2008年9月現在のアセットアロケーションと構成商品

水瀬ケンイチ

2008年9月9日時点のアセットアロケーションをチェックしてみました。

先月の投資商品の大幅変更と、最近の相場変動で、自分のアセットアロケーションが崩れているかもしれないと思い、久々に調べてみました。

photo_20080909.jpg

調べた結果、年初からあまり変わっていませんでした。
アクティブファンドはホールドしているだけで追加投資していないので、アクティブ比率は下がってきましたが、アセットクラスの比率としてはあまり変わっていませんでした。
とりあえず、ほっ。
(ご参考)
2008/01/02 2008年1月現在のアセットアロケーションと構成商品(その1)

現在の主な構成商品は以下のとおりです。
(これ以外にも、多少の金融商品があったり、なかったりしますが)



■日本株式インデックス
・iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)の日本株式部分
・TOPIX連動型上場投資信託(1306)
・インデックスファンドTSP

■日本株式アクティブ
・MHAM株式オープン

■日本債券
なし

■外国株式インデックス
・iShares S&P500 Index Fund(IVV)
・iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)
・STAMグローバル株式インデックス・オープン

■外国株式アクティブ
・DIAM中国関連株オープン
・SGロシア東欧株ファンド

■外国債券
・STAMグローバル債券インデックス・オープン

※流動性資産はアセットアロケーションに含めていません。また、これらリスク性資産のほかに生活防衛資金として生活費の2年分を銀行預金にて確保しています。


リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアは厳密には追い求めておりません。
たいしたアセットアロケーションではありませんので、良い子は真似しないでください(^^ゞ

なお、先日の投資商品の大幅変更で、資産の大部分は海外ETF(IVV・EFA)になりました。
運用コストが大幅に下がったので、良かったのではないかと思います。


<ご参考>
上記商品は以下のネット証券で購入してます。(会社名をクリックすると口座開設できます)
マネックス証券
(インデックスファンドTSP)
楽天証券
(iShares S&P500 Index Fund、iShares MSCI EAFE Index Fund、STAMグローバル株式インデックス・オープン、STAMグローバル債券インデックス・オープン)
SBI証券
(TOPIX連動型上場投資信託、MHAM株式オープン、DIAM中国関連株オープン、SGロシア東欧株ファンド)

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ