米景気は09年まで回復見込めず、米株は1年前より魅力的=バフェット氏

水瀬ケンイチ

バフェットおじさんによると、米景気は09年まで回復見込めないが、米株は1年前より魅力的なのだそうです。

【ロイター 2008/08/23より引用】
米景気は09年まで回復見込めず、米株は1年前より魅力的=バフェット氏
 著名投資家ウォーレン・バフェット氏は22日、米経済は依然として景気後退期にあり、2009年までに回復する可能性は低いと指摘した。ただ、米株式は1年前よりも「魅力的」になっているとの見方を示した。

 同氏はCNBCとのインタビューで、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長は、低成長見通し・インフレ高進・信用状況の悪化に直面した景気を刺激する「魔法の杖」を持っているわけではないと指摘。「私の判断では、今後5カ月以内に(米景気が)改善する見込みはない」と述べた。 
【引用おわり】

記事の題名だけ見ると、つい、「じゃあ、今のうちに仕込んで09年に売れば儲かるじゃん」と思ってしまいそうです。
しかしながら、正確には、「5カ月以内に改善する見込みはない」と言っているだけで、「5カ月後に回復し始める」と言っているわけではないのでご注意を。

まあ、個人的には、どうせ毎月ドルコスト平均法で買うだけなので、買い時もなにもないのですけどね(^^)
株価が低い時にはたくさん買えて、株価が高い時には少しだけ買うように、自動的に調整されます。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ