コモディティ市場から消えた投機マネーの行方

水瀬ケンイチ

一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったコモディティ市場ですが、最近は下落傾向のようです。

【ヘッジファンドクルーク 2008/08/20より引用】

コモディティ市場から消えた投機マネーの行方

コモディティ市場に流入した短期資金はどこに消えてしまったのか?この疑問について18日付けのダウ・ジョーンズが報じている。

◆現金保有
世界のエネルギー、金属、穀物市場の資金動向を追うのは難しいが、現金で保有されている可能性が高いようだ。
(中略)
コモディティ専門の調査会社GPMグループの責任者は、ロングオンリーのコモディティ・ファンドが先物市場においてポジション解消による大量売りを行っていることを指摘。さらに、「こうしたファンドは市場から撤退したわけではなく、再び市場に参入するテクニカル・サインを待っている」と語っている。

また、コモディティ価格の上昇を見込み先物のコールオプションを保有していたヘッジファンドがポジションを解消し、投資機会を待ちながら現金で資産を保有していることに言及し、コモディティから株への資金移動は起きていないと述べた。

◆債券市場
RBCキャピタル・マーケッツのジョージ・ゲロは「投資家の中には資金を安全資産である米財務省証券などの短期債に投資している」と語った。

さらに同氏は、コモディティ価格の下落を背景にFFレートの据え置き観測が高まったことから債券市場に資金が流入していることを指摘、株式市場がコモディティ市場の代替市場とはなりえないことを述べた。

◆金融・生活必需品セクター
ハリス・プライベートバンクのジャック・アブリン氏によると、コモディティ市場の資金は金融株などにシフトしていると説明している。7月中旬からステートストリートの「Financial Select Sector SPDR (XLF)」が約20%も上昇。一方で、「 United States Oil (USO)」は約20%下落した。

あるストラテジストは「コモディティが市場を牽引してきたが、現在は生活必需品セクターが市場を牽引している」と語った。ステートストリートの「Consumer Staples Select Sector SPDR (XLP)」は7月中旬より緩やかに上昇している。現在コモディティに投資されていた資金は、歯磨き粉メーカー、ドラッグストア、ディスカウントストア銘柄に向かっている可能性があると付け加えた。

【引用おわり】

ダウ・ジョーンズによると、コモディティ市場から消えた投機マネーの行方は、現金・債券・株式(金融・生活必需品セクター)らしいとのこと。
なんのことはない、お祭り騒ぎが終わったあとは、いわゆる「ごく普通」のアセットクラスにマネーが戻ってきているようです。



コモディティ相場が高いうちに売り抜けたかた、お見事。
相場がくずれかけてきたなか、収支トントンで投売りしたかた、お疲れさま。
いまだ保有していて損失を抱えているかた、売買は難しいですね。

コモディティの場合、株式や債券と違い、持ち続けていればいつかは再上昇するだろうという確信が持てないところが痛いです。
山崎元氏いわく、「商品価格に関するポジションを買い持ちすることは、商品そのものを持つことと相当程度同等だが、これは「土地」や会社の「資本」といった、生産の手段として継続的に機能するものを所有するのとは異なる。商品それ自体は基本的に消費されるものだ。生産手段を保有する「投資」と異なり、時間の経過とともに生産の果実の分配が期待できるようなものではない」(DIAMOND online 山崎元のマネー経済の歩き方より)というわけです。

株式・債券・現金という、愚直なほど伝統的なアセットクラスに、バイ&ホールドで分散投資の網を張っている自分としては、「マネーさん、おかえりなさい」という気がします。
もっとも、おかえりになるマネーさんがまだまだ足りず、ウハウハというには程遠い現状です。
大量のマネーさんのおかえりを、のんびりお待ちしております(^^ゞ


(関連記事)
2006/11/11 インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その1)
2006/11/12 インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その2)


※本記事および関連記事は水瀬の個人的な考えです。また、コモディティ投資自体を否定しているわけではない(コモディティはバイ&ホールド戦略の自分には向かないと考えているだけ)ことを付記させていただきます。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ