東証、ETF売買代金が伸び悩み 1―7月、世界16位に後退

東証のETF売買が伸び悩み、売買代金で世界7位から16位に後退したそうです。

【NIKKEI NET 2008/08/22より引用】
東証、ETF売買代金が伸び悩み 1―7月、世界16位に後退
 東京証券取引所で上場投資信託(ETF)の売買が伸び悩んでいる。東証はETFを戦略分野と位置づけ、金価格や新興国の株価指数に連動する新商品を相次ぎ投入したものの、今年1―7月の売買代金(ドル換算ベース)は前年同期に比べ3.3%減少。世界の主要取引所の中で売買代金は16位に後退した。世界の株式市場の調整局面が長引いていることや、ETFの認知が進んでいないことが響いている。

 ETFは上場株式と同様に価格がリアルタイムで変動し、手数料は一般的な投信よりも低い。2000年以降、世界的に取引が活発になり、東証でも01年7月から本格的に売買が始まった。
【引用おわり】

さらに、日経新聞本紙では、以下のランキングが出ています。

1位 ニューヨーク証券取引所 (38,080億ドル)
2位 ナスダック (11,039億ドル)
3位 アメリカン証券取引所 (1,852億ドル)
4位 ドイツ取引所 (1,221億ドル)
5位 ユーロネクスト(欧州) (916億ドル)
6位 TSXグループ(カナダ) (787億ドル)
7位 ロンドン証券取引所 (588億ドル)
8位 イタリア取引所 (424億ドル)
9位 香港取引所 (307億ドル)
10位 テルアビブ証券取引所(イスラエル) (243億ドル)
 ・
 ・
15位 大阪証券取引所 (141億ドル)
16位 東京証券取引所 (139億ドル)

香港やイスラエルにも負けています。
これが世界第2位の経済大国のETF事情かと思うと、非常にお寒い限りです。
しかしながら、これはある意味、当然の結果だと思います。

日経新聞本紙には、「年初に13だった銘柄数は7ヶ月間で4倍の54銘柄に増えた」と書いてあります。僕が調べたところ、東証のETFは、本日2008年8月22日現在で55銘柄。(合計数が違うのは何故…?汗)
問題はその内訳で、以下のとおり。

49銘柄…日本株式ETF
5銘柄…新興国株式ETF
1銘柄…金ETF

ほとんど「日本株式」で、あとは少々の「新興国株式」のみと言っていいと思います。
世界の株式時価総額の大半を占める「先進国株式」「債券」「REIT」等という基本的アセットクラスがすっぽり抜け落ちています。
つまり、個人投資家の資産運用のコアになるべきETFが欠落しているのです。
個人投資家はバカではありません。(僕はバカですが)
こんなラインナップしかないなかで、売買代金が増えると考えるほうがどうかしています。

個人投資家にとって、重要なのは本数ではありません。
同じアセットクラスに何十本もETFがあることよりも、資産運用のコアになるべき先進国株式を中心に、主要アセットクラスに1本ずつETFがあれば、個人投資家はそれでこと足りるのです。

記事では、「世界の株式市場の調整局面が長引いていること」を東証不信の理由に挙げています。
しかし、それはどこの取引所でも条件は同じはずなので理由になりません。
また、「ETFの認知が進んでいないこと」も理由に挙げています。
これは、確かにそうだと思います。
ETFの認知度はまだ低い。そこで、東証は新聞にETFの15段広告を掲載したり、NIKKEI NETに記事広告コンテンツを掲載したりして、認知度向上に向けてけっこう努力しているように見えます。

しかし残念なのは、それらを見て、「おっ、ETFって良さそうじゃん」と思った投資家がいたとしても、実際に買おうとした段階でラインナップを見て、「ほしいものがない。イラネ」で終わってしまっているのではないかというところです。


いったい誰が、メインディッシュを置いていないレストランで食事をしようと思うでしょう?
いったい誰が、軽トラとスポーツカーしかない世界で車を買おうと思うでしょう?
いったい誰が、資産運用のコアとなるETFがない市場で、ETFを買おうと思うでしょう?


東証・大証・各運用会社等、関係者の奮起に期待したいと思います。
頑張れ!!

関連記事


  





コメント

インデックスに投資することの意味を考えていない人が専門家にも多いような気がしますね。
『日本市場の活性化の(つまりは手数料稼ぎの)ために色んな商品があったほうがいいんじゃね?』
みたいなかんじなんでしょうか。

プロと称する人が、ETFでカラ売りとか損切りとか短期売買に使うようなことを書いているのを見かけますからね。

短期売買するなら個別株じゃないと稼ぎようがないと思うんですけどねえ。

流動性も低く、規模も小さく、投資したいものに投資できない。

数がいくらあっても無駄です。
質が全くないですから、
意味がないにも程がありますよね^^;

ETFは有効。でも万能ではない!

日本では住宅バブル崩壊、その後のITバブル崩壊において、インデックスが有効に働かなかった。これは事実。
もちろん金融機関にとっても手数料収入のうまみはなかった面もあるが、ようは需要がなかったということ。
このブログを含めて、インデックスは万能ではないが有効な投資ですよということが少しずつ浸透してきた。
一方で、インデックスは万能だと勘違いさせるような書き方も一部の書物で見受けられる。
水瀬さんのような領域のある人がETF(インデックス)を正しく伝道される事を期待する。
特に海外ETFが羨望の的になっているが、為替の怖さが公平に伝えられていないような気がする。
日本人はダメな時もいいときも極端に応援スル傾向があるので、ここを正しく誘導してもらいたい。

いやいや

マルキールさん
>短期売買するなら個別株じゃないと稼ぎようがないと思うんですけどねえ。

それを言ったら日経先物あたりが活発に取引されていることと矛盾しますよ。
個別株にはどうしてもその銘柄特有のリスク(突発的な事故とか、会社の不祥事とか)が存在します。
それを回避して相場の流れだけを読んで勝負したい場合や、ある業種の中で出遅れている株を買ってその業種の指数を売ることで逆に相場の動きに影響されずに個別株のリターンだけを回収したりとか、短期売買でもいろいろな使い道はあります。

だいたいみんなが長期保有目当てだと日々の取引量はそうそう増えないので、流動性を確保するためにもそういう短期の取引はやってもらわないと困ります。

そういえば上に書いた鞘取りみたいな取引の場合は個別銘柄も取引することになるので、そういう狙いなら個別銘柄を取引するために海外市場へアクセスしているわけだから指数もその市場で取引した方が楽、というのが先進国ETFが日本市場に出てこない理由なのかもしれませんね。

あほらしい事を書きますね

>記事では、「世界の株式市場の調整局面が長引いていること」を
>東証不信の理由に挙げています。
プロが本気でそう思っているのならば、プロ失格ですね。
もしも、「世界の株式市場の調整局面が長引いていること」だなんて本気で思っているのならば反論は有ります。
まずは6月9日のNHKで放送されたクローズアップ現代「大丈夫か?ニッポン株式市場」をきちんと見た上で現在の東証のETFラインナップを見てから記事を書いた方が良いです。
クローズアップ現代は日経の記事以上に重要なテーマが出てくる事がありますが、6月9日放送分を見た人は日本株の問題点を知る事ができます。
その上で日本株ETFを積極的に宣伝をした所で買うとは思えません。

ETFが沢山上場している3位のアメリカン証券取引所を見習うだけでも東証は売買高を一杯稼げると思いますが、そう言う姿勢を見習おうとしないのですね。
日本の証券取引所は本当に困ったものです。
国民年金基金を始めとした年金運用と核として登場するベンチマークとして採用しているインデックスをそのままETFとして出してくれるだけでも良いのに何故機関投資家が出来て個人投資家向けが無いのかは不思議です。

ちょっとびっくり

現在のラインナップではETF売買代金が伸び悩んでいるのは当たり前・・・という私たちにとっての感覚であって、いわゆる専門家の
方々は別の見方をなさっているのですね。

これは少なからず驚いてます。ということは今後、そういった専門家の方々のほうこそ啓蒙していかなくてはいけないのでしょうか・・・。ちょっとお寒い話ですなぁ。

TOKかVTあたりを上場したらみんな飛びつくと思うのですが、できない事情があるというより、そういう知識がないのかもしれませんね。

コメントありがとうございます

>マルキールさんへ

ものすごいプロがいる一方で、こいつ本当にプロか?と思うようなトンチンカンな自称プロもいるように思います。
投資に関しては素人とプロの差がつきにくい旨のことを山崎元氏が言っていましたが、面白い世界ですよね。


>takeさんへ

同感です。
大切なのは数じゃないと思います。


>けんたさんへ

伝道とか誘導とか、買いかぶりすぎですよ。
僕はいち個人投資家に過ぎません(^^;;

ただ、海外ETFは有効ではあるけど万能ではないとのご意見、共感いたします。
海外ETFは単に、コスト的に欧米の個人投資家と同じスタートラインに立てるというだけで、必ず儲かるような錯覚を抱くのは間違いだと思います。


>タカちゃんさん・木星さんへ

新聞記者は企業業績の調査に関してはすごいですが、こと個人の資産運用に関しては自分で経験していない(内規で規制されている)ので本当はみな素人だと言っていた記者さんを知っています。
新聞の資産運用に関する情報は注意深く見ないといけないなと思いました。

このニュースはうさみみも読みましたが、東証さんも数字(実績=上場数)ばかり気にせずに、ニーズのあるETFが入るように指導したらいいのにと思います。
東証といえども、所詮は証券会社のいいなりなんでしょうかね…。

コメントありがとうございます

>うさみみさんへ

取引所、運用会社など関係者にはがんばってほしいですですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

東証のETF取引額が伸び悩んでいるのは誰のせい?

東証でETFの売買が伸び悩んでいるという。2008年年1~7月の売買代金は前年同期に比べ3.3%減少し、世界の主要取引所の中で16位に後退したという(日経新聞)。

乗り気ではないのですが、仕方ありません。ノッておきます。

JUGEMテーマ:ビジネス 本日のNIKKEI NETから。 東証、ETF売買代金が伸び悩み 1―7月、世界16位に後退  東京証券取引所で上場投資信託(ETF)の売買が伸び悩んでいる。東証はETFを戦略分野と位置づけ、金価格や新興国の株価指数に連動する新商品を

ETFあれこれ

NIKKEI NET マネー&マーケット:投資信託-投資信託ニュース  東京証券取引所で上場投資信託(ETF)の売買が伸び悩んでいる。東証はETFを戦略分野と位置づけ、金価格や新興国の株価指数に連動する新商品を相次ぎ投入したものの、今年1―7月の売買代金(ドル換算ベ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)