狂言の夕べ「貰聟(もらいむこ)」「武悪(ぶあく)」

水瀬ケンイチ

野村万作・野村萬斎の狂言を見てきました。

演目は、「貰聟(もらいむこ)」「武悪(ぶあく)」です。
狂言というと敷居が高いような感じを持つ方がいらっしゃるかもしれませんが、全然そんなことはなく、親しみやすいものだと思います。

貰聟(もらいむこ)は酒乱男が夫婦喧嘩して奥さんが実家に帰っちゃう話ですし、武悪(ぶあく)は、主人に幼馴染を討てと言われた主人公が討ったことにして逃がしたところ、幼馴染と主人がばったり出くわしてしまいユーレイってことにして主人をハメる笑い話です。
たくさん笑わせてもらいました。

たまには、600年の伝統をじっくり楽しむのも、とてもいいものです。
米国などと違い、せっかく歴史がある国に生まれたのですから(^^)

(ご参考)狂言の夕べ関連情報
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ