「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」9月分の投資を実行

水瀬ケンイチ

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」9月分の投資を、本日9月16日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は、近年まれに見る良い買い物ができたと思います。
NIKKEI NETで、
東証大引け・大幅反落 米金融不安で、TOPIXは今年3番目の大幅安
米国株急落、ダウ504ドル安 下げ幅同時テロ直後以来、リーマン破綻嫌気
という見出しを見るにつけ、水瀬の頭の中では、
「日本株は今年3番目の良い買い場で買えた」
「米国株は同時テロ直後以来の良い買い場で買えた」
と自動変換され、うっしっしであります(^^)

もっとも、来月は更に相場が悪化するかもしれませんので、浮かれて追加投資するのはやめておきます。
基本は、毎月コツコツ定額購入です。
来たるべき20~30年後の売却時に備えて、じりじりと平均購入単価を下げていきますよ。

なお、購入投資信託は以下の3本です。



STAM グローバル株式インデックス・オープン
インデックスファンドTSP
(上記2ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF「iShares S&P500 Index Fund」及び「iShares MSCI EAFE Index Fund」へ乗り換えます)
STAM グローバル債券インデックス・オープン

暴落相場でも、毎月、愚直に投資額を積み上げていこうと思います。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)

楽天証券
(STAM グローバル株式インデックス・オープン、STAM グローバル債券インデックス・オープン、iShares S&P500 Index Fund、iShares MSCI EAFE Index Fund)
マネックス証券
(インデックスファンドTSP)
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ