楽天証券、米国株式の配当金の受取りが円から米ドルへ

楽天証券が、8月26日受渡し分より、米国株式(米国ETF)の配当金を米ドルで入金処理を行うようです。

(情報ソース)
楽天証券WEBサイト 【重要】米国株式の配当金の受取りが『円』から『米ドル』となります

今まで、米国ETFの分配金が強制円転されてしまうことを、快く思っていなかったかたも、これで安心ですね。
これからは、自分の意思で好きな時に円転できます。

注意点としては、逆に円での受取りは選択できなくなることでしょうか。
個人的には、別に困ることはないので気にしません。

楽天証券の海外ETF環境が一歩前進しましたね(^^)


<ご参考>
楽天証券は以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
楽天証券
関連記事


  





コメント

こんばんは。

>これからは、自分の意思で好きな時に円転できます。

私も先ほど楽天のホームページで確認しました。
やっと一歩前進という感じですね。私は円転しないで
そのまま米ドルMMFに入れてある程度まとまったらEFAに
再投資する予定です。

ますます海外ETFが資産運用ツールとして重要になってきましたね~。

僕もモームさんのように米ドルMMF→再投資の流れになりそうです。

為替動向によっては違う行動を取るかもしれませんが^^;

嬉しいですね

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
今回のニュース、私にとっては海外ETFに再投資しやすくなって、嬉しいです。

また、今夜のWBSの特集で楽天証券の方が、腰を据えて長期的にコツコツ投資する顧客を囲い込みたい…と言っていました。サービスの改良の続く間は、喜んで囲い込まれてやろうじゃないか!と、こちらも嬉しくなりました♪

問題も有りそうです

この場合だと外貨MMFへスイープされないので、これを円転または別のETFを買い付ける時はその間の為替変動は雑所得とみなされる可能性があるかも知れません。

葛飾税務署の見解では円→外貨(為替取引の場合)→ETFの場合はこの過程で「円→外貨の為替」と「外貨→ETF買い付け時の為替」で変動があった場合は雑所得になるそうです。
ですから、通常は為替取引を使わず円から直接外貨MMFを買い付けた方が良いかも知れません。

ここまで複雑になると一般投資家では歯が立たないと思われます。
確かに、サービス向上の為にやるとしても、決して良い事ばかりではないので注意が必要だと考えられます。

楽天証券の海外ETFでデメリットとしてよく取り上げられてた点が改善されたのは良い事ですね。
ただ米ドルで入金処理ではなく、米ドルMMFでないのが残念です。
これだと面倒に思えますけど、どう思われますか?

ようやく楽天証券も外貨での直接受け取り。自動で円に替えるよりシステム的に楽な気がするんですが、何故今までできなかったのか謎ですね(^_^)

つぎは、FXからの入金ができることに期待ですね。

コメントありがとうございます

>モームさんへ

一歩前進でライバルに追いついたという感じですね。


>マルキールさんへ

海外ETFはネット証券での取り扱い開始当時よりもどんどん便利になってきました。
いいことです(^^)


>三匹のこぶたさんへ

いいサービスをどんどん出してくれるなら、よろこんで囲い込まれますよ(^^)


>タカちゃんさんへ

いろいろ難しい部分を残しているのも事実です。
米ドルMMFをうまく活用したいですね。


>にっしーさんへ

えーと、別になんとも思っていません。
日本株の売却代金が自動的にMMFに充当されますか?


>モンチさんへ

FXからの現引き。これはほしいところですよね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

楽天証券が米国ETFの配当金を米ドルに

楽天証券が、8月26日受渡し分より米国ETFの配当金を米ドルで入金することになった(楽天証券)。

楽天証券が米国株式の配当金を米ドルで

海外への投資で資産運用を考える場合、ETFに投資するというのは、間違いなくベターな選択になる。 海外ETFの一部は日本の証券会社でも取り扱っている。コスト面で考えると、海外の証券会社に口座を開いたほうが有利なのだが、実際に運用するとなると、なかなかそこまで手

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)