売りたくなったら見る言葉

僕の投資スタイルは、インデックスファンド・ETFのバイ&ホールド戦略です。

この戦略を採る投資家のいちばん大事な仕事は、企業分析やマクロ経済分析などではなく、単に、「ファンドを売りたくなった時に我慢すること」だと考えています。
しかし、実際にやってみるとこれが非常に難しい。市場にはさまざまな誘惑が満ちています。
そんな時は、「売りたくなったら見る言葉」を繰り返しかみしめます。

カルガリー大学のリチャード・ウッドワード教授とジェス・チュア教授による研究の結果は、長期投資として株式を保有し続けるほうが、マーケット・タイミングをはかって売買するよりもうまくいくことを示している。
なぜなら、強気相場の期間に株式から得られる利益は、弱気相場によって被る損失よりも遙かに大きいからだ。
両教授は、マーケット・タイミング型の投資家がバイ・アンド・ホールド型の投資家のパフォーマンスを上回るためには、70%の確率でマーケット・タイミングについて正しい判断を下さなければならないとの結論を下している。
7割もの打率で市場の転換点をあてることのできる人物に、私はついぞお目にかかったことがない。

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」(バートン・マルキール著)より


つい弱気になったときには、売らずに我慢するテクニック集でもどうぞ。
「売らずに我慢するテクニック」カテゴリー

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

バフェトいわく「お金を失わない事、そしてお金を失わないルールを忘れない事」私は今回内藤さんの言われるアセットアロケーションを見つめ直すいい機会になりました。今後も基本的なルールで資産運用していくつもりです(^^)

今回の下げと上げほど「売りたくなったら見る言葉」をかみしめた事はなかったです。ほんと「奈落の底へ落ちるのか」という思いと、「稲妻の輝く瞬間」ってあるんですね。
でも、おかげ様で無事ホールドできました。ありがとうございました。





シーゲル教授も「株式投資の未来」で弱気相場では株価下落すると配当収益率がUPするので、それを安くなった株に再投資しておけば、将来、強気相場になったときには増加した保有株数が更なる配当金収益を生む みたいなことをいってしました

考え方はドルコストと同じで安値のときはいっぱい買えてお得ってことなんですけど その原資が配当金というところがなるほどーでした
(本書中では値上がり益より、配当金収益を重視していました)

相場下落時でもホールド + 再投資の重要性を再確認した次第です

損するかも・・・って思うと、どうにも我慢できなくなっちゃうんですよね。
今回の下落相場ではうまくインデックスファンドの買い増しができましたが、今後はどうなることやら。ウォール街のランダムウォーカーを再度読み直したほうがよさそうです。

いつも楽しく拝見しております。
さて、よく下がっている時に売りたくなるという記事を書かれておられますが、
私は下がっている時に売ると損をするので全然売りたくなりません。
むしろ利益が出ている時(私は未体験ですが)売りたくなると思います。
その時はどう考えて思いとどまればいいと思いますか?

年齢も関係しているでしょうね。まだ20代ですので、こんな相場でも売りたい気持ちは全くありません.これが50代だとすれば… 確かに売りたいす! あとマーケット・タイミングでバイ・アンド・ホールド型のパフォーマンスが気になります(^^)

投資は余裕資金で・・・・これが最も大切だと思っています
こんな下げに対して売るなんて全くばかげています
余裕資金でやっていれば、売ろうとは思わないはず
まだまだ下がるとは思いますが、1年半待てば少なくとも今のレベルには戻っているものです
余裕資金なら待てるはずです 銀行だと良くて年1%
ただ僕の場合はHOLDし続けるのではなく、底から20%上がれば売って利益を確定します

おはようございます

うさみみの場合、売りたくなったことはないのですが、保有分がどれだけ痛んでるのかを考えると、これまでの投資タイミングがどうだったのかを考えちゃいます。
世の中の状況や雰囲気とかと、株価を考えながら、経験しないと分からないし、経験しても分からないなら、続けることかなと(^^♪

水瀬さんは多分、売るつもりは更々ないと想像しますが、
このブログでは、こうしてこの言葉を書かれているのに、読者への愛を感じます(笑)

> Andrew様
私は30代半ばですが、
確かに50代だったら売りたくなると思います。
過去のデータからすると可能性はほとんど無いのかもしれませんが、
もっと下がって一生上がらないかもと思ったら恐怖ですね。
60代、70代で暴落した場合は定期解約よりも早めに全部売ったほうがいい場合もあるかと思います。
まあ、考えたところでそんなに長生きしないかもしれませんが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

胃の痛みと戦いながら、ずっと耐え続けてきました。含み損は膨大です。18日にぜえ~んぶ投げようとおもったけど踏みとどまりました。
今 50代。当面の生活費は確保して、その残りを株・債権で国際分散投資。正直、昨年秋に逃げていればこんな苦しまずにすんだのに・・・・
長期投資の利点は充分承知ながら、やはり、人生の残り時間も計算に入れるべきです。
目減りしたまま私の寿命が尽きたとしたら、子供たちは時価評価で相続するので、多分相続税の心配だけはせずに済むでしょう。

なんだか似てます

はじめまして。
このたびの下落は、自分で決めたリスク許容度の範囲内なので、まだ売りたくはなっていません。
どうしても不安になった時は、以前読んでいいと思った投資本を読み返すようにしています。
なんだか「売りたくなったら見る言葉」に似ていますね(笑)

とりあえず生活費を削って投資をしているわけではないので、

ホールドホールドホールドで、一日で香港H指数は15%しました。
あれは、例外かもしれませんが、、。とりあえずほったらかし♪

私の場合、急上昇していると売りたくなり、暴落していると逆に買いたくなります。

インデックスファンドは自動積立にしてほったらかしですが、苦になりません。

値動きの激しい新興国株式投信は、ほうっておくことができず、急上昇したら一部売却、暴落したらまた一部買い増しと、売買してしまいます。特に去年8月に買った中国株投信がそうです。

コメントありがとうございます

>としちゃんさんへ

アセットアロケーションは大事ですからね(^^)


>hiwindさんへ

乱高下してせわしいですよね。
何かのお役に立ったのであれば幸いです。


>hinoさんへ

僕も相場下落時に「株式投資の未来」をよく読みます。
なんとなく未来に希望が持てるんですよね(^^)


>マルキールさんへ

良書の再読は、売りたい気持ちを抑えるのに効果があると思います。
僕もよくやってます。


>tamaさんへ

はい、利益が出たときの心配は利益が出てからにしましょー(^o^)
ご参考までに過去記事を。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-5.html


>Andrewさんへ

たしかに年齢は関係すると思いますが、それはバイ&ホールドかマーケット・タイミングかではなく、リスクを多く取るか少なく控えるか(アセットアロケーション、リスク資産への投資額)だと思います。


>健太郎さんへ

投資は余裕資金で。
全くもって同感です。


>うさみみさんへ

愛情感じていただいてありがとうございます(笑)


>泣き豚さんへ

ここで踏みとどまった泣き豚さんの投資判断が吉と出ることを祈念しております。


>インデックスさんへ

はじめまして、インデックスさん。
良書の再読、皆さんやってらっしゃるんですね。


>silencejokerさんへ

ホールド3回、頼もしい限りです(^^)


>milkshakeさんへ

自分の場合は、上昇時は余裕があるので売りたい気持ちは出ても抑えがききます。
ご興味があれば、上記tamaさんへのレスの参考記事(ずいぶん昔の記事ですが…)をご参照ください。

”水瀬売り防止指数”?

このブログネタにピッタリの野郎から提案です(笑)。
A.年度あたりの”売らずに我慢するテクニック”の頻度
B.そのネタに対するコメント数

A.とB.の掛け算の値が高いと、インデックスブロガーの関心、恐怖が高まっていると思われます。水瀬さん、恐らく20~30年くらいは運用続けるでしょうから、これとNY・DOW、日経平均の相関関係をこれから20~30年間、グラフ化する。所謂、VIX指数の水瀬バージョンです(笑)。

いや~、それにしても、今年、何度目ですかね”売らずに我慢するテクニック”が登場するのは。それにコメント数も多い。小生も、安全資産まで含めた総金融資産、大台?割れを覚悟しましたが先週、木曜日、88万円の糊代を残して”死守”しました(冷汗)。金曜日の爆上げで、記憶の範囲では、一日当たりの上昇幅、最大の300万円超でした(爆)。あ、勿論、火曜日、木曜日ともビビりながらも”炎の買い”は入れておきました(笑)。それにしても、この恐怖、911テロ直後や、日経地獄の底7600円で買いを入れていた頃と同じでした。思い出したくもないあの恐怖(悲)。でも、こういう恐怖の暴落でBuy&Holdしたから、F.I.達成に繋がった訳で、これは、個別株運用でも、インデックス分散投資でも当てはまると思います。投資の基本は単純で

「安く買って、高く売る」

ですからね。なかなか、難しいですが(汗)。

コメントありがとうございます

>Werder Bremenさんへ

あははははは!
この指数は何の役にも立ちそうにないですが、これから毎月算出しましょうか?(笑)

でも、たしかに、相場環境が悪くなるとスルスルっとアクセスが上がることがあります。
たいした記事も書いていないし、場合によっては記事を書いていない日であってもアクセスが急上昇することがあるんです。
もしかして「売らずに我慢するテクニック」「売りたくなったら見る言葉」を催促されている…?と感じることはたまにあります(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

売買報告

先週は、リーマンの破綻に始まり、ものすごい下落がありました。底が分からないとはいえ、相場好調記に比べれば、買い時期としてはいいわけで、うさみみも毎日積み上げて購入しています。こういう時期は、トヨタアセットバンガードやユーロ外貨MMF(3日おき)は定額ですが...

インデックスを大きく上回る「ダウの犬投資法」

月刊マネー誌の[http://www.zai.ne.jp/zai/contents/index.html ダイヤモンドZAi11月号]が9月21日に発売されました。今月号は「長期投資で1億円をつくる」がメインテーマですが、中でも”1年に1回の売買だけで、インデックスを上回る[http://books.yahoo.co.jp/book...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)