「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」8月分の投資を実行

水瀬ケンイチ

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」8月分の投資を、8月27日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月から、リレー投資用の外国株式クラスの投資商品を変更しました。
先月まで、「トヨタアセットバンガード海外株式ファンド」に投資してきましたが、今月から、「STAM グローバル株式インデックス・オープン」に変更しました。
これは自分の中では大きな決断でした。

理由は、信託報酬が低くなるから(年1.27%→年0.777%)です。
そのかわり売却時に信託財産留保額(0.05%)がかかるデメリットがありますが、リレーまでの想定保有期間を考慮した結果、信託報酬の低減のメリット(年0.493%)のほうが大きいと判断しました。

というわけで、今月の購入投資信託は以下の3本です。


STAM グローバル株式インデックス・オープン
インデックスファンドTSP
(上記2ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF「iShares S&P500 Index Fund」及び「iShares MSCI EAFE Index Fund」へ乗り換えます)
STAM グローバル債券インデックス・オープン

良い商品を選び、毎月、愚直に投資額を積み上げていこうと思います。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)

楽天証券
(STAM グローバル株式インデックス・オープン、STAM グローバル債券インデックス・オープン、iShares S&P500 Index Fund、iShares MSCI EAFE Index Fund)
マネックス証券
(インデックスファンドTSP)
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ