分配金再投資の重要性

水瀬ケンイチ

投資信託やETFの分配金、どうしてますか?

MRFに何年も放置しっぱなしというかたもいらっしゃると思います。
これは非常にもったいないことだと思います。
なぜか?それは、以下の言葉を見れば分かると思います。

株式市場の過去のリターンに関する、次の決定的な事実について考えてみたい。

1871年から2003年にかけて、インフレ調整ベースで、株式の累積リターンの97%は、配当再投資が生み出してきた。キャピタルゲインが生み出した部分は3%にすぎない。

株式投資の未来」(ジェレミー・シーゲル著)より


なんと、累積リターンの97%は配当再投資が生み出してきたとのことです。
(追記) 2008/08/17
ただし、この比率は時間とともに大きくなる性質の数字で、130年かけた場合の数字になりますのでご注意ください。
(追記おわり)

ということは、僕のように、TOPIX連動型上場投資信託(1306)に出た分配金の郵便振替の紙を紛失してしまったりすることは、投資において最悪の事態であることが分かります。
(関連記事) 2007/11/02 うわぁ~やってもうた…。



ここまで馬鹿なことはしなくても、分配金受け取りコースしかない投資信託やETFに投資しているかたで、受け取った分配金をMRFにためこんでいるだけのかた、あるいは引き出して使ってしまうかたは、けっこういらっしゃるのではないかと思います。
過去の歴史が教えることに従えば、それは、とてももったいないことであると言えます。

先日、まとまった金額での投資信託の乗り換えを行ないましたが、かなりスッキリしました。
スッキリしたのは、もちろん低コストなインデックス商品に移行できたからですが、もうひとつには、たまっていた分配金を一気に投資できたからということもあります。

皆さまにおかれましては、投資信託・ETFの分配金は、できれば「分配金再投資コース」で、それができないなら、出た分配金はあまり長い間遊ばせておくことのないよう、うまく活用していただければと思います。


(追記)2008/08/17
読者のかたから、「時間をかければかけるほど分配金再投資の比率は確実に増えていくので、130年かけて97%という数字は恣意的である」旨のご指摘を受けました。
たしかにそうなので、97%という数字自体よりも、単に「分配金再投資は長期的には重要だよ」というメッセージとして受け止めるべきだと考え直しました。
ご指摘ありがとうございました。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ