バンガードが10日付で米国株連動のETF2本を金融庁へ届出――近日中にマネックス証券で販売へ

グッドニュース!ついにバンガードETF2本が金融庁へ届出されました。

【モーニングスター 2008/09/11より引用】
バンガードが10日付で米国株連動のETF2本を金融庁へ届出――近日中にマネックス証券で販売へ

 米大手運用会社のバンガード・グループは11日、米国のアメリカン証券取引所に上場しているETF(上場投資信託)2本について、10日付で金融庁への届出を完了したと発表した。バンガードが日本でETFの届出を行ったのは初めてで、近日中にマネックス証券を通じて購入可能になるという。
 今回届出が出されたのは、米国株式市場を広範囲にカバーする指数に連動する「バンガード・トータル・ストック・マーケット・ETF」(VTI)と米国の中小型株指数に連動する「バンガード・スモールキャップ・ETF」(VB)の2本。
 ETFは通常の投資信託に比べて信託報酬が安い点が魅力だが、バンガードの商品はその中でも運用コストが低いことで知られている。バンガードの全ファンドの平均エクスペンスレシオ(平均純資産に対する運用その他の経費比率)は0.20%(08年6月末時点)と07年の業界平均1.22%に対して低い水準となっている。エクスペンスレシオはVTIが0.07%、VBが0.10%(07年12月時点)。
【引用おわり】

VTIのエクスペンスレシオ0.07%は、IVVの0.09%をもしのぐ安さ。
加えて連動指数がMSCI US ブロードマーケットインデックスで、S&P500よりも広範。
米国ETFのメインファンドの大本命です。

う~ん、魅力的!!

マネックス証券で取り扱いが開始されるのであれば、大きな武器になると思われます。
楽天証券、SBI証券が追随するかどうかも見逃せません。

本場米国では、バンガードは他にも低コストの各種ETFを取り揃えています。
良質なETFを、どんどん日本に輸入してほしいです。

久々に熱くなるニュースでした(^^)b


<ご参考>
上記ネット証券は以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
マネックス証券
関連記事


  





コメント

VTIは本当に魅力ですね。
0.07%って他の商品じゃ考えられませんから。

これを待っていた個人投資家の方は多いでしょうね。
マネックス証券さんには早く販売して欲しいものです。

この事に対して楽天証券とSBI証券が黙っているはずがありません。
2社がどんな手を打って出るのは・・・それも楽しみになってきました。

マネックスやってくれましたね!
バンガードのETFの中でもスタンダードと言っても良いものからそろえてくれたのは良いセンスだと思いますし、長い事トータルストックマーケットインデックスファンドを買っていた私としては一番欲しかったETFでした。IVVからの乗り換えはまだ様子を見ていようと思いますが、これはうれしいニュースです。
冬のボーナス前にVWOの届出もされたら狂喜乱舞しちゃいますが、それも期待したいと思います。

つ、ついにッ

来ましたね~。
うれしいです。
マネックスは残念ながら開設してないので、早く楽天にも…(笑

それにつけても特定口座にしてもらいたいものです。特定口座にできるのでしたら、飛びつくのですけど。

マネックスでもSBIでもフィデリティでもどこでもいいですから、特定口座にならないですかねえ。

ものぐさですけど善良な市民より。

VTI

ようやく、マネックスが特色を打ち出してきたのではないかと思える報道です。特に前者は大きいですね。S&Pやダウ30よりも広域、まさに米国全体の株価を反映する指数に連動するETFですから……

凄いですね~。
VTIも魅力的ですが、VB(バンガード・スモールキャップ)が僕にはなんて魅力的なんでしょうか~♪

ほんとネット証券さんなどの頑張り感謝ですね。

VTIいいなあ。
VBも結構捨てがたい。
この二つを組み合わせればアメリカ市場はほぼ押さえられる感じですねえ。

うーん。ETFをどう組み合わせるか悩みどころだ。

うれしい悩みだけど。

ひさびさに・・

こんにちは。今年に入りマネックス証券さんがいろんな意味で
海外ETFの話題をさらってますね。バンガードといえばまさに
インデックス運用を普及した最大の功労者。すこしバークレイーズ
に比べるとETFで先行された会社でしたが日本でどんな展開がされるかとおもってたらマネックスさんから、発売されるみたいですね。
価格競争力も相当ありそうな感じで、大いに期待してます。

いつも最新情報をありがとうございます。

マネックスの休眠口座いつでも使える状態にしました。
海外ETFはマネックスをメインにしていこうかと思います。(^^)

はじめまして。

1年ほど前から拝見させていただいてますが、はじめてコメントさせていただきます。
 最近やっと海外ETFの取り扱いが増えてきて、今回のVTIも魅力的でありますね。どんどん新しい商品やサービスが出てくるので困ってしまいます。
 ですが心配なことがあります。この先ドル(アメリカ)の価値が落ちてくると予想する有名投資家たちが多く、彼らはドルの比率を下げていくと公言しているようです。もしそうなると考えるとドル建ての投資は控えたほうがいいのでしょうか、考えてしまいます。

こんばんは

ようやくバンガードが買える日が来るんですね。
トヨタアセットバンガードもだいぶ貯まってきたし、数年以内に乗換えを考えていきたいです。
欧州をどうするか。

これで競争が激しくなると、いいですね(^^♪

う~ん・・・

マネックスのバンガード社ETF採用は見事ですね~
ただマネックスは以下の点で不利だと思うので、早く楽天あたりに追随してほしいと思います。

(不利な点・・・もし違ったらご教示願いますw)

①「為替取引で外貨購入→外貨MMF購入」なので為替差益が総合課税の対象となる。
  (楽天は円で直接外貨MMFを購入できるので、MMF売却までの為替差益は非課税)
②購入した外貨を直接、外貨の銀行口座に引き落とすことができない。
(万が一、円が暴落したら外貨のまま引き出せたほうが有利?)
③外貨MMFを直接、株式の購入代金にあてることができない。
(面倒なだけで、金銭的には不利ではないかもしれませんが・・・)

*こういったこともあり、今のところドル資産は楽天、ユーロ資産は野村で持っています。
 楽天のユーロ対応をギリギリまで待っていたのですが、最近のユーロ急落には我慢が
 できずとうとう野村でユーロMMFを買い始めました。
 野村は嫌いなんですけどね~(^^;)

為替差益の課税については、金銭面での有利不利もさることながら、いちいち為替差益
 の計算をするのが大変だというのが自分にとって一番のポイントだったりします。。。。
(長期でMMF持っていると途中で配当の再投資が入ったりして、取得原価が分からなく
 なってしまうので、ものぐさな自分にとっては非課税がベスト(^^;))

こんにちは。
VTIの運用利回り見てみましたが、すごく良いような気がします。眠っていたマネックス私も始動しそうな感じです。
長期保有バイ&ホールドで行きたいですね。

https://personal.vanguard.com/us/FundsSnapshot?FundId=0970&FundIntExt=INT

コメントありがとうございます

>にっしーさんへ

コストは最安レベルですね!
楽天・SBIも扱ってくれるといいですね(^^)


>道産子さんへ

僕はIVVから乗り換えることはしませんが、今後のリレー投資先として要チェックです。


>宴さんへ

楽天でも扱ってほしいですね。
いっしょに直接要望を出しましょう!!
僕はもう出しましたよ(^^)


>目にはうろこさんへ

担当者の口頭レベルですが、楽天証券には対応のウィルはありそうに感じました。
個人的にはいずれ対応になるだろうと思っています。


>新幹線さんへ

小型株をも含むブロードインデックスですからね。
日本株でもほしいETFです。


>かえるさんへ

VBに魅力を感じるかたも多いと思います。
なかなか投資しづらいアセットクラスですから。


>マルキールさんへ

VTIだけで大中小型株の全てが網羅されていますよー(^^)


>九州FPさんへ

僕も期待しています。
良い商品だと思うので、マネックスだけでなく、ぜひ他の証券会社でも取り扱ってほしいです。


>あづささんへ

おっ!野村さんは卒業ですか?(^^)


>なにわのFPさんへ

為替リスクは投資先の国の通貨に対してかかるので、商品自体がどこの通貨建てか(ドル建て・円建て・ユーロ建てetc.)は関係ないと思います。
米国自体に投資するのを懸念しているのなら分かりますが…(^^ゞ


>うさみみさんへ

IEVやPEFなど、欧州に投資するETFも既に出てますよ。
これを機に、さらに競争が促進されるといいですね(^^)


>びわごんさんへ

ぜひ楽天に直接要望を出しましょう。
手数料に見合うサービス提供を!
(僕はもう出しましたよー)


>norikさんへ

これを機に休眠していたマネックス口座を再開するというかたもたくさんいらっしゃるようです。
いいことです(^^)

セブン銀行

>>あづささんへ
>おっ!野村さんは卒業ですか?(^^)

海外ETFは卒業に向かう予定です。
国内株式(ほっと割20)と生外国債券の口座としてはもうしばらく使うと思います。外国債券ってどこで買うのが一番効率が良いのでしょうか。品揃えで野村さんにしているのですが。

普通預金の利率が良い口座
外貨預金取引が少額でもスピーディーにできる口座
コストの安いファンドを取り扱っている口座

など口座数を絞ってもいくつかの金融機関と取引することになります。資金配分の時間と手間を軽減してくれるセブン銀行さまさまです。

コメントありがとうございます

>あづささんへ

生外債はまだ利用していないので、よく分からないんですよ。
ゴメンナサイ。。

読者のかたで、三菱UFJ証券が外国口座手数料がかからず品揃えもなかなかでオススメとおっしゃっていたことがあります。
なにぶん伝聞情報なので、詳細はご自身でご確認ください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

バンガードETF、金融庁への届出を完了

はい、来ました!!! バンガードが10日付で米国株連動のETF2本を金融庁へ届出――近日中にマネックス証券で販売へ (from? Morningstar) 米大手運用会社のバンガード・グループは11日、米国のアメリカン証券取引所に上場しているETF(上場投資信託)2本...

バンガードが10日付で米国株連動のETF2本を金融庁へ届出――近日中にマネックス証券で販売へ

久々にメガトン級のニュースが出ました!! 狼少年かと思っていたマネックスのバンガードETF取り扱いですが、ついに実現される事になりました。バンガード エマージング マーケットETF(VWO)かと思ったのですが、以下の2つのETFでした。 ・バンガー...

VTI・VBをマネックス証券で取扱い

楽天、SBIに続く米国ETF取り扱い会社となりながらも、商品のラインナップではま

バンガードがVTIとVBの金融庁届出を完了

バンガードが米国株式市場連動のバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)とバンガード・スモールキャップ・ETF(VB)の2本の金融庁への届出を完了したと発表した(モーニングスター)。

バンガードVTI,VB金融庁届出完了!マネックスで販売へ

既に多数のブログで取り上げられていますが、バンガードが低コストで優良なETF2本の金融庁への届出が完了し、近日中にマネックスで販売にな...

バンガードのETFが購入可能になるそうな

バンガードの「バンガード・トータル・ストック・マーケット・ETF」(VTI)と米国の中小型株指数に連動する「バンガード・スモールキャップ・ETF」(VB)の2本が、10日付で金融庁への届出を完了したそうな。近日中にマネックス証券を通じて購入可能になると...

米経済さらに失速。今が仕込みどきかも。

米経済の失速がさらい進むようだ。サブプライムローン問題はこれで終わり。来年にはアメリカ経済は上昇に転ずる・・・そう予測する経済学者もいれば、これは終わりの始まりだ。さらに金融機関の大型破綻が発生して、世界恐慌に陥る・・・そう脅す経済学者もいる。 どっち

[資産運用]バンガードが10日付で米国株連動のETF2本を金融庁へ届出――近日中にマネックス証券で販売へ

バンガードのETFがマネックス証券で買えるそうです。今購入しているセゾンからのリレー投資も視野に入れて、投資していきたいと思います。 モーニングスター [ ファンドニュース ] 米大手運用会社のバンガード・グループは11日、米国のアメリカン証券取引所に上場

バンガードETFが日本にやって来る!

すでに多くのBlogで扱われているニュースだが、バンガードETFが近々購入可能になりそうだ! 先月のマネックス証券・海外ETF取り扱い開始時期に...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)