生活防衛資金の安心感

株式相場が停滞しています。

世界経済の長期的な成長を信じる者としては、こういう停滞期があってくれたほうが、平均購入単価を下げられるのでありがたいです。
理屈の上ではそうなのですが、心のほうは必ずしもそうは感じてくれないということもあるのではないでしょうか。

ところで、僕は生活防衛資金を生活費の2年分、銀行預金で確保しています。
生活防衛資金とは、運用資金とは完全に分別した、もしもの時のための生活資金です。
これくらいあれば、病気・事故・リストラなど、人生におけるほとんどの緊急事態に対応でき、自分と家族の生活を守れるというわけです。
このあたりは、「投資戦略の発想法」(木村剛著)に詳しいです。ご興味があるかたは読んでみてください。

一方で、生活費の2年分もの資金を運用しないで置いておくのは、額が多すぎて非効率だというご意見もあります。
たしかに、昨今は消費者物価も上がってきたので、わずかな銀行預金の金利では、実質購買力が下がってしまうという面もあると思います。

では、生活防衛資金は控えめにして、その分を運用資金に回したほうがよいのでしょうか?個人的にはそうは思いません。
なぜなら……
生活防衛資金は、もしもの時のための金銭的備えというだけでなく、相場変動に対する精神安定剤的な役割が大きいと思うからです。

実際、サブプライム・ショックのような相場変動の荒波を乗り切るのに、たっぷりの生活防衛資金があることによる安心感は、必要不可欠なものであると感じています。
ほんのちょっとの実質購買力の低下など、安心してぐっすり眠れる精神安定のためのコストと考えれば安いものです。

丸腰で我慢できるほど、相場変動はやさしくありません。
元来意志の弱い僕にとって、市場にとどまり続けるには、何らかの工夫が必要です。

生活防衛資金の安心感、「売らずに我慢するテクニック」のひとつに加えてもいいかもしれません。

関連記事


  





コメント

私の場合、生活防衛資金を1年半にしています。
別に2年でも良いのですが、私自身が独身なのでそれで十分かなと思います。

水瀬さんがおっしゃるように生活防衛資金は精神安定剤的な役割が大きいです。
ただ生活防衛資金が多すぎると逆に投資ができなくなるので、その辺はバランスかなと思います。

生活防衛資金はその人の性格や環境によって『生活費の○○ヵ月分』は変わると思いますので、十分に計算をしてみて生活防衛資金を残せばいいと思います。
これだけ残してないと駄目!!っていうのは投資と同じで自分で決めるべきことですから・・・

精神安定の効用

自分も木村さんの本を読んで投資を始めたクチなので、生活防衛資金をとっています。

すぐ引き出せる、増やすのが目的ではないので元本は確実に残すなどを考え、自分は普通預金とMRFにしています。

ご記載のように金額が意外に大きいので何分の一かは国債やMMFでもと誘惑に駆られるときがあります。
木村さんも国債は生活防衛資金として見ていいよと書いていたような気がしますが、拘束期間があるのは防衛資金としてどうかな?と思い実行していません。

「精神安定のコスト」という考え方、そうだよなあと思いました。この資金の運用にあれこれ悩んで精神安定の効用を揺らがせてはいけませんね(笑)。

「生活費の2年分もの資金を運用しないで置いておくのは、額が多すぎて非効率だ」という意見は、山崎元さんも主張していますね。

水瀬さんも感じていらっしゃる「精神安定剤的な役割」は確かに個別株式中心の運用の場合は相当程度意味のあることだと思いますが、ポートフォリオでしかもパッシブ中心に運用している場合には、やはり多いと思います(株式中心→分散運用となった私個人の意見です)。

もっとも、「生活費2年分の預金」と「運用資産」の比率は人によって様々だと思いますが・・・。

生活防衛資金は、相場変動に対する精神安定剤的な役割が大きいと思うというのはうさみみも実感です。

うさみみの場合、2年分の生活費だけでなく、こどもの教育費も取り分けてますので、市場が低迷しても、実生活にはあまり影響ないと、はっきり割り切れますし。

一方で、資金を有効に使ってないという部分も以前は気になっていましたが、今はほとんど気にならないです。
自分が資産形成してきたのは、投資ではなく貯蓄なので、そのエンジンを持っていると、それが大事だと強く自分に意識させたんですが、ブログを書く事で自分の意識付けができるってのはあります(^^♪

私も生活防衛資金は1年半貯めています。本当は2年欲しいのですが、半年間は雇用保険でカバーできていると思うので。

生活防衛資金の量を決めるのは、失業して次に仕事が見つかるまでの予想期間で良いと思います。

いつもヘッドハンティングされていて、いつでも好きな会社に転職できるような人なら半年分でも十分だと思いますよ。

僕の場合は、生活防衛資金は一年程度しかないですね。
別に、資金効率を高めるためではありません。

全資産の30%を預金(現金)で保有しようとしたらそうなっちゃたんですね。

個人的にはみなさんのように2年程度は欲しいんですが・・・。
自営業なので、運転資金もいるしなあ。

私は、「投資戦略の発想法」が投資を始めるきっかけには、なり
ましたが、生活防衛資金に関しては、預金とし保有しているわけ
ではありません。私のスタンスは、基本的に、下記の山崎元さん
の記事と同じで、

換金性がある金融商品に、最大限に投資しつつ、必要があれば
取り崩す。

というものです。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yamazaki/at_ya_08072501.htm


> 相場変動に対する精神安定剤的な役割が大きい

確かに、それはあるかもしれませんね。
私は、最近は、変動に慣れきってしまって、気にならなくなり
ました。それはそれで問題か(笑)

コメントありがとうございます

>にっしーさんへ

そうですね。
なにごともバランス、バランス(^^)


>小太郎さんへ

僕も生活防衛資金は運用と考えていないので、流動性を最重視して銀行預金です。


>レバレッジ君さんへ

まあまあ。
あなたの仰るように、必要な安心の大きさは人により様々ですよ。


>うさみみさんへ

生活防衛資金の精神安定剤的役割は重要だと思います。
特に、昨今のような低迷期はありがたみが実感されます。


>ただの人さんへ

>>いつもヘッドハンティングされていて、いつでも好きな会社に転職できるような人なら半年分でも十分

そんな人になりたいものです(^^;;


>マルキールさんへ

無理なさらないでください。
資産運用など無理してやるものではないと思います。
事業の運転資金のほうがはるかに重要ですよ(^^)


>ひろんさんへ

精神的に安定していられるのであれば、それもいいと思います。
相場が悪い時に取り崩す事態にならないことをお祈りしております。

最近、木村派よりも山崎派になりました^^

以前、山崎元さんは
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yamazaki/at_ya_05051601.htm
(1)1000万円までの生活資金は銀行の預金
(2)それを超えるお金で安全に殖やしたいものは個人向け国債
(3)リスクを取って運用してもいいお金は自分で日本株運用
とされていました・・・
現在は
(1)生活費の3か月分程度のお金を貯めて、普通預金に維持する
となっています。。。

買値というのは意味がないようなので、必要とあらばすぐに利食いや損切りができるのであれば、それもアリかなあ~なんて思ってきました!

借金がなく、100万程度普通預金があれば、あとは債券と株式に分散するのが効率的かもしれません。
もちろん、全財産すべて株というのは、かなりの集中投資だとは思いますが^^;;(私の場合、株式比率は低いです・・)

私も生活防衛資金として3年分を確保しています。
金額というよりは、最低資産の20%程度は、いざという時にすぐ引き出せるようしている結果です。
私自身はインデックス運用主体ではなく、投資資金の85%程度が日本個別株投資(バイアンドホールドの長期投資ですが)なので、前提が異なるのですが。
ちなみに、昨年度末は、優遇税制終了前にかなり手持株を売却したので、生活防衛資金プラス2.5年分の手元流動性を確保していましたが、年明けから2.5年分を自分の中の投資勘定に移動したので、いまは3年分です。
生活防衛資金の精神安定剤的役割はアグリーです。
生活基盤確保ができていないと、怖くて、本来仕込むべきチャンスに動けなくなります。
(個人的には相場が崩る時がないと仕込むことができなくなるので、年に1・2回は崩れて欲しいところではありますが。)
インデックス運用の本ブログにふさわしくない内容で申し訳ありません。

まさに流動性資産の精神安定剤効果はこの様な相場の時は痛感させられます。ハッピーリタイヤ時サブブライムショックがなくて良かったとプラス思考に考えてます。私の場合個人向け国債と現預金は20%以上確保して残りは投資にすべてまわしてます。信ずれば花開く!です(^^)

私は、半年分しか確保していません(対抗して書くと、内藤忍氏流というのでしょうか(苦笑))

リスク資産も流動性が高いのでいざとなれば売れますし、保険という意味ではこれでいいかなーと。ただ、安心感としては不十分で、おかげで私のポートフォリオはかなり保守的な感じになっています。

それにしても、ポートフォリオって十人十色なんですね。

木村剛さんと、山崎元さんの生活防衛資金に関するスタンスの
違いは、お二人の経歴を考えると、理解できるかもしれませんね。

木村剛さん:銀行出身(日銀)
-> 銀行に預ける額が多め

山崎元さん:ファンドマネージメント(歴が長いという印象)
-> 投資する額が多め


結局、

生活防衛資金は必要です。でもその額に関しては、(例えば、ポート
フォリオ理論のような)理論・計算式は存在しません。

各個人の生活防衛資金は、その時の各個人の状況(未婚か既婚か?、
既婚であれば、共働きかどうか?子供がいるのかいないのか?、
自営業なのか給与所得者なのか?、20代なのか50代なのか...etc)
によって違ってくるので、自分に必要な生活防衛資金の額は、自分
で判断しなければなりません。(幾らだと自分が安心できるか?)

ということなんでしょう。(当たり前すぎる...)


やはり、生活防衛資金を預金として持つかどうかの判断は、精神的な
もののウェートが大きいのではないかな。

よく考えると、私の判断も精神的なものだった。

私の場合、生活防衛資金を、預金で持っていたら、多分...
使っちゃいます。(笑)


金融商品の場合は、売却の指示を出す、銀行に振り込む、という
オペレーションが入るので、使おうと思った場合のハードルが若干
高いので、使いにくい。だから、この方法が私には合っている。(笑)

お父さんはたいへん

生活防衛資金(2年分?)は、独身の人は少なくてもよいですが、家族を持つとそれなりの額になってしまいます。ボーナス10回分くらい貯める必要があります。

こう考えると、家族は持たない方がいいとなってしまいますが、私にとって、自分の子供たちは最大の投資先です。
一族という範囲で考えれば、おそらく、将来の稼ぎ頭の候補の筆頭です。
株や債権なんかより、もっと利回りが期待できる存在です。
また、金銭的な面だけではなく、精神的な支えでもあります。

親ばかですかね。^^;

結構皆さん多くを投資にまわしてられるんですね。自分は今年始めたばかりで、年末までに資産の25%くらいを投資にまわす予定です。その後も積立をしていくが一定の額は銀行預金で置いておくつもりです。

理論どうこうよりも、やはり自分の精神的安定のためですね。おかげで含み損もあまり気にせず積み立てできています。

コメントありがとうございます

>投信戦略の発想法さんへ

時の経過とともに考えが変わることはよくあることです。
お名前を変えられたらいかがでしょうか(笑)


>takaさんへ

いえいえ。
意見の押し付けでなければ、違う投資手法のかたでもコメント大歓迎ですよ(^^)
人それぞれいろいろな投資法があっていいし、また実際にいろいろな投資法で儲けることができるのだと思っています。


>としちゃんさんへ

将来、花開かせたいですね(^^)


>モンチさんへ

なるほど。
生活防衛資金で安心感を得るのもアリですが、ポートフォリオで安心感を得るのもアリなんですね。


>ひろんさんへ

ナイスまとめ、ありがとうございます(^^)


>welpalさんへ

がんばれ、お父さん!(^^)b


>topgunさんへ

投資に回す資産額が増えれば増えるほど、冷静さを保つことの重要性も高まるように思います。これ実感です。

みなさん色々な捉え方があるようで勉強になります。
僕の場合は、性格に把握していませんが(この部分は妻が頑として教えてくれません....) 1年以上で妻が安心できるまでが目安となっています。
なので、投資にお金が回ってこないのですが(汗) まだまだ準備段階と思ってゆっくりしています。

>たっぷりの生活防衛資金があることによる安心感は、必要不可欠なものであると感じています。
>ほんのちょっとの実質購買力の低下など、安心してぐっすり眠れる精神安定のためのコストと考えれば安いものです。


そうですね^^;;仰る通りですね。。。
魔が差して防衛資金をいじくるところでした・・・
預金は崩さずに、貯めてくしかないかもしれません。

コメントありがとうございます

>かえるさんへ

ホント皆さんいろいろで勉強になります。
投資額を決定する上で、ご家族の理解も大事な要因ですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

余裕資金のはいくら??

少し前のブログで 「余裕資金について、明確な基準を設けている方がいたら教えてください。」 と書きましたが、私の愛読している 『梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー 』で 余裕資金に関する記事が掲載されていました。 面白かったのは余裕資金の目的に対する...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)