分配金再投資の重要性

投資信託やETFの分配金、どうしてますか?

MRFに何年も放置しっぱなしというかたもいらっしゃると思います。
これは非常にもったいないことだと思います。
なぜか?それは、以下の言葉を見れば分かると思います。

株式市場の過去のリターンに関する、次の決定的な事実について考えてみたい。

1871年から2003年にかけて、インフレ調整ベースで、株式の累積リターンの97%は、配当再投資が生み出してきた。キャピタルゲインが生み出した部分は3%にすぎない。

株式投資の未来」(ジェレミー・シーゲル著)より


なんと、累積リターンの97%は配当再投資が生み出してきたとのことです。
(追記) 2008/08/17
ただし、この比率は時間とともに大きくなる性質の数字で、130年かけた場合の数字になりますのでご注意ください。
(追記おわり)

ということは、僕のように、TOPIX連動型上場投資信託(1306)に出た分配金の郵便振替の紙を紛失してしまったりすることは、投資において最悪の事態であることが分かります。
(関連記事) 2007/11/02 うわぁ~やってもうた…。

ここまで馬鹿なことはしなくても、分配金受け取りコースしかない投資信託やETFに投資しているかたで、受け取った分配金をMRFにためこんでいるだけのかた、あるいは引き出して使ってしまうかたは、けっこういらっしゃるのではないかと思います。
過去の歴史が教えることに従えば、それは、とてももったいないことであると言えます。

先日、まとまった金額での投資信託の乗り換えを行ないましたが、かなりスッキリしました。
スッキリしたのは、もちろん低コストなインデックス商品に移行できたからですが、もうひとつには、たまっていた分配金を一気に投資できたからということもあります。

皆さまにおかれましては、投資信託・ETFの分配金は、できれば「分配金再投資コース」で、それができないなら、出た分配金はあまり長い間遊ばせておくことのないよう、うまく活用していただければと思います。


(追記)2008/08/17
読者のかたから、「時間をかければかけるほど分配金再投資の比率は確実に増えていくので、130年かけて97%という数字は恣意的である」旨のご指摘を受けました。
たしかにそうなので、97%という数字自体よりも、単に「分配金再投資は長期的には重要だよ」というメッセージとして受け止めるべきだと考え直しました。
ご指摘ありがとうございました。
関連記事


  





コメント

今年の春からETFの分配金をすぐにインデックスファンドに再投資するようにして満足していたのですが、今感じているのは税金が引かれてしまうバカバカしさですね。バカらしく感じながらも再投資を続けることになりそうです。

> なんと、累積リターンの97%は配当再投資が生み出してきたと
> のことです。

そうなんですよね。

私も、貯まったら、たまーに、小口でちょぼちょぼ買い付けております。

再投資できるよろこび

私も楽天証券で海外ETFとインデックスファンドを買っています。
投資額がそんなに多くないので分配金もたいした額では無く、そのためタイムリーに再投資へまわしにくいので投資信託の分配金再投資コースの存在をありがたく思っています。

今は海外ETFの分配金がMRFにあります。今月の投資に一緒に使う予定ですがやはり少ない金額だと使いづらいです。

ETF配当金の再投資

自分が働ける内はETFなどの分配金を再投資する事は非常に重要な事実は良く知られている筈ですが、実践しなければ意味がありません。
しかし、現実的にやってみると端数が出たりするのである程度まとまった金額でないと再投資できない問題はあります。
参考までに現時点では、端数を円MRF、米ドルMMFにしておいた場合のリターンは日本、米国の物価上昇率を下回っており、運用になっていない事実があります。
しかし、ETFを買った分は確実に配当を生みだすので勿体ない話です。
相場が軟調で下落するのは仕方がないですが、その反面、株価下落や増配に伴いETFの中には日本株では絶対に得られない配当利回りの物まで登場しており、こう言うチャンスを物に出来ないと複利運用を含めた将来の資産価値やリタイヤ時に受け取れる配当に大きな違いが出てきます。

これを各ETF毎に計算するには米国ヤフーファイナンスのデータを見れば直ぐに分かります。
但し、これは税金の影響を無視していますからここまで単純では無いですが、配当再投資の資産増大効果や配当成長効果がハッキリ分かると思います。
配当成長率もここまで考えれば相当高くなるので、公的年金のマクロスライドにも対応できる筈です。
配当再投資の効果の凄まじい事実は米国ヤフーファイナンスのデータを使って計算するだけでも簡単にできます。

こんにちは。

自分もルールを決めないと放置しそうなので、以下のようにしています。
1.四半期ごとに配当金、分配金などを種別関係なく合計する。
2.合計した金額を毎月の積立投資の比率と同じ割合で、各金融商品別に分配する。
3.分配した金額を次の積立の際に上乗せして投資する。

分配金再投資のファンドが多く、四半期だと金額も少ないので半期に一度くらいでも良いのですが、株や債券の配当金や利息にも、いち早く働いて欲しいので。

資産間のプラスマイナスが、リバランスするほどでないにしても、結構あるときはマイナスの所に全額ポンと入れてしまう時もあります。

こつこつ積み立てして分配金は再投資する重要性が再確認できました。タイミングを追及せず淡々と再投資して資産設計する事は簡単そうでなかなか出来にくいですががんばります。勉強になります(^^)

コメントありがとうございます

>fundstoryさんへ

そもそも無分配がベストですが、出てしまった分配金は課税が悔しくても再投資がベターですよね。


>ひろんさんへ

僕もです。
ちょこちょこ買うにはファンドは便利ですね。


>オオカミ少年さんへ

僕も分配金再投資コースと分配金受取コースが選べる場合は、迷わず再投資コースを選びます。


>タカちゃんさんへ

キャピタルゲインのほうが派手なので注目されがちですが、配当・分配金の扱いにこそ投資の要諦が隠されているのですねー。
マクロスライドに負けるな!僕たちの運用資金(^^)/


>小太郎さんへ

分配金の扱いについてマイルールを設定されておられるのですね。
参考になります。ありがとうございます。


>としちゃんさんへ

97%とか言われると、分配金再投資はばかに出来ないですよね。

海外ETFの分配金が出たのを米ドルMMFに放置のままでした。到底ETFに再投資できるほどの金額でもないし・・・。しかし今後こういう金額が増えていくともったいないだけですね。代わりに投資信託に投資するなど、まだまだ投資初期の今のうちに自分ルールを考える良い機会になりました。

同じファンドで分配金受け取りと再投資、じゃなくて分配金ありとなし、なんてコースを選べたら良いのに。

自分の場合も分配金は・・・

無し、ある場合は再投資にまわしているようにしています。

自分の周りでグロ○ブとか分配金を当てにしたファンドが
若者にも人気というところが理解に苦しみます。
年配の方の資産の切り崩しならわかるんですが・・・

このシーゲル博士の言葉は自分も大好きで何気に

http://toyop129.blog48.fc2.com/blog-entry-281.html

・・・と自分も記憶から消さないようにメモっています(^^)
人によってそれぞれでしょうが名著「株式投資の未来」でバリュエーションや成長の罠と同じくらいかそれ以上にインパクトのあった部分でした

それはずるいよ、シーゲルさん

A.ある時点で配当金を再投資すると、その後の値動きは初回投資分も再投資分も同一なのでどんなに上がろうが下がろうが比率は変化しない。
B.時には無配もあるだろうけど配当がマイナスになることはなく、再投資は配当を受け取るたびに行なわれる。

つまりA、Bにより時間をかければかけるほど投資額に占める再投資分の比率は確実に増えていくわけです。
さて、シーゲルさんはどれくらいの期間によってリターンの97%を再投資が占めるといっているでしょうか?

そりゃね、30年とか40年みたいな現実的な期間だと、取り出す区間によってかなりばらつきが大きいので抽出できるデータの端から端までの全期間という数字を出したんだろうけど、97%という数字のインパクトが大きすぎて誤解を招いてもしかたがない。(たぶん、わざとだと思う)

さらに「保有総額の97%」じゃなくて「累積リターンの97%」なので元本分は含まれていない。それでも130年もあれば何十倍にもなるから影響は小さそうだけど、実は「インフレ調整」のせいでリターンは実際の額よりもかなり圧縮されてしまう。そのため元本部分の占める比率は無視できるほど小さくはない。
ところが期間のあとの方で再投資した分はインフレ調整による目減りが相対的に少なくなるので、結果的に「再投資分」の割合を大きくしてしまう。
まあ嘘はついてないけど、かなりインチキくさい数字の出し方ですよ。
さすがに130年後のことを考えて投資する人はそんなにいないだろうし。

topgunさん
分配金を出せば基準価額が下がり、分配しなければ下がりません。
同じファンドで2種類の基準価額を持つことはできないので原理的には無理です。
でもファミリーファンド方式なら、分配金ありとなしの2種類のベビーファンドが同じマザーファンドに投資することで間接的に可能です。
そういう形でならどこかがやってくれてもよさそうですね。

コメントありがとうございます

>topgunさんへ

インデックスファンドの分配金なしコース、あったら迷わず飛びつきますね(^^)


>ゆうさんへ

世の中、いろんな人がいるものですね。


>とよぴ~さんへ

とよぴ~さんの琴線にも触れましたか。
数字にインパクトがありますからね。


>アルビレオ師匠へ

師匠、別にずるくはないと思いますぞ。
運用のパフォーマンスを考える際に、名目リターンではなく実質リターンで考えることは重要な基本事項だと思います。
(「株式投資の未来」ではこの件に限らず、かなりのデータがインフレ調整後の実質リターンで語られています)
保有総額ではなく、増えた後の【累積リターン】で表しているところが、若干恣意的ではありますが、別にズルはしてませんし、むしろ個人的には知りたい数値です。
たしかに、97%という数字は極端な数字とお感じになるかもしれませんが、配当・分配金の再投資が重要であるという結論には異論はないはずです。

まあ、話のインチキレベル(?)的には、「長期投資でリスクが減る」という例の話が、正確には、「長期投資で【1年平均】リターンの散らばりが減る」に過ぎない(保有総額における値下がりの危険性が減るということではない)のと同じ感じでしょうか。

いやいや

どっちかというと枝葉な方ばかりに反応してもらっても(^^;

一番ずるいのは130年という長さですよ。
期間が長くなるほどほぼ自動的に大きくなる数字を出すのに、個人が一代では絶対に実現できない期間を例としてあげているのが最も恣意的な部分です。
もともと個人投資家に向けて書いたのではないのかもしれませんが。

コメントありがとうございます

>アルビレオ師匠へ

コメントの主旨をミスリードしておりました。すんません。

たしかに、130年という長さは個人投資家が実感できる期間ではないと思います。
師匠が仰るように、30年程度の期間で(抽出時期に恣意性が入ると言われそうなのでいくつかの期間の平均を取るとかして)インカム・キャピタルの比率を出した方が、個人投資家にとってより良心的かつ現実的な数字になったでしょうね。
なるほど、なるほど。

ということは、この件を引用してなにか記事を書くときには、「株式のリターンの97%は、配当再投資が生み出してきた」などと省略するのは×で、「1871年から2003年にかけて、インフレ調整ベースで、株式の累積リターンの97%は、配当再投資が生み出してきた」とフルで書く必要がありそうですね。
さらに、「そんなに長く投資できる人はいないと思いますけど」とか付け加えるとより良心的ですかね。

そんな感じで理解は合ってますでしょうか?
もし合っていれば、記事本文に修正を入れたいと思います。

はじめまして。いつも拝読させて頂いています。

私も昔、[株式投資の未来]を読んだ時、
97%という数字を見て、 アルビレオさんと同じように
130年なら大きくなって当たり前だな~と思った事があります。

今は、配当金の再投資の重要性をアピールする為に
無理やり目立つ数字にしたのかな?と思っています。

米国株で見ると、近年は配当率も低下しているし、
追加投資の割合も人によって違うので
各自で計算されるのが一番いいと思います。
仮に税引き後の配当が2%だったとして、
20年で1.4~1.5倍ぐらい運用資金が異なるので
結構実感できます。

結局、投資信託にかかるコストと同じ話に
なってしまいますが・・・
コストを気にする時と同様に
分配金も気にしなさいというお話ですね。


アルビレオさん

おっしゃる通りです、ファミリーファンド方式なら可能ですね。ベビーファンドが年1回決算型とか毎月決算型とかにわかれているものがありますが、「年1回決算型(分配金無しコース)」なんてのがあったらいいんですね。

決算回数が違う場合はなるべく少ない物を選ぶことになりますが、分配金を出すか出さないか、出す場合はその金額は、と言うのは過去の実績から判断するしかないですね。これが「分配金無し」とはっきり謳ってくれたら嬉しいんですが。

水瀬さん
とりあえずはっきり言えるのは97%というのは130年の時間をかけることで初めて実現できる数字なので、期間を省略して97%だけを取り出すのはよくないですね。
インフレ調整については但し書き程度でいいかも。

こういう長期の複利効果を考えるときは、やっぱりゼロクーポン債を参考にするのが便利です。
私はだいたい日本語で見られる大和証券の既発米国債リストあたりを見てます。
(こういう話題のときに見るだけなので頻度は低いですが)
http://www.daiwa.jp/products/bond/afr/usa_afr.html

今の時点では
 10年 年率換算4.239% 満期償還倍率1.53倍
 20年 年率換算4.713% 満期償還倍率2.51倍
 30年 年率換算4.518% 満期償還倍率3.52倍
期間が長くなるほど金利リスクやインフレリスクが織り込まれるため、リスクプレミアムによって年率利回りも大きくなります。
ここで130年満期の架空のゼロクーポン債を、利回りを厳しく見て年率5%とすると、満期償還額は568倍。30年満期との比較で161倍です。
インフレ調整前の数字とはいえ、キャピタルゲンはゼロでここまでいくのはすごいですね。(債権は満期保有であれば事実上キャピタルゲンが発生しません)

シーゲル博士の数字はインフレ調整やキャピタルゲインなどの要素が入るので単純な比較はできませんが、リターンそのものの数字だとかなり小さくなることは間違いないでしょう。
それどころかシーゲルが出しているのは「リターンの大きさ」ではなく「リターンに占める再投資分の比率」なので、30年だとどれくらいになるか想像することも困難です。
なんでこんな、本質を無視して数字だけが一人歩きしやすいネタを入れるのかなぁ。

どちらかというと
売らずに我慢するテクニック
『構成銘柄企業群に思いを馳せよ』などの類のものではないでしょうか。
深く考えてしまうと、様々な問題を孕んでいるけど
あんまり気にせずそんなことを言ってる人もいるなぁ、
と売りたいときに思い起こしてみるのも悪くないような。

はじめまして

アルビレオ様
あなた様は一体何者でしょうか?
いつも感心、というより、感嘆というか、もう、なんというか。
投資知識の乏しい私のような者のために、ひとつ本など書いて頂けないものでしょうか?
ほんとに本気でお願いします。
めちゃくちゃ真面目にお願いしております。

コメントありがとうございます

>まめぞうさんへ

はじめまして、まめぞうさん。
書かれている話の本質が分かっているかたは、同じことに気がつかれるのですね。
僕は気づかずお恥ずかしい限りです。。

ご指摘のように、「コストを気にする時と同様に分配金も気にしなさいというお話」として理解したいと思います。


>アルビレオ師匠へ

ゼロクーポン債に当てはめて考えてみるのは、とてもわかりやすいです。
さすがお師匠様!
なるほど、期間を長く取れば、キャピタルゲインなしでも、インカムゲインだけでそんなに増えてしまうんですね。

それらをふまえて、記事本文に修正を加えたいと思います。
ありがとうございました。


>takeさんへ

そういった類の小話として覚えておくくらいで、ちょうどいいのかもしれません。
上記まめぞうさんも仰るとおり、「コストを気にする時と同様に分配金も気にしなさいというお話」として思い起こすくらいで。

アルビレオ氏は不思議です。本人のブログにいくと・・・さらに困惑します。(笑)

リンク発見。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0809/04/news001.html

水瀬さんも、"無駄使いしないための工夫"、というお題目で、
記事を書いてみては?

コメントありがとうございます

>ひろんさんへ

まさかITmediaからリンクされるとは夢にも思いませんでした。
光栄ですね(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

1306の分配金が到着!

JUGEMテーマ:株・投資  1306、TOPIX連動型上場投資信託の分配金の封筒が、ついに我が家に到着しましたー!  茶封筒で、三菱UFJ信託銀行の名前入りで。  200口で、3,500円か…。  中身のうち、1枚ペラリっと入っていた紙を、近所の郵便局(ゆうちょ銀行と書...

「自動」がダメなら「手動」で

JUGEMテーマ:ビジネス ボクがチェックしているいくつかのブログを拝見していると、そろそろ【TOPIX連動型上場投資信託 (1306)】の分配金が到着するようです。ボクの手許には未着ですが。 この時期になると、やはり思いをめぐらせるのは、そう、 DRIP で

2008年8月の投資完了

=============================== ブログランキング応援お願いします! にほんブログ村 投資信託 人気ブログランキング 金融・投資(全般) 当ブログの目次に戻りたい方はこちらをクリックしてください。 投資信託ETF毎月積み立て世界分

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)