレー投資を敢行しました。
マネックス証券の投資信託から、楽天証券の海外ETF・投資信託に乗り換えるのにあたり、マネックスの投資信託の売却、売却資金の出金、売却資金の楽天への入金、ドルへの両替、海外ETFの購入、といった一連の作業に数日間要しました。
(関連記事) 2008/08/06 懸案の投資もろもろ完了

これまで、相場が良いときも悪い時も、ずーっとバイ&ホールドし続けてきたのに、たまたま投資信託の乗り換えの最中に、相場が急上昇したらどうしようという怖さでした。
いわゆる、「稲妻が輝く瞬間」を逃す怖さと言ってもいいかもしれません。



これには、自分でもびっくりするほどオロオロしました。
頼むから、何も起きないでくれ~!と祈るような気持ちで、投資信託の乗り換え期間を過ごしていました。
幸い、乗り換え期間中は大きな変動はなく、むしろ株価は少し下げ、円は少し高くなっていたので、結果的にはちょっとラッキーだったくらいでよかったです。

しかしながら、こんなに怖いなら、リレー投資や投資信託の乗り換えに時間がかからないよう、同じ証券会社内で乗り換えを完結できることも、自分にとって重要な証券会社選択基準だなと思い知らされました。

今はまだインデックス商品は過渡期だと思うので、あまりひとつの証券会社に絞りたくないんですけどね…(^^ゞ



(追記)2008/08/16
NightWalkerさんが、リレー投資におけるETF購入とインデックスファンド売却のタイムラグによる損失について、興味深い記事を書かれています。
トラックバックさせていただきました。
NightWalker's Investment Blog
S&P500 の日次リターンのばらつきとリレー投資のプレッシャー
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ