売りたくなったら見る言葉

僕の投資スタイルは、インデックスファンド・ETFのバイ&ホールド戦略です。

この戦略を採る投資家のいちばん大事な仕事は、企業分析やマクロ経済分析ではなく、単に「ファンドを売りたくなった時に我慢すること」だと考えています。
しかし、実際にやってみるとこれが非常に難しい。市場にはさまざまな誘惑が満ちています。
そんな時は、「売りたくなったら見る言葉」を繰り返しかみしめます。

結論

過去200年間、米国株の複利の実質利回りは継続的に年率で約7%を記録してきた。株式の利回りが高く、長期的に安定している理由は明らかではない。わかっているのは、株式の利回りは資本の質と量、生産性、そしてリスクに対する収益性に左右されるということだ。一方、株式価値を高める要因には、優れた経営、財産権を保障する安定した政治体制、健全な競争のもとで消費者により良い商品を提供できる能力も含まれる。
政治的あるいは経済的な危機は、ときに投資家を市場から遠ざけ、株式相場の下落を招くこともあるが、経済成長をもたらすファンダメンタルズさえしっかりしていれば、長期的には株価は回復する。おそらく、これが過去200年間の政治的、経済的な混乱にもかかわらず、株価が長期的に安定して上昇を続けてきた理由だろう。

株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド
株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド」(ジェレミー・シーゲル著)より引用


つい弱気になったときには、売らずに我慢するテクニック集でもどうぞ。
「売らずに我慢するテクニック」カテゴリー

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

投資は余裕資金で。

 シーゲル博士の論文は、長期投資において株式がぜったいなる成果を挙げてきた資料が見ものですね。
 ただし、日本人の長期投資って数年から長くても30年くらいの人が多いと思いますので、30年後の段階で恐慌が起きていて元本を現金化しようとすると悲しい結末になりますね。
 幸い、私は将来そのまま子供への相続財産になるであろう資金で運用していますので、シーゲル博士の100年、200年の理論がそのまま適用できると思って安心して投資を続けています。

株式投資 シーゲル著

>「株式投資
>シーゲル著
私もこの本読ませていただきました
この本によると、長期的なリターンは 
商品<債券<株
でしたよね。
ならば、株だけに投資すればいいのでは。。と思いました。

たしかに、卵は一つのカゴに盛るな といわれますが、
ドルコスト法だけで 株に投資するのほうがリターンが多いならば、すべて株ETF投資でいいようにも考えます。

水瀬さんは、商品や債券への投資についてどうおもわれますか?
リターンを考えれば、株だけでいいようにも思いますが。。

お時間のあるときに、御意見を聞かせてください。

売りたくなったら...

わたしはね、

自分の資産を客観的に評価できるんですよ。
だから、どんなに暴落しても決して売りません。

あなたとは、違うんです。(笑)

コメントありがとうございます

>瀬見井 茂さんへ

>>投資は余裕資金で。

大賛成です。

>>30年後の段階で恐慌が起きていて元本を現金化しようとすると悲しい結末になりますね。

だからこそ、各種投資本が教えるように、ライフサイクルに合わせてリスク資産を減らして安全資産へ増やしていくようアセットアロケーションを移行していくのだと思っています。


>saru999さんへ

リターンだけで考えればそう見えますが、リスク(ボラティリティ)のほうにも目を向けると…。
自分の場合、100%株式のポートフォリオでは、自分のリスク許容度を超えてしまうので、債券も組み合わせています。
「株式投資」(ジェレミー・シーゲル著)をお持ちであれば、P.37(第2章の「望ましい資産配分」)をご覧いただければと思います。

商品には投資していません。個人的理由は以下の記事のとおりです。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-345.html

なお、これらは水瀬個人の場合の考えですので、saru999さんにおかれましては、ご自身で判断をしていただくようお願いしますね(^^)


>ひろんさんへ

時事ネタ、ありがとうございます!(笑)
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-33615820080905

ダウは大きく下落していますが・・・

ダウ工業株30種平均(以下ダウ)は結構、下落していますが、データを見てみるとそんなに神経質になる必要は無いのでは?と考えています。
DIAを1998年1月20日の終値で買ったと仮定し、為替レートも同じ日に25銭の手数料を払って、1000万円を投資した場合は・・・

2008/09/05の円ベースでは(8月分配落ち配当を含む)・・・
投資元本≒11817003円
受取配当金(円転、2重課税)≒1686905円
勿論、為替手数料も考慮しています。

これが10年間のダウの円ベースのリターンです。
勿論、ダウも最高値は14000ドル台まで上昇しましたから、それから見たら大きく下げてはいます。
REIT(IYR)も大きく下げていますが、過去8年間のリターンはDIAよりも大きいです。
よほど変な市場に投資しない限りは株式、REIT、債券については長期では利益の確実性は高いと考えています。

週末に考えていましたが一番のリスクは投資している対象の手数料が高すぎることかもしれません。

はよー、爆弾処理をしないと。。。

http://indexinvest.blog32.fc2.com/blog-entry-184.html

水瀬さんへ


>リスク(ボラティリティ)
>債券
なるほど。そういう考えもあるんですね。
勉強になりました。
ありがとうございました。

コメントありがとうございます

>タカちゃんさんへ

目先の変動にとらわれず、大きな視野で見たいですね。


>silencejokerさんへ

それは重要ですよ。
リターンは不確実なのに対して、コストは確実なマイナスですから(^^;


>saru999さんへ

リスク許容度は人それぞれですので、株式100%でいけるかたも少なからずいると思います。
saru999さんに最適なアセットアロケーションを見つけてください(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)